平成山岳会



カテゴリ:[ その他 ] キーワード: 登山 駅伝 クライミング


187件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[191] 皐月

投稿者: ケロヨン軍曹 投稿日:2017年 5月 1日(月)15時55分27秒 114.net119083216.t-com.ne.jp  通報   返信・引用

いよいよ、本日から5月となりました。早速、ゴールデンウィークとなりました。皆様は、どんな山行を計画されているのでしょうか。吾輩は、微力ながら、仕事をやややって、過ごす予定です。

今月は、地元の情報誌に文章を寄稿しましたので、ここに掲載たします。

ビーコム コラコラム原稿
松葉町地域における豊かなライフを目指して  憲法について

2017.1.30の朝日新聞の朝日歌壇に、三郷市の木村善煕さんの『憲法は押し付けられたと言うけれど平和が続く仕合せがある』がありました。今の政治状況をみていると、憲法が危ないなと感じます。自民党のアベさん達は、何としても憲法を改正したいようです。そこで、浅学非才ながらも、憲法について考えてみました。

ちょっとやばいよ
今回、最初に驚いたことがあります。それは、憲法を改正する際の”国民投票”についてです。皆さんは覚えていらっしゃいますか。一時、憲法96条の改正をアベさんたちは言っていました。その時、マスコミや学者から憲法改正の裏口入学だ!!と非難され、憲法96条の改正については、断念しました。実は、その頃の2007年に『日本国憲法の改正手続きに関する法律』が制定され、その過半数は、有権者数ではなく、実際に投票に行った『有効投票者数』となりました。例えば、日本の有権者数が一億人として、投票率が30%とすると、テーマが重く判断保留の人が1000万人とすると、その過半数は、1000万人強となります。理屈で言えば、1000万人強足らずの賛成で、12000万人の日本国憲法が改正されることとなります。

自主憲法の動き
明治政府が出来て、それまでは火付け強盗は罰すべしという御触れから、明治時代の新体制に合わした、新しい法律が出来ました。そして、自由民権運動などを経ながら憲法草案は、明治14年を頂点に日本中で論議が白熱し、全国の様々なところで、自主憲法案が作られたようです。面白いのは、そのはしりは幕末の坂本竜馬の船中八策などからでしょうが、あの足尾鉱毒事件を追求した田中正造や思想家の中江兆民なども草案をしているんですね。

明治憲法は戦争の歴史
1889年2月11日発布され、翌年の1890年に明治憲法が施行されました。今の日本国憲法は押し付けられた憲法だという方がいますが、実はこの明治憲法こそ、伊藤博文やごく少数の人々によって決められ、広く国民の声を反映するような憲法ではありませんでした。この明治憲法が施行されてから、この日本で何があったと思いますか。それは、戦争の時代でした。戦争は、人を殺し殺され、多くの障害者や犠牲者がでます。1890年から1945年までの55年間で、日本は、日清・日露・第一次世界大戦・ 満州事変・日支事変から日中戦争・第二次世界大戦へと突き進んでいきました。

第二次世界大戦の敗戦
明治維新からの約80年、西欧列強に追いつき追い越せと、遮二無二に突き進む日本、中国は西欧列強にいいようにされ、アヘン戦争まで経験しています。幕末の日米修好通商条約の不平等な条約の見直しのために、国内の法整備を急ぐ、そして富国強兵、殖産事業を強化して、国力を増強する。その先に、第二次世界大戦の敗戦がありました。

日本国憲法
この憲法は、日本がアメリカに占領されていた時の、アメリカから押し付けられた憲法だという人々がいます。しかし、それは本当なんでしょうか。少し調べると、ちょっと違うな、と分かります。当時最も大きな問題は、GHQよりも実質的な最高権力である、戦勝した連合国の代表の極東委員会、そのオーストラリア・ニュジーランド・オランダ・フイリッピンなどが天皇を戦争犯罪人として極東裁判にかけ追求しようとしている、また、戦争の原因として、天皇制の廃止が考えられている、このことにどう対応するか、それが死活問題であったようです。

憲法改正を言う人々
ちょっと、面白い話ですが、憲法改正を言う人々って、どんな人かご存知ですか。思想信条のカッコたる人物と言うイメージがありますが、実は違います。ほとんどが、政治家の二世、三世のお方です。いわゆる、政治活動しなくても、親父や祖父母の活躍のおこぼれを頂いて、ご本人はそんなに人物ではない方々が、お金にもならない、憲法の改正について、極めて熱心に活動されています。誰とは言いません。

