投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(6)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


小川の和解調書の変造を法務局に訊ねる

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月24日(月)10時16分0秒
返信・引用 編集済
  千葉地方法務局に、柏市戸籍改竄事件に係る松戸地裁の和解調書を改竄した、小川の犯罪の取り扱いを質問したい、小川の殺人二件は時効の撤廃前だから問えないが、この事件の継続事件としての保険会社へ恐喝であれば、事件は併合されるのではないか、少なくとも和解調書の変造は動かない事実だから、小川達夫は訴追を免れない。  

この偽造尋問調書のゴーストライターも谷口功

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月23日(日)21時17分51秒
返信・引用 編集済
  この偽造調書が誰のものか判らないから、北詰に誰の調書を書き写したか訊きたい、架空の調書の疑いがある。北詰よ、これもお前の捏造か? それとも南京屋応仁こと谷口功か、直接に谷口に問合せをしたい。
http://2454ee8a381a1224.lolipop.jp/index5/170725.jpg.html

この偽造尋問調書のゴーストライターも谷口功、エキメイこと南京屋応仁に、北詰が公開している偽造尋問調書の作成者は、お前ではないかとFAX送信したが着信拒否、電話をしたところ怯えて切った。

やはり北詰の刑事の弁論再開申立書と同じく、谷口が捏造した尋問調書を北詰は公開していた、提訴した谷口訴訟は訴状送達されていながら、二度の補正命令で門前払いとは、正しく裁判所検察は巫組織の補佐・谷口の共謀立証に狙いを付けている。
 

北詰訴訟の被告北詰勝訴は事情判決

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月23日(日)17時04分43秒
返信・引用 編集済
  北詰訴訟の判決内容が注目されているが、何故に原告敗訴なのかとの不審にあると思われる、それは結論から先に述べれば裁判所の事情判決だからだ、我が北詰提訴が2012年春、この夏頃に北詰は、刑事無罪判決に基づく損害賠償訴訟を相手三者に提起した。

これに裁判所は大高と国に対する提訴は、訴権の濫用と補正命令で門前払い、しかし河野に対しては、検察の意向から訴訟を進行させた、この検察の意図とは、我が訴状に北詰の死んだ女房の保険金に係る”北詰の沈黙”を論述しており、これに検察は焦点を当てた。

そこで先発した我が訴訟は、280日後の初口頭弁論と遅らせて、北詰提訴の河野訴訟に並行進行された、北詰訴訟で被告北詰は証拠説明書を提出せず、意味不明な長文の準備書面は、認否もせず、反論反証が何であるか解らない、そこで三村裁判官は3回期で三村裁判官は結審宣言をした。

ところが4回期で北詰は反訴をした、そして5回期で北詰は始めて、総ての証拠説明書を提出、これに三村裁判官は結審した、そして判決は半年余後となった、原告敗訴の理由として、「北詰の死んだ女房の保険金」これについて原告は反論していない、とういふざけたもので、そもそも「北詰の死んだ女房」が争点にされているのも知らず、また結審当日の法廷に提出した北詰の証拠説明書の内容に反論の何もあったものではない。

これでわかるとおり、裁判所検察は北詰と巫グループに狙いを定めている、そして北詰が提訴した河野訴訟の事実認定では、刑事の北詰無罪を覆す北詰有罪の事実認定がされている。
 

橋本の偽証の実態が録音されている

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月23日(日)12時08分15秒
返信・引用 編集済
  橋本{巫グループ参謀}
 だから誰が言うんだよ~、誰が言うんだよ~、てめ~、この野郎、北詰から聞いた訳じゃねえぞ~、訴えるなら訴えろ。
河野
 何で橋本さんが興奮しなきゃならないの、どうして「ハンコ」が解んないのよ、私も明日に検察庁に行くんですが。
橋本
 行けばいいよ勝手にな、そんなもの知らねぇ~よ、俺が「ハンコ」を押したことについて、やるなら玉井警察署でも何でもやれよ~、今度警察が来たら言うんだから全部北詰じゃないって言うよ。
河野
 あのね、「ハンコ」押したかどうかと、いうことはね、私はそんな事に関係がない、橋本さんが。
橋本
 だから俺が責任持って(自白)、あんたが、とやかくいうことはねぇ~だよ、舐めやがんな、勝手に他人にぺらぺら喋べりゃがって。
                          一部の抜粋、後日に全文公開なり
 

