teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(1)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:199/489 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

フェイク 第1516号

 投稿者:宿坊  投稿日:2016年 1月12日(火)21時10分47秒
  通報
  (発行=16.01.10)

「百七十七万達成」? 実勢力は衰退
大幅に減少した邪教・顕正会の元旦勤行会
通用しなくなった浅井昭衛の終末論的な妄論

本紙愛読者のAさんが、つい先日、邪教・顕正会員と対論した。その際、顕
正会員が自慢げに「顕正会は百七十七万人を突破した」と語っていた。これは
会長の浅井昭衛が昨年末の総幹部会で「百七十七万を突破した。二〇一九年ま
での二百万はもう絶対、大地を的とするところです」と虚勢を張っていた妄言
を鵜呑みにしての受け売りだ。

そこでAさんが「今年の元旦勤行の参加者は大きく増えたのか?」と問うと、
顕正会員は暫く沈黙したあと「詳しいことは分からないが、例年と同じ位だっ
た」と回答していた。

 しかし、情報筋によると、昨年比で約六千人が減り、特に、本部会館の減少
が目立ったという。

一事が万事、浅井らは都合の悪いことを会員には隠してウソ八百を言う悪し
き体質がある。この百七十七万は多くの退会者や故人、無理に連れ出されて会
員になった自覚がない人なども含めた数字で、実際は公称会員数の一割以下、
しかも衰退の一途を辿っている。

 事実、平成二十五年十一月の女子部大会には男性の姿が多く、特に男子高校
生が目立つなど参加者の二割以上が男性だった。

また、二十六年九月の男子部大会には多くの女性が参加。顕正新聞に掲載す
る写真に女性が写らないようにロビー・通路などに隠す姑息な手を使っていた。

そして昨年十一月の南東北大会には北東北や関東各県からも無理に結集して
会場を埋めたのである。今年は九州大会を予定しているらしいが、九州だけで
は空席が目立つので中国や四国からも結集するだろう。

増えているのは名前だけの〝幽霊会員〟だと認識している浅井(写真)は会員
獲得に躍起になっている。

浅井の口癖は日本一国が日蓮大聖人に帰依しないと巨大地震、自界叛逆・他
国侵逼難が現実になって日本が滅亡するというもので、これを防ぐには顕正会
員を増やして国立戒壇を建立する以外にはない、と末法思想に似て非なる終末
論的な我見を繰り返す。この妄論は会内でも通用しなくなり、退会者が相次い
でいる。

そこで浅井が狙っているのが学会員である。そのため顕正新聞(一月五日付)
に掲載の「国難三年」と題する「年頭の辞」で浅井は冒頭から学会の会則、お
よび勤行要典の改正に難癖をつけて「私は何よりも八百万学会員を救いたい」
と戯言を述べている。

浅井ごとき邪教ペテン師が、どんな謗言を並べようと〝負け犬の遠吠え〟に
等しい。学会は何の痛痒も感じないだろうし、学会員は歯牙にもかけず、紛動
されることはない。

そもそも顕正会自体、勤行の方式を勝手に変更しておきながら、他教団の勤
行要典の改正を批判するとは笑止千万!

「年頭の辞」の中で浅井は学会の戸田第二代会長のことを「戸田前会長」と
書いているが、現時点で「前会長」とは秋谷前会長である。

浅井は古い資料を丸写しするから、こんなみっともないミスを犯すのだ。

 
 
》記事一覧表示

新着順:199/489 《前のページ | 次のページ》
/489