ためされいる世界
いまの世界は、激動期とのちの世から言われるのでしょうか。アメリカのトランプさんの自国第一主義、北朝鮮の不穏な動き、フイリピンのドテルテさんの強行政治、イギリスのユーロの離脱に始まる、EU諸国に吹き荒れる自国第一主義の嵐、ISの敵視など、今こそ寛容と優しさが必要な世界だと思うのですが、現実は全く反対の方向に進んでいるようです。世界はいま、いろんな意味で試されているのでしょう。

木村草太さんの講演会
今回、『岩波ジュニア新書 新版憲法読本 杉原泰雄著 ㈱ 岩波書店』を読んでみました。読み終わって、私達って随分、日本国憲法に守られているんだなーというのが実感でした。ところで、この5月3日(水)の憲法記念日に、木村草太さんの講演『なぜ君は憲法に興味がないのか?』が柏市民文化会館大ホールであります。12時開場、13時開会。多分、当日直接行っても、大丈夫だと思います。ぜひいい機会ですので、木村草太さんの講演を聞かれてみてはいかがでしょう。

参考文献 ①憲法の創造力 NHK出版新書 木村草太著 ②世界史の中の日本国憲法
左右社 佐藤幸治著 ③「見てわかる」日本国憲法 伊藤真解説 講談社 ④日本国憲法の大義 民衆史と地域から考える15氏の意見 農山漁村文化協会 ⑤憲法96条改正を考える 飯田泰士著 株式会社大学図書

介護タクシーじんじん
あんま・マッサージ・指圧師・はり師・きゅう師 田中識章





[190] 高校生らの死を悼む

投稿者: ケロヨン軍曹 投稿日:2017年 4月 3日(月)17時37分48秒 114.net119083216.t-com.ne.jp  通報   返信・引用

茶臼岳で雪崩があり、地元の高校生らが講習海中に巻き込まれ、亡くなりました。本当に残念です。当日の降雪を考えると、山に入るべきではなかったと思いますが、少し無理をしたのでしょう。しかし、その結果、初心者の高校生を巻き込む結果になったことは、重く受け止めるべきです。高校生は、先生から言われると、従うしかないのですから。
いよいよ、4月、気分を一新して、本年もやっていきましょう。



[189] 弥生

投稿者: ケロヨン軍曹 投稿日:2017年 3月 1日(水)15時01分0秒 196.net119083218.t-com.ne.jp  通報   返信・引用

皆様、いよいよ三月、如何お過ごしでしょうか。今回は、地元の情報誌に載せている記事3/1号の内容をUPします。
山行の過ぎたる日々の夢の跡。
『1991年の初夏の想い出』”参ったなぁーもう数時間も経つなー”ここは、谷川岳一の倉沢衝立岩の岩壁、今朝からこの衝立の右岩壁のあまり登られていないルートを登攀、そして懸垂下降した。しかし、壁が90度以上のため体が壁から離れてしまって、何も出来ない。足下は350m以上の空間、完全に宙吊り状態である。これが、森田勝さんであれば、あのグランドジョラスの脱出のように不屈に抜け出すのであろうが、私はただ死なないために、ロープを末端処理して、何とか体勢保持のため上半身をロープに固定するのみであった。”情けない”この時は、当日谷川岳に入った他のクライマーが登り返して、ロープを手繰り寄せてくれて、
何とか岩から脱出できた。

松葉でチョンの記事
松葉中学校近くの信号前にコーヒーショップ ”瑛”(Aki)という黄色い看板のお店があります。何時も車を走らせながら、横目で見ていますが、友達に聞いたら、『行ったぜ!なかなか良かったよ』という返事でした。何ともいえない雰囲気を醸し出していますね。先ず、店構えがいい。落ち着きがありますね。地域で大事にしたい所ですね。ディサービスや学習塾、美容室だけじゃつまりませんものね。最近は、そばやうどんも始めたらしくて、それもまた、楽しみでいいですね。
(じんじん)