(無題)

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月23日(日)10時00分43秒
返信・引用 編集済
  隣室の男が不審死したとかでパトカーが来ている、このボロアパートでは毎年にアル中死があるが、この半年は無く久々だ、こりゃオマワリに訊かれるな、目と鼻の先の新庁舎八王子警察署の完成は来月となった、流浪の民の乱としては長居し過ぎた、何とか本年中に無罪判決で旅の空としたいもの。  

いよいよ怪しい小川と北詰の殺人事件

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月23日(日)06時53分11秒
返信・引用
  巫に千葉法務局に対して、削除の要請をしたのかと質しているが回答はない、これが法務局独自の執行ならば問題だ、だがそうであれば別の意図が見えてくる、明日にも千葉法務局と遣り合おう。

柏市戸籍改竄事件URLが新たに魚拓された、こちらも盛り上がるを見せているが、北詰と同じく小川も殺人容疑を否定できない、抗弁できなければネット上では殺人事件と見做すであろう、これを後で争っても時機に遅れた攻防となる。
 

保険金目当ての八田秀子殺しを否定しない北詰淳司

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月22日(土)18時14分1秒
返信・引用 編集済
  北詰には二年近く、北詰淳司は八田秀子の保険金目的に青酸カリで毒殺した、これに答えよと言い続けている、これに北詰は「俺は殺していない」と一言も抗弁できない、拠って北詰は八田秀子を殺して、多額の生命保険金を簒奪した、これを既成の事実として判断する。

保険金目当ての八田秀子殺しを否定しない北詰淳司
http://suihanmuzai.com/index5/170723.jpg.html
 

訴訟提起で悪党の晩節に天誅する

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月22日(土)17時09分2秒
返信・引用 編集済
  千葉地裁での判決に北詰は鬼の形相で吼え大暴れをしたと、或る傍聴人が書いていた、それに較べて我が実刑判決では、イカサマした原田國男に向かい一礼をした、これは法廷とは神聖なもので、判決の如何に関わらず礼を尽くす、当時は刑事裁判でインチキがされる等と考えもしなかった。

原田國男の手抜きトリック刑事法廷に恭順した悔いから、この復讐は三倍返しとすべく恩讐に向けて吼えまくっている、誰彼構わず寄らば斬る、この試し切りが坪井から始まり北詰で終えるが、本音はル・サンチマンかもな。

あるサイトに載っているこの画像に甚く関心した、我が訴訟沙汰もこうでありたい。
 

千葉法務局から削除されたURL

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月22日(土)14時52分39秒
返信・引用 編集済
  巫は以下の泣き付きを法務局にした、もちろん異議はあるが当該の住民票は自主削除した、しかしこのURL全部が削除されている、この記事の内容は訴訟記録を基に偽名・通名・戸籍名を使い分ける訴訟妨害を立証したもである。

画像16228001.これ一枚を消去すると読めるが、記事全部が消去された。
 

(無題)

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月22日(土)09時38分8秒
返信・引用 編集済
  以前からhpの編集に侵入されているが、この手口が興味深い、今回の発見は北詰事件での検面調書の一枚が抜かれた、連番の内一枚を変えられた、しかしこのURLは誰かの魚拓から直ぐに修復できた、こうした悪戯は何かのサインと思われる。  

道半ばだが達成感がある裁判沙汰

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月22日(土)07時09分50秒
返信・引用 編集済
  孤立無援の冤罪主張には、自ら外圧(マスコミ)を作ることしかないと始めたhpと訴訟沙汰、この狙いは正しく、安定した相当数のアクセスが得られている、しかし肝心の我が刑事事件よりも訴訟沙汰の書証に関心が集まっている。

中でも多いのが、裁判所の郵便法違反記事と貧困ビジネスもの、やはり事実を重ねての主張には真相が隠されており、また異端者ならではの視点と行動である。

手書きとスタンプの書留の謎
http://suihanmuzai.com/121225.jpg.html

貧困ビジネスSSSの実態を裁判書証で告発
http://www.suihanmuzai.com/index4/160719.jpg.html

しかし人殺し沙汰まで書面作成するとは思わず、しかも小川の二人北詰のいまのところ一人には驚愕している、思えば我が事件にリンクする東村山朝木議員謀殺事件、この事件捜査をした八王子検察庁支部長吉村弘は創価学会のシンパ、我が事件は創価ルートで投獄された、この解明に吉村と事件通報者を個々に提訴した。

