teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(1)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:200/491 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

フェイク 第1517号

 投稿者:宿坊  投稿日:2016年 1月19日(火)12時48分50秒
  通報
  (発行=16.01.18)

「日蓮正宗の輩は“宗教の寄生虫”」
二十一年前の阪神・淡路大震災と宗教界
麻原彰晃にも劣る顕正会の浅井昭衛

阪神・淡路大震災から二十一年の節目の一月十七日、神戸市など被災した地
域で犠牲者を追悼する行事が行われた。このうち神戸市中央区の東遊園地では
竹の灯籠が「1・17」と「未来」という文字の形に並べられて追悼の集いを
開催。伊丹市の昆陽池公園では犠牲者数と同じ6434本のロウソクに点火し
て追悼した。(写真、泉祥平氏撮影)

創価学会は兵庫県、大阪府の四会場で阪神ルネサンス勤行会を開催して全て
の犠牲者の冥福を祈った。

ここで思い起こされるのは二十一年前の大震災に際し、宗教団体の中には創
価学会のように避難場所の提供、医療チームの派遣など救援に全力を尽くした
教団があった。反対にオウム真理教は犠牲者や倒壊した建物を尻目にビラを配
布。そのビラはカラー刷りの「緊急速報」で「またもや的中 麻原彰晃尊師の
予言」「場所は『神戸・直下型』時は『一月十八日前後』」と書かれていたが、
犠牲者を悼む文字はなかった。

オウム真理教によると、一月八日のラジオ番組「予言と解説」で麻原が「一
月十八日に地震が起こる」「一番危険なのは神戸」と言ったそうだ。日付が一
日ずれていたので「一月十八日前後」とビラには「前後」の二文字を書き加え
て誤魔化し「そのものズバリの予言が、地震の十日前に完全な形で行われてい
た」と喜んでビラを配布していた。

こんな麻原彰晃に似て的外れの予言が好きな顕正会の浅井昭衛は巨大地震、
疫病、経済破綻、日本国の滅亡、人類の絶滅、北朝鮮・中国による侵略、核戦
争など多岐にわたって〝予言〟を繰り返してきた。

だが、浅井の〝予言〟は一度も当たらない。肝心の阪神・淡路大震災や東日
本大震災は〝予言〟できなかった。〝当たらずと雖も遠からず〟の麻原彰晃よ
りも浅井は低劣で愚劣なのだ。

この顕正会もオウム真理教も救援活動に取り組んだという話を聞かない。

 大震災の時、被災地域の寺院、神社、キリスト教の教会は被災しながらも施
設を避難所として開放した。

特に、学会は会館、講堂を近隣の人達の避難所や救援・医療活動の拠点とし
て提供。宗派を超え、信仰の有無を問わず、多くの人達が避難生活を送ってい
た。

 これとは対照的だったのが日蓮正宗で、各末寺は門扉を閉ざして被災した地
域住民が寺に行っても中に入れない冷徹ぶり。例えば、妙本寺(神戸市灘区)周
辺の被害は甚大だったが、建物が新しかった同寺は損壊していないものの、被
災者が訪ねても門前払い。

 奈良学園大学学長の梶田叡一氏は「聖職者は誰よりも信仰を深め、その精神
を体現し、民衆に奉仕する立場です。宗教的特権を利用し贅沢を求め、世俗的
な権威や権力を持ったかのように振る舞う〝薄っぺらな精神の輩〟がいれば、
それは『宗教の寄生虫』です」と語っている。被災者を救援しない日蓮正宗の
坊主こそ〝宗教の寄生虫〟である。
 
 
》記事一覧表示

新着順:200/491 《前のページ | 次のページ》
/491