新・高源院掲示板



カテゴリ:[ なんでもフリートーク ]


新着順:8/38


[34] [

投稿者: 住職 投稿日:2014年 7月23日(水)17時49分31秒 b-fp2-2104.noc.ntt-west.nsk.ne.jp  通報   返信・引用

大喜びするような話でもありませんが・・・。

HP開設から6年―おかげさまで、この度、HPのアクセス数が20,000人を超えました。世間にはもっとアクセス数の多いサイトはたくさんありますし、人数の多い少ないで一喜一憂するのも大人げないのですが、お寺のHPというのは、それでいいんじゃないかと思っています。まずは今日まで賛否両論、高源院のHPを支えてくださった皆さんに、この場をお借りして御礼申し上げます。

今後も牛のようにのんびり構えながらも、しかし、時代に即応しつつ、内容は深いものを目指しながらも、HPを続けていきたいと思っていますので、何卒、よろしくお願いいたします。

世間では「お寺離れ」などという言葉を耳にします。昨日も私どもの宗派の若手僧侶の学習会で「お寺離れ」に関するパネルディスカッションが行われましたが、何を以て「お寺離れ」というのか、その定義が明確になっていないままに言葉だけが先行し、それに世間の人々が何となく追随しているかのような印象があります。同様のことが「直葬(葬儀をせず、直接、火葬場で荼毘に付すもの)」や「家族葬(家族のみで故人様をお送りする葬儀)」など、近年、耳にする言葉から感じられます。いずれも、世間の人々がお寺や僧侶と距離を置こうとしている風潮を反映しているような印象はありますが、実際、自分の周りを見るに、そこまで人から毛嫌いされている僧侶はいないという現実もあります。

つまり、私は僧侶という存在が、ある部分では人から求められているようにも感じますが、しかし、別の部分では求められていないようにも感じるのです。世間が提示する言葉やデーターも大切ですが、それを鵜呑みにするのもいかがなものか・・・?現実の部分で、僧侶として、もっと広く言えば、人としての生き方を磨き、精一杯のことをさせていただくことが大事ではないかと思っています。

何はともあれ、今後とも、HP共々、高源院をよろしくお願い申し上げます。



新着順:8/38


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.