解明には至らないが意義はあった、この朝木事件は殺人事件の時効撤廃から、遺族はたぶん事件究明を続けている筈だ。

吉村弘訴訟
http://suihanmuzai.com/130825-1.jpg.html

通報者である峰岸を提訴した裁判記録をアップしていなかった、早速に掲載する。
 

橋本和憲の捏造メモで無罪判決

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月21日(金)21時01分10秒
返信・引用 編集済
  河野は個人情報である、自宅の住所、電話番号は野武士会に入会時に申告して、大高にも橋本にも教えていない、しかし橋本には伝わっており、この不審を橋本に訊いたところ、ふざけんじゃねぞーと橋本は怒り狂った、この録音は反訳されており、無罪証拠と提出した橋本のメモは北詰の指示に従ったもの、無罪となり刑事補償金の山分けをした。  

未公開の大高検事面前調書が明かす原田國男の裏刑事判決

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月21日(金)11時05分54秒
返信・引用 編集済
  逮捕に備えた北詰は橋本和憲と共謀して、河野からの告訴を虚偽告訴事件とすべく、殴り掛かったのは河野であり、この暴行に防禦ととしての傷害である主張した。

二十回近くの公判を重ねて、北詰の主張は認められず有罪判決になった、二審では新証拠が出たのでもなく弁論も開かず、ただ原田の心証だけの即日結審で無罪判決となった、だが北詰には別事件として二件の虚偽告訴事件、有印公文書捏造他多数あり、また北詰の保険金殺人事件も俎上に挙がっている。

原田國男の確信的誤判は司法対象暴力にある、検察官も述べているが北詰が有罪となり、これをインターネット等で騒がれるのが怖い、この危惧から原田は政治的判決をした、事実認定の権威とかの原田だからこそ出来る裏刑事裁判の実態である。

未公開の大高検事面前調書が明かす原田國男の裏刑事判決
http://suihanmuzai.com/index5/170721.jpg.html
 

逮捕に備えた北詰と橋本の偽証工作

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月21日(金)07時18分12秒
返信・引用 編集済
  北詰の逆転無罪事件は、やはり橋本と北詰の偽証に基づいた原田國男の誤判である、巫グループの補佐役・橋本憲和は、北詰と同じく前科者で凄む様も共通している、逮捕に備えて偽証を謀る北詰と橋本の言動が、録音と物証(判子)で証明されている。

原田國男の逆転無罪判決に渾身で反論抗議する、被告河野の準備書面の量と内容に圧倒された、とても全部はメモ録り出来ないが、事件直後の警察員面調書など公開する。

当事者や利害関係者でない他者の訴訟記録の謄写は不可であるが、北詰の提出証拠と我が事件の関係性、また河野も我がhpから証拠提出している、そして北詰はこの訴訟に基づいた閲覧規制申立をして、これに裁判官は判断をしている、無理筋とは解っているが何とか謄写したい。

閲覧室で担当者と遣り合った、ことは交付される刑事判決謄本には、裁判官氏名が印字であるものと、原本と同じく署名であるものと二通りある、つまり北詰には、記名と署名の二つの原田國男の判決謄本が交付されていることになる。そして本件の裁判に刑事記録の援用は何ら問題ないと書記官までも、刑訴法の「開示証拠の不正使用の禁止」を知らないと言い張る、これは問題である。

提出していた謄写申請は口頭で却下されたが、来週には再度の謄写申請書を提出して書面での回答を求める、北詰は会員が民事訴訟書面を見せない卑怯者と除名処分にしたが、この河野訴訟は河野の虚偽告訴に基づいた、真相解明の場であると位置付けている、それが死に物狂いで北詰は閲覧まで阻止した。
 

明日には公開する北詰が怯える清水弁護士の尋問調書

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月19日(水)15時44分17秒
返信・引用 編集済
  食べログに登録されている飲食店の商品について、美味しくない、味がどうのと書込みをすれば、威力業務妨害・名誉毀損になるのか、我がhpでは訴訟相手の悪口雑言、犯罪行為を証拠に基づいて糾弾してる。
これに北詰などは直ぐに告訴だ、提訴だと騒ぐ、曲がった感情の北詰に『曲がってますよ』って言うと、曲がった行動を起こすのである。

