The SUIMYAKU



カテゴリ:[ 趣味 ]


285件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[358] 存分に語れ

投稿者: kz 投稿日:2017年 6月23日(金)21時54分43秒 124-144-156-236.rev.home.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

http://www.asahi.com/articles/ASK6R5TZHK6ROIPE01L.html?iref=comtop_8_08

  まことに同感である。あなたの言いたいことを こちらも直接に 隅々まで聴きたい。
だから あなたは自分の亭主に対して もうきちんと申し入れるべきなのだ。「私は国会に 是非とも証人として出席したい。存分に真実を語りたい。その時は 森友学園問題で事務方として働き多くを知悉している谷査恵子事務官、そして全く違うことを主張している籠池前理事長も ぜひ同席ということで設定してほしい」と。テレビも新聞も あなたの願い通り何の細工もせずに 証人たちの発言を 税の負担者である国民に向けて報ずることだろう。
安倍昭恵女史に もし人間としての真摯さ、廉恥と名誉の心というものが残っているならば ここは逃げ回り専門の亭主との決別をかけて 自分の証人出席を断固主張すべきなのだ。
それができないのなら 都合のいいお仲間内だけで勝手なほらを吹くような醜い真似は  もうしない方がいい。誰よりも 本当の自立を目指してがんばっている世の女性たちに きわめて失礼な生きざまであることを 昭恵女史は肝に銘じるべきなのだ。

(追記) 6月24日
4月1日付けの書き込みで 私は上記安倍昭恵女史の経歴について 二つの疑問に触れた。もちろん 首相夫人の経歴など 普通なら全く興味はない。けれど この女史に関しては その甚だしく野放図な公私混同ぶりと由縁とに 何か関係があるのではないかと疑問が湧いてやまなかったからである。
一つめ。なぜ女史は 持ち上がりの聖心女子大学に進学できなかったのか。理由は その後の報道で明らかになった。幼稚園から小中高校と一貫した持ち上がりで、森永製菓創業家の直系長女という有力な家庭の子女だったが、高校時代は 夜な夜な親の目を盗んで都心のクラブなどに出没し、学業成績は最底辺、いくら注意されてもこうした素行は治らなかった。聖心女子学院はきちんとこれに対処し、大学への進学を許さなかった。ただ 本人の強い希望で聖心専門学校英文科には進学が許された。卒業後は 大広告主である生家・森永製菓の押しで 希望通り電通に入社。昼間はともあれ、その遊興、酒席での素人離れしたノリが大いに評価され、「宴会部長」の名をほしいままにしたという。どんなに勝手をしようと 有力なバックがあれば 結局は何とかなる。そういうゆがんだ知恵を 当該女史はたっぷりと学んだのだろう。

二つめ。専門学校から 直接大学院修士課程へ。これは 文科省の規定からしても 通常はあり得ない飛び級。だから女史も 最初は普通の大学・学部への編入試験に臨んだ。けれども 有力政治家の妻などという理由では 学力不足という決定的な条件を覆すことはできない。ようするに どの学部も入学は無理だった。しかし 暇を持て余していた女史は諦めなかった。生家の親兄弟が通った立教大学の大学院に「学士相当の学力を有すると 本学が特に認定したもの」を 論文審査のみで入学させることができるという内規があるのを「発見」したのである。有力卒業生の子弟であり、おそらく長年にわたる多額の寄附なども奏功したのだろう。ごく稀だというこの優遇措置を 女史は見事に手にしたのである。ここで再び 金があり、バックがあり、有力政治家の妻であり、・・そうした条件があり とにかく諦めずにプッシュすれば 世の中は何とかなるものだということを 当該女史はしっかりと学んだはずだ。
その後現在までの けた外れの公私混同ぶりは この間我々が親しく目にしてきたところ。その淵源は 上記の怪しい経歴からも如実にうかがえる。

自民党代議士 豊田真由子という人の「絶叫」が テレビですっかり有名になってしまった。「この ハゲ~~」、「違うだろう~~」という 例の絶叫である。強姦もみ消し男・山口敬之の醜いたわ言に「いいねっ!」とすぐさま反応した昭恵女史のことである。下手すると今回も何か・・と一瞬勘ぐったのだが、それよりなによりこの絶叫は 昭恵女史の重ねてきた凄まじい公私混同生活に 直接向けられるべきものだと気づいた。都合が悪くなると 官邸ご用達の公費秘書(主として行方不明の谷査恵子事務官)に全部おっかぶせて しゃあしゃあとしらを切る。それって「ち・が・う・だ・ろう~~」と ここは同じく官僚出身、件の豊田代議士に 大きく吼えてもらうのが 最も適当な処置だと考える。毒を以て毒を制す・・ 古人はやはり至言を残す。