今月は、連休に日光の男体山に入ります。やっと冬山にいけます。先月の飯縄山の山行が良い練習になったと思います。今月も、楽しくやっていきましょう。



[188] 検査無事終了と飯綱山山行

投稿者: ケロヨン軍曹 投稿日:2017年 2月20日(月)18時05分53秒 196.net119083218.t-com.ne.jp  通報   返信・引用

本日、無事に地元の役所のタクシーメーター定期検査を終了しました。やや、緊張しましたが、何とか無事に終了いたしました。良い経験となりました。
ところで、先週末の金曜日から、長野の方に行ってきました。時間的に余裕もあり、小布施の葛飾北斎の美術館や、彼の作品が飾ってあるお寺に行きました。西欧の方々が多くてびっくり、今は、北斎ブームらしいですね。しかし、葛飾北斎、すごい人ですね。6歳から絵筆を握ったと言いますが、自ら70歳までの作品は作品とはいえない、と厳しく自らを戒め、70歳以降に富嶽36景や諸国の滝を書いたり、浮世絵を見切り、全く新たに肉筆画を書き始めているんですね。まさに、そのバイタリティーに感動しました。
そして、長野の鬼無里の友達のところにお世話になり、飯縄山山行をやってきました。
易しく、途中の尾根が伸びやかで気持ちのいい山でした。

来年は、菅平の根子岳をやります。下見に現地に寄りましたが、スキーの人たちが大勢いて、びっくり。私はスキーはやりませんが、にぎやかなのは好きです。

幾らか、寒さも緩んできた今日この頃、気を抜かずに、やっていきましょう。



[187] 役所の検査

投稿者: ケロヨン軍曹 投稿日:2017年 2月 8日(水)17時42分7秒 196.net119083218.t-com.ne.jp  通報   返信・引用

今月、地元の市役所のタクシーメーターの定期検査を受けることになりました。一応、我が社も一人前になれそうです。結果はどうなるか、分かりませんが、どんな検査結果でも受け止め、今後に活かしたいと思っています。ところで、来週、久々に冬山に入ります。もう、冬山にはあまり入らないだろうと思い、ワカンを処分したので、急遽昨日、近くのモンベルに行って、ワカンを買ってきました。冬山が楽しみです。



[186] 2月の一言

投稿者: ケロヨン軍曹 投稿日:2017年 2月 6日(月)20時20分50秒 196.net119083218.t-com.ne.jp  通報   返信・引用

何時も、地元の情報誌にちょっとした、文章を載せています。
毎月1日に発行されていますが、今月号の吾輩の文章を紹介します。

1017.2月号用

介護タクシーじんじん
瀬戸内寂聴さんが、ある時、”恋と革命をしなさい”と語っていました。それで思い出したのですが、私が高校を出て、家を離れる時に、おふくろから”岩登りとオートバイ、学生運動”だけは絶対するな、と言われ、分かりましたと答えたことがあります。そして、この三つに親しんだお陰で、世を知り人を知り、友を得ました。昨年暮れに、大阪の実家に帰った時でした。おふくろから、小学校と中学校の卒業アルバムを持って帰れと言われました。そして、小学校の卒業アルバムは人に見せてもいいけど、中学校の卒業アルバムは、誰にも見せるなと言うので、分かりました、と答えました。約半世紀ぶりに手にした、中学校の卒業アルバムを見たら、表紙に”革命勝利”と力強い字が躍っていました。

松葉でチョン
富勢中前の富士見坂ってご存知ですか。坂の所に富士見坂と標識があります。冬の夕暮れ、車を走らせていたら、この坂から富士山がくっきりと見えました。街の長老に聞いたところ、あの道はその昔、軍用道路だったんだ!!と教えてもらったことがあります。富勢中の坂から茜色に染まる美しい富士山を見ればちょっと得した気分になります。
    (じんじん)



[185] 如月をゆく

投稿者: ケロヨン軍曹 投稿日:2017年 2月 3日(金)13時55分1秒 196.net119083218.t-com.ne.jp  通報   返信・引用

突貫さん、書き込み有難う。
今年も、富士登山駅伝大会、是非やりましょう。
全面的な支援致しますぜ。

今月は、中旬に長野の山に入ります。この時期に山に入れることを嬉しく思います。

話題は山ではありませんが、私が地元の情報誌に書いているコラムをご紹介します。
今は、介護タクシーをしていることもあり、介護や福祉のことに触れることが多いのですが、今回はやや異色な取り組みです。