北詰が死んだ女房の保険金をネットで騒ぎ出したのは2005年。自らが公開した犯罪事実について、他者からの意見は人権侵害事件であると刑事告訴するという、このマッチポンプがどんなに幼稚でアホの極みか、未だに解らない淳司である。
 

一億保険金不払いが柏市戸籍改ざん事件の淵源

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月19日(水)10時21分8秒
返信・引用 編集済
  保険会社を恫喝すべく、戸籍事件で訴訟を提起して、三十年前の未払い任意保険金一億を出せと、小川は執拗に相手会社に対して、以下の連続強訴を続けた、これはその一部である。

一億保険金不払いが柏市戸籍改ざん事件の淵源
http://suihanmuzai.com/index5/170719.jpg.html
 

同じ殺人容疑の北詰と小川は親和関係

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月19日(水)08時57分14秒
返信・引用 編集済
  小川・吉田が事件屋と知り関係解消をした2013年4月、そしたら北詰は自分のhpに柏市戸籍改竄事件記事の掲載を働き掛けた、しかし北詰は小川が救いの神とする大高氏と敵対関係にある、また合流すれば同じ巫グループとして拙いとの判断からか断った。

しかし吉田はあからさまに北詰と共同行動を起こして、小川はこれに陰で北詰と協調して、北詰訴訟の取下げを打診してきた。
 

立川支部が見抜いていた小川の保険金詐欺事件

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月19日(水)03時34分11秒
返信・引用
  以下は、小川達夫(当時は小川達郎と名乗っていた)の裁判支援者のブログでの傍聴呼びかけ、住民票・登記簿等の改ざんはなく、ただ住民票の附票に誤記があっただけ、これを発見して住民票が改竄されて戸籍謄本が改竄された、そして登記簿謄本が改竄された、その行く先は一億保険金である。

市役所に戸籍を改ざんされ、それだけでなく住民票・登記簿までもが改ざんされ、財産をのっとられ、銀行や保険会社らによって仕事も奪われ、ホームレス生活をするどん底まで落とされ、それでも裁判を続けることによって正義を貫こうとしている小川さんの判決が、10月13日に高等裁判所である。
国家ぐるみの犯罪をこの市役所の戸籍改ざんから庶民を泣かす巨悪の犯罪を暴けるかどうかは、生田弁護士の腕にかかっている。
小川さんを応援してきた大高さんまでも冤罪に陥れられて、今市民が立ち上がらなければ、これら冤罪被害者を救うことはできない。
10月13日、私達市民はこの判決を見届け、小川さんを応援に行こう!
 

シンクロした戸籍謄本問題

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月18日(火)20時46分48秒
返信・引用 編集済
  出自問題を騒ぐのは好ましくないが、幾つもの偽名や通称を使い訴訟当事者となり、敗訴の暁には被告の名前の当事者でないと逃げる、これでは国籍から証明する戸籍謄本の提示を求めるのは当然だ。

本日のニュースに拠れば、蓮舫氏は、日本国籍の選択宣言日が「平成28年10月7日」と明記された東京都目黒区役所発行の戸籍謄本▽台湾の行政府が発行した台湾籍の離脱証明書▽今回離脱手続きのため台湾側に提出した台湾のパスポート-など数点を公開した。書類はいずれも写しだった。
このうち、公開した戸籍謄本は住所や家族の欄は白抜きとし、氏名と出生日、国籍選択の宣言日が分かるようになっている。謄本の取得日は今年6月28日となっている。
http://suihanmuzai.com/index4/161228.jpg.html

法務局からの削除命令がされた巫の住民票の公開は昨日に消去した、しかし蓮舫氏問題と巫の消去とシンクロしたのは不審だ、果たして巫ともあろう者が、敵対する法務省に今の時期になり泣き付くものか、民族の誇りなのか一貫して「巫」と公称、これには敬意を表するが、悪辣日本司法を糾弾するのであれば、事件屋風情等と徒党を組むべからず。
 

監視される刑事再審請求者

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月18日(火)10時29分10秒
返信・引用 編集済
  警察官の巡回カードというものは、一度も入ったことがないし、もちろん巡回訪問等はない、ガサ入れは当然に突然に入るものだろうが、三年半前のガサ入れで何で在宅しているか解ったのかと訊いたらニヤニヤしていた。

警察官は単純な個人情報(※住民カードなど 氏名・住所等)を取得している以外に、刑事事件に関する「秘匿性が極めて高い事件情報」などを所有しているそうだ、常に見張られているのは感じており、自転車の登録では頻繁に停められている。