[357] 傷つかなかった人は誰もいない

投稿者: kz 投稿日:2017年 6月21日(水)18時08分59秒 124-144-156-236.rev.home.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

折にふれて思い返す 傑作『第三の男』(1949年  原作・脚本グレアム・グリーン  製作・監督キャロル・リード   ブリティッシュ・ライオン・フィルムス)

まずもっての被害者は 偽ペニシリンで命を落とした人々だろう。それは誰も疑いようがない。その犯罪にハリー・ライムを促したのは金だったが、例えようもない彼のニヒリズムに満ちた視線と小さな含み笑いとを どう理解したらいいのか・・そこから この映画を観る私たちの 本当の探索が始まる。
親友の転落の意味を追い詰めていくホリー、目の前の善悪を越えて ハリーに惹きつけられた自分を偽ることができないアンナ。哀切極まりないアントン・カラスのツィターが高く低く流れ、徹底的に破壊された廃墟、四か国占領下のウィーンが ロバート・クラスカーの見事なカメラワークの中に浮かび上がる。
闇の中から忽然と現れたハリーの 足元にまつらう猫、有名なプラーター公園・観覧車の中の乾いた邂逅、長く地底を這う大下水道と追跡の劇・・ 数え上げたらきりのない意味深いショットが作品を包み構成してゆく。

けれど結局 傷つかなかった人は ここに誰もいない。最後に撃ち殺されたハリーも、侘しい埋葬から涙も見せずに去ってゆくアンナも、そして親友の悪行を自ら刈り取ったホリーもまた、 大戦を挟んだ苦しい時代の中で 傷つかずに済んだ人は誰もいない。当然 光と闇のスクリーンに魅入られた私たち観客も 己のうちに潜んでいた諸悪や諸善に気付き 映画を観る前とは違う場所に導かれている。
さすれば この映画の本当の主人公は 20世紀の総力戦で隅々まで徹底的に破壊しつくされた瓦礫のウィーンと(失われた多くの都市たちの象徴だ)、 大戦でほとんど無意味に死んでいった世界中の人々だったのではなかろうか。
そうでなければ 製作から七十年にもなろうとするこの映画が 未だに見るものの心を深く呼び込んでいく理由がわからない。現世に生きる私たちの足元もまた ほんの一層をめくっただけで 本当はおびただしい瓦礫と死とで覆われているのだから。

https://www.youtube.com/watch?v=HC1R3bnWyTE





[356] 一億総動員法

投稿者: kz 投稿日:2017年 6月20日(火)12時51分18秒 124-144-156-236.rev.home.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

〇維新を離れた橋下徹が 総務大臣としてこの夏に入閣するという話がある。半分死に体だが、ともあれ安倍改造内閣の目玉人事になるのだという。橋下にすれば 一敗地にまみれた大阪都構想に 政権内から再び挑戦できる。安倍は ともかくこれで延命を図り、念願の憲法改悪後には 橋下か小泉進次郎に禅譲するくらいのことは平気で言うだろう。
冗談も休み休み言え、こんな政治の私物化を許してなるものか。

〇性懲りもなく また「みんなが活躍」などと言い出した。それにつけても 一億総活躍なるスローガンは 安倍の思惑の集大成だったのだなと 改めて思う。特定秘密保護法、戦争法、今回の共謀罪、そして国民の諸権利をすべて制限しようという憲法改悪・・彼らのしてきたことを並べてみれば、まさしく 戦争体制準備=総力戦体制(一億総動員法)への道をまっしぐらに進んできたことがよくわかる。この中に「一億総活躍」というスローガンを置けば 「美しく勁い国」(本当は 真に醜悪な無反省国家だが)というパズルは きっちりと出来上がる。
そして 男については 国会や霞が関の物言わぬアイヒマンたちに象徴される通り、ほぼ動員体制は出来上がったと彼らは思っている。あとは残り半分、すなわち女性たちだ。「全ての女性の輝く社会」というもう一つのスローガンは この総力戦というキーワードを据えて はじめてその本当の意図が見えてくる。それは決して 普通の女性の自立という 長い時間をかけて進んできた課題の更なる前進などを意味していない。社会の未舗装のもう半分を いざ総力戦の折には間違いなく兵力・戦力として動員できる国家体制を目指しているのだ。完成の暁には 嫌も応もなくもう半分もまた実質的に徴兵され 使い捨て・損耗の場所に立たされる。
自民党(支持者)の本音は よく言われる通り「女は黙って家にいろ」なのだ。しかし 政権の言う「現代社会」の中で 総動員体制を確立できない国家(新帝国主義国家)に勝ち目はない。それ故 本音はどうあれ 今は黙って党是に従えという下命が「一億総活躍」であり、「全ての女性の輝く社会」という嘘八百のスローガンなのだ。
当初から とってつけた、怪しい話だと女性たちは眉に唾を付けていた。その疑念は、 共謀罪の強行採決が行われ なお憲法改悪を目指そうという安倍の野望が明らかになった今、ズバリ中心を射抜いていたことが明白になった。