ビーコム コラコラム原稿

松葉町地域における豊かなライフを目指して  穏やかな死について
このテーマを考えていた時、たまたま仕事で胃ろうの交換のための移送の依頼を受けました。その方は、どのような状況だったのか分かりませんが、おそらく60歳前後でしょうか、とても美しい方でした。植物状態でコミュニケーションは取れない状況でしたが、その時、深く死について考える機会となりました。

救急搬送
自宅や介護施設などで緊急搬送される場合、転倒や発熱などありますが、最も多いケースは誤嚥性肺炎らしいです。そして病院に入院すると、栄養を与えるために点滴をします。何時までも点滴をできませんので、病院としては、嚥下能力が低下しているということで、経口栄養に変わるものとして、色々な延命処置が提案されます。延命処置はしないと思っていても、病院の提案や施設での受け入れ、あるいは在宅での生活などを総合的に考えて、決断することになります。

延命治療
延命処置といっても色々あります。代表的な治療は胃ろうです。胃ろうというのは、最初は、子供の食道狭窄に対する応急的処置として行われていたのが始まりらしいです。人生の始まりに対する応急的処理が、老衰の果ての方にまで適用されるのが、現状らしいです。それ以外では、経鼻胃管で鼻からチューブで栄養を胃に送る方法や点滴(経静脈的補液)で抗生物質と捕液が投与されます。一度延命処置がなされると、それを中断することはとても困難といわれています。

触法行為
医師は難しい立場にいます。一つには、遺産相続が絡んでいる場合があるかららしいです。延命治療を中断するには、事前に延命処置を望まないと本人がリビンブウィル(生前の意志)を残していたり、家族や親族の同意があったとしても、後に家族や親族の誰かが訴えれば、裁判沙汰になります。このようなリスクを考えれば、余計なことはしたくないと考えるのは人情でしょう。医師も人間です。危ない橋は渡りたくはありません。”治療の差し控え”といって、老衰の終末期でさえ、「もう寿命ですから胃ろうを付けるのはやめましょう」とは中々、いえません。今の日本の刑法では、保護責任者遺棄致死罪(刑法219条)に当たる恐れもあるそうです。

自然な死
自宅で亡くなられた方の、ご遺体は綺麗だといわれています。逆に、延命治療の果てに、点滴や経管栄養、酸素吸入で無理やり叱咤激励して頑張らせると顔や手足は水脹れ状態になっているらしいです。早い話、浮腫の状態なのでしょう。ここで、ご紹介したいのが三宅島の伝統とある風習です。

三宅島・高僧の伝統
三宅島では、お年寄りよりは食べれなくなったら水を与えるだけ。そうすると苦しまないで静かに息を引き取るそうです。水だけで1ヶ月は保つらしいです。死なせる決断は、すでに自然界がしている、という共通の認識があるのでしょう。同じく、かなり有名なお寺の最高位の高僧は、いよいよ死期が迫ると、小船に水を積んで、引き潮の海に流す風習があったらしいです。

看取りの難しさ
言うは易く行うは難し。在宅であれ、施設であれ、最後まで看取りを行うということは、とても大変なことらしいです。何故なら、様態が急変した場合など、事前に充分話し合っていても、いざとなると人情として、「少しは良くなるかもしれない」とか「何もしなかったことに対する負い目を持ってしまうかもしれない」、「後で後悔はしたくない」、「病院で亡くなれば最後まで手を尽くした」など、ということができるからです。これを、”延命主義の体裁”と言われていますが、誰も否定はできないです。

断食死
日本だけではなく、中国やインドなどにも、断食死の記録が残されているようです。西行は、『ねがはくは花の下にて春死なむ そのきさらぎの望月のころ』を亡くなる数年前に詠んでいますが、亡くなる前年にすで病床にあったので、かねての願いどおり『花の盛りの満月』
に合わせて亡くなったのでしょうか。人の最後は、余分な栄養などは与えず、最低限の水を唇に含ませる、いわゆる死に水を取る、ということが行われていたようですね。

安らかな終わり
人は口から食べれなくなったら、終わりです。最後は水だけでいいのでしょう。老衰は、人の最後の自然のありようなのです。天寿は生物学的に寿命が来て、本人も静かに幕引きをしたい、周囲も穏やかな終焉を願っている、そんな状態をいうのでしょうね。最後ぐらいは、誰にも気兼ねせず、自分の望むように、静かな終わりを迎えればいいですね。

参考文献 ①口から食べられなくたったらどうしますか”平穏死”のすすめ 石飛幸三著 講談社 ②枯れるように死にたい 田中奈保美著 新潮社

介護タクシーじんじん
ケアマネージャー 田中識章



[184] 今年も!!