[355] 戦犯

投稿者: kz 投稿日:2017年 6月19日(月)11時48分57秒 124-144-156-236.rev.home.ne.jp  通報   返信・引用

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170619/k10011022441000.html?utm_int=news_contents_news-main_006

誰もが加害者 そして誰もが被害者



[354] 『野火』

投稿者: kz 投稿日:2017年 6月18日(日)20時27分56秒 124-144-156-236.rev.home.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

ずっと観たいと思っていた映画『野火』(2014年・塚本晋也監督。キネ旬日本映画2015年2位)  ようやくDVDで観ることができました。
塚本さん自身、またリリー・フランキー、森優作などが熱演、丁寧な力のこもった映画だと思えました。
ただ 作品としてどうかと考えると 私には こうかなと推測していたそのレヴェルを越えられていないと思うしかなかった。いま大岡昇平の戦後作品を映画にするなら、そうした予測を表現の内外からおのずと乗り越えてゆく意企と視野が欲しい。たとえば 濃い緑の照り映える餓島、その最初の一瞥で 一挙に戦後の70年を乗り越えてしまう そんな根源的な接近が欲しい。それが 人の生死のドラマを喩えてしまうような リアルな映像であってほしい。
私には そんな幻想を 最後まで捨てることができない作品でした。



[353] 国会終了

投稿者: kz 投稿日:2017年 6月17日(土)13時35分58秒 124-144-156-236.rev.home.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

https://twitter.com/uenishi_sayuri

この謝りっぷり(16日付)を見るにつけ 維新除名以来一番びりを走っていた上西小百合は いつの間にか先頭の感性になったなと思わざるを得ない。まだ若いから欠点もたくさんあるだろうけれど めげずに頑張れと応援したくなる。

そうだね  まずは来月の都議選で 〈庶民ファースト〉の感性を見せてやろうじゃないの
くたばれ 共謀罪!  くたばれ 自公維&官邸のポチ 読売・産経!

(追記)
ようやく安倍不支持が支持を上回りましたね。6/15を忘れるな! ちゅうことですね。
https://mainichi.jp/articles/20170619/k00/00m/010/012000c



[352] 報道と芸能

投稿者: kz 投稿日:2017年 6月16日(金)21時35分40秒 124-144-156-236.rev.home.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

報道と芸能  その間には はっきりとした位相の違いがある。だから、私は 生活時間上 一番目にすることの多い夜九時のNHKニュース  あのキャスター二人は とりあえず早く交代してもらいたいと思っている(もちろんプロデューサーも)。 報道と芸能との明瞭な違いが 彼らにはほとんど分かっていないと思うからだ。
なにしろ 国民からバカ高い視聴料(実質税金である)を徴収している独占機関である。潤沢な資金による緻密な報道網を駆使して とにかくフレッシュでリアルで豊富なニュースを 全国の視聴者にきちんと届ける義務がある。へたくそに味付けしたり 食べやすく口当たりのいい(つまりは時の権力に迎合した)改変をしたり 予め情報を取捨したりなどの行為は全く必要ない。そういう選択や判断は 高い料金を支払っている個々の視聴者・国民がすることだ。悪いけれど 視聴者の大半よりセンスの劣る君たち協会職員の出番ではないのだ。ともかく汗をかいて 一次情報をしっかりと国民に届けること。それを肝に銘じてもらいたい。(饐えた豆腐のような犬HKのニュースなど もう見たくない そういう多くの声をよく噛みしめるべきなのだ。)

芸能というものは 本来体制内のものである。そうでなければ 国民大衆に安定的に笑いや憩いを提供することは難しい。吉本の芸人やタケシ、タモリなどが 例えば安倍官邸に抗してデモ行進するなどということはあり得ない。彼らは 体制の土俵内にいてこそ自分らの芸が成り立つのだということを 肌で身体で知悉している。時に はみ出しての一発芸は成り立つかもしれないが、大衆の安定的なエートス(俗習の感性)に依拠せざるを得ないという芸能の本質は いつの世も変わりようがない。せいぜいが 非権力であること。これを芸人がきちんと守れたら 見事なものだと言っていい。だから 本質の全く理解できていない安倍などがニヤついてすり寄ってきたら さっさと「政治のこと 分かりませ~ん」と逃げてしまうのが 芸人の一番大切な心構えなのだ。まさに逃げ恥(逃げるは恥だが 本当に役に立つ!)、 これこそが正しい芸道と言える。歌舞伎だの大相撲(たとえば舞の海)などが ときどき利口ぶって権力にすり寄る姿などは 本当に馬鹿丸出しの痴態なのだ。(そういう輩は 大抵本業がおろそかになった魂の「大御所」だ。)

・・という本質的な区分が かのNHKのディレクターやキャスターたちには ちっとも分かっていないように見える。妙にニヤついて 肝心なきちんとした報道の立ち位置を認識することができず、フワついた二流芸能に近づいて報道を改革したつもりになっている。愚かな半可通のパフォーマンスに 視聴者はみな迷惑している。楽しい本当の芸能なら そちらの番組でちゃんと見る。(レベルの高い芸能番組を創ることは もちろん大切な義務に決まっている)。 疑似芸能の体制内ニュースを流したいのなら さっさとワイドショーにでも帰り 己のチープな無芸を晒していればそれでいいのだ。



[351] 6/15

投稿者: kz 投稿日:2017年 6月15日(木)12時46分29秒 124-144-156-236.rev.home.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

強行採決、奇しくも6月15日でしたね。57年前 安保反対闘争のさなか 樺美智子さんが殺され デモに抗しきれなくなった岸首相が自衛隊の出動を図った日でした(防衛庁長官が治安出動を拒否。 岸の退陣が実質的に決まった日でもありました)。
6/15。 爺さんが地底を這う昭和の妖怪になった日だから 孫の俺も平成の化け物に・・という安倍の念力だったのでしょう。でも 国民はもう 簡単に忘れないよ。もりもかけも、強姦揉み消し、前川潰し そして戦争法に共謀罪の実施、・・念願の憲法改悪どころじゃない、これからも次々に官邸の悪事の中身が暴かれてゆくことだろう。  首をよ~く洗って待ってろよ 妖怪X!



[350] 共謀罪

投稿者: kz 投稿日:2017年 6月14日(水)17時49分18秒 124-144-156-236.rev.home.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

自公  今夜 委員会をすっ飛ばして 直接本会議で強行採決と。
http://www.asahi.com/articles/ASK6G44C1K6GUTFK00N.html?iref=comtop_8_03

国民のほうもここは〈直接〉 安倍打倒!  と行きましょう



[349] 腰を据えて語る

投稿者: kz 投稿日:2017年 6月13日(火)17時52分36秒 124-144-156-236.rev.home.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

とは こういうことを言うのだろう。みんなで注視する、語る個人を徹底的に援護する。
http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e5%89%8d%e5%b7%9d%e6%b0%8f%e3%81%8c%e6%bf%80%e7%99%bd%e3%80%8c%e5%8a%a0%e8%a8%88%e3%80%81%e6%a3%ae%e5%8f%8b%e5%95%8f%e9%a1%8c%e3%81%a7%e3%81%af%e5%85%b1%e9%80%9a%e3%81%ae%e5%8f%b8%e4%bb%a4%e5%a1%94%e3%81%8c%e5%ad%98%e5%9c%a8-%e8%8f%85%e5%ae%98%e6%88%bf%e9%95%b7%e5%ae%98%e3%81%b8%e3%81%ae%e5%88%91%e4%ba%8b%e5%91%8a%e8%a8%b4%e3%82%82%e6%a4%9c%e8%a8%8e%e3%80%8d/ar-BBCBjKO?ocid=spartandhp

そしてもう一本。組織による報復を許してはならないと私も思う。国民の知る権利を制約して 民主主義など成り立ちようがないからだ。
http://www.asahi.com/articles/ASK6F4D3JK6FUTFK00D.html?iref=comtop_8_01


レンタル掲示板
285件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.