投稿者: 突貫野郎 投稿日:2017年 1月31日(火)19時01分7秒 221x242x148x205.ap221.ftth.ucom.ne.jp  通報   返信・引用

ご無沙汰しております! ページが一新されて驚きました。
今年も富士登山駅伝を目指して頑張ります!もちろんサポートですが・・・
ケロヨン監督のおかげで色々と勉強させていただき、毎年ノウハウが蓄積し、他のチームにアドバイスができるまでになりました。
私が出場したころは最下位を争うのでは?というくらい下位でしたが、段々あがってきてついに13位を2年連続で獲得しています。
今年こそ1ケタ順位、目指せ6位以内を掲げてがんばりましょう!

監督にいたりましては多くの援助をありがとうございます。またばぐんのなかさんにはサポートなどしていただき、感謝いたしております。お酒を控えているとのこと、また大酒飲みましょう~
それでは本年もよろしくお願いいたします。

追伸:相変わらず山とロードを走っています。最近は大きなレースのお手伝いが多くなってきました。



[183] 1月も残りわずか!

投稿者: ケロヨン軍曹 投稿日:2017年 1月27日(金)16時37分55秒 196.net119083218.t-com.ne.jp  通報   返信・引用

皆様、お元気でしょうか。1月もあっという間に、もう月末に近くなりましたね。流石に、寒に入り、厳しい寒さが続きますね。これまでは、そんなに忙しくないのですが、ついつい、ホームページの整理も掲示板の書き込みもサボってきましたが、本年からは、しっかりと取り組みます。最近、ボッカ駅伝に向けて、徐々にトレーニングを開始しています。もちろん山も射程に入れています。本年は、先ず、6月の丹沢ボッカ駅伝大会のエントリー(40キロの部)、8月の富士登山駅伝大会、そして夏場を中心に、白山の沢と名古屋辺りの沢をやることにしています。実は、体重がこの3年で4キロ増えました。やばいです。まずは、ここ暫く、トレーニングをやっていきます。明日は、茨城の宝きょう山に行ってきます。



[182] 幻の原稿

投稿者: ケロヨン軍曹 投稿日:2016年12月27日(火)12時11分8秒 208.net119083077.t-com.ne.jp  通報   返信・引用

吾輩の地元の地域情報誌の2017.1月号に掲載予定であった、原稿が幻となりましたので、ここに掲載させていただきます。

松葉町地域における豊かなライフを目指して  松葉町偉人奇人伝

これは、新しいシリーズです。この街の名もなき偉人奇人をご紹介します。皆様のお近くの、素晴らしい方々をお知らせ下さい。自薦他薦は問いません。今回は、山が好きな人の話です。

91年の初夏
”参ったなぁーもう数時間も経つなー”ここは、谷川岳一の倉沢衝立岩の岩壁、今朝からこの衝立の右岩壁のあまり登られていないルートを登攀、そして懸垂下降した。しかし、壁が90度以上のため体が壁から離れてしまって、何も出来ない。足下は350m以上の空間、完全に宙吊り状態である。これが、森田勝さんであれば、あのグランドジョラスの脱出のように不屈に抜け出すのであろうが、私はただ死なないために、ロープを末端処理して、何とか体勢保持のため上半身をロープに固定するのみであった。”情けない”この時は、当日谷川岳に入った他のクライマーが登り返して、ロープを手繰り寄せてくれて、何とか岩から脱出できた。しかし、時は既に遅し、日曜日の大河ドラマの後のNHKニュースで、遭難情報が大々的に流れた後であった。

93年の初夏
”降りまーす、降ろして下さーい”やばいな、わかんないぜ!!ここは、グランドジョラス北壁のウォカー稜、まだハイシーズン前のため雪が相当残っており、初見の私たちは、ルートが判然とせず、行き詰ってしまったのだ。”申し訳ない”これまで、日本で冬の谷川岳や剣岳、穂高、富士山、甲斐駒ヶ岳などの雪・氷・岩のルートを登ってきた。登れなかったルートはない、と言えるほどやってきたので、絶対的な自信があった。しかし、初見のグランドジョラスは甘くなかった。昨年、久々に再会したパートナーは、”あの時、あなたが落ちていれば今の私たちはありません”と言っていた。潔く、降りてよかった。このパートナーは後に、8000m峰のK2やチョーオユー、アンナプルナ南壁、アラスカのデナリ等を登り、今は飛騨高山で山岳ガイドをされています。

96年の夏
ここは、天山山脈の7000m上の頂上稜線、無酸素でビバークして1週間になる。この山域は遮るものがないため、常に非常に強い風が吹き付けていた。今回はこの天山山脈の最高峰、ポベーダ(7439m)を登攀するのが目的であった。しかし、天気が急変して1週間、登攀は無理だということになり、下山を開始する。しかし、7000mの地点に、無酸素で1週間位いると身体全体が酸欠状態となる。ちょっとした動きも大変な体力と気力がいるのだ。7000m峰からの脱出は困難極まりない。私自身の体力の限界をはるかに超えていた。1歩、2歩でさえフラフラする、しかも、ここで滑落すると、その下は3000mの絶壁だ。”あかん 今日、死ぬかもしれへん、今日がオレの命日やな”とぼんやりと思った。もし生きて帰れたら、もうちょっと、ちゃんとしないとなー、そんな思いで下山した。

01年の春
”前方には、沈む太陽、コースはまっすぐ西だ”今日はレースの中盤80kmのステージ、ここはアフリカのモロッコ、4月初旬のサハラ砂漠の1週間マラソン。水以外は全て自分で用意する、それがルール。”なかなかいい感じだ”1週間の内、初日は35km位、2日目40km位、3・4日目80km位、5日目40km位,6日目10km位のコース。サハラ砂漠を走るのは、何とも気持ちがいい。この時は世界中からほぼ800名弱の人々がエントリーしていたと思うが、私は常時130番台あたりにいた。広大な砂漠のレース、棄権される方のために、参加者全員に大きな1kg以上はあると思われる、円柱の発炎筒を持たされた。これは、白昼であれ、夜間であれ、どんな時でも一度打ち上げられると何処からでもはっきりと分かる凄いものであった。

02年の夏
ここは富士山の山頂、ぜいぜい喘ぎながら、富士山の山頂を目指す、”オレっていい感じや な”時は8月の第一日曜日、富士登山駅伝大会の最中、私はこの富士登山駅伝の山頂区の選手として、エントリーしていた。ライバルは、御殿場の米軍特殊部隊デビルドック、熾烈な最下位争いをしていた。この時のわが会のメンバーは、半分がクライマー、そして半分がサハラマラソンのランナーであった。順位は最下位。この時のライバル、米軍のデビルドックは途中棄権していた。そして紆余曲折を経て2016年、15回目のエントリーをしていた。今は縁あって、監督として参加している。チームは昨年同様、一般の部13位であった。

07年の冬
”厳しいなー、まあ飲んでゆっくりするベー”急速に強まる風雪、やばいぜ!!年末の30日、日本の冬季最も厳しいといわれる剣岳の早月尾根に取り付いて数時間、我がパーティーは他のパーティーと共に、既に早月小屋に入っていることだろう、しかし私は、途中のラッセルが堪えて、力が尽きてしまったのだ。”情けない”単独で雪が降りしきる早月尾根でビバークした。翌朝早く、富山県山岳救助隊と我がチームのメンバーの救援があり、何とか脱出できた。地元の伊折に着いたら、入山日と全く異なる風景になっており、2m以上の積雪であった。北日本新聞には、すでに、私の遭難記事が載っていた。

13年の初夏
この年、日本で最も仕事をしない地方公務員が定年退職して、この街で、介護タクシーを始めた。三年間、臥薪嘗胆、石の上にも三年、山断ちをしてきた。そして今、再び”憧れと試練”を胸に、月一で山に入ることにした。これから先、ささやかに楽しく、静かにタフに、ちょっとだけ人の役にたてればいいかなと、思っているそうです。

介護タクシーじんじん
田中識章


レンタル掲示板
187件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.