刑事二審の弁護人原和良は出獄後の面会で「以後は警察署に近づかない方がよい」この一言が如何に怒らせたか、原の作為的弁護過誤が記事になる日は近い。

巫の泣き付きに動いた千葉法務局には、船橋市の吉田卓朗の戸籍問題について忠言をした、たぶんこの確認を牛久の警察に問合せているだろう、このくそ暑い中、牛久くんだりまで行って確認することはない、地域警察も使いようで役に立つこともある。
 

ダンプに父親を突き飛ばしたのは誰か

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月18日(火)05時32分24秒
返信・引用 編集済
  ダンプに父親を突き飛ばしたのは誰か

私の父の保険金不払い問題がすべての金融事件と戸籍改ざん事件の「カギ」になります・・これが小川の主張である、となれば、「突き飛ばされたところを走行してきたダンプに接触、大した怪我もなく入院した」後からついた嘘には矛盾が満載、こうした流言飛語で強訴・強請をする組織犯罪は組織犯罪対策4課でなく、特捜独自の捜査となる。

しかしこれで自賠責保険金が出たとは犯罪性がある、ゆえに30年が経ったところで任意保険一億円を狙っての恐喝をしている、戸籍事件とは一体であるという小川、この和解調書の改ざん漢字は戸籍事件に由来するもの、吉田も共謀者である。

こうした記事を投稿すれば相手のリアクションがあるとは吉田の持論だが、正しく吉田は一億保険金を狙っての戸籍改ざん騒ぎだろう、一応は保険金事件はヤバイと言っているが、吉田が小川の保険金事件を騒ぐのは危ない、これらは捜査側は立件しているだろう。

当時に事業資金に困窮していた小川達夫は、走行してくるダンプに狙いを付けて父親を突き飛ばした・・等と書けば小川は告訴せざるを得ないだろうな。
 

(無題)

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月18日(火)05時22分46秒
返信・引用 編集済
  交通 事故 殺人 事件・・交通事故に見せ掛けた殺人事件は、目撃者がいない限りばれ難い、小川の場合は何者かに後ろから突き飛ばされたそうだが、これが何故に自賠責保険が適用されたのか、この支払いから三十年後に小川は、任意保険金の支払いを求めて画策を始めた。

昨日は休日にも関わらず小川事件URLにアクセスが集中した、自称吉田は、お前も小川の保険金一億を狙っていると書き込みをした、この投稿記事は保管してあり、吉田が小川に絡む理由とは任意保険金一億にある。
 

共謀罪施行から巫グループは消えるな。

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月17日(月)14時15分59秒
返信・引用 編集済
  人権擁護部からの削除命令に応えて、当該のどうでも良い以下のURL記事中の巫住民票を削除した、だが何となく坪井の削除要請を思わせる違和感がある、果たして巫が法務局等に泣き付くものだろうか、もしかしたら坪井と同じく以後は娑婆に居ながら沈黙状態になるのかも、吉田も消えた巫も消えて、もう直ぐに小川も消える・・共謀罪施行から巫グループは消えるな。
通名と本名と偽名を使う巫召鴻の裁判書面
http://shizensou.org/index4/161228.jpg.html

改めて共謀罪とは空恐ろしい。
金田法務大臣が「花見の席で地図を広げることや双眼鏡を覗き込むことはテロの準備行為に該当する」と答弁したことだ。金田発言により、花見が罪になる可能性が示唆された。
 

小川達夫の二件の保険金殺人事件は再捜査か

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月17日(月)08時32分44秒
返信・引用 編集済
  小川達夫の二件の保険金殺人事件は再捜査か
http://suihanmuzai.com/index5/170717.jpg.html

小川が書いた事件時系では、昭和61年に殺人事件が起こり「自殺に見せ掛け殺害、保険金を不正所得、小川達夫に容疑を被せる」とある、そして翌年に「父親の殺害」とある、交通事故に見せ掛けて殺されたと言っている、しかし小川は動画の中で「大した怪我も泣く入院」と述べている、このときに自称吉田は大慌てで小川の口を封じた。
この動画は二年前に消されている。http://etc8.blog.fc2.com/blog-entry-1728.html

この「柏市戸籍改ざん事件」を聞くと、連日報道されている兵庫県尼崎市の角田美代子被告を巡る連続不審死事件と似ていることがわかる。小川氏のまわりでも父親が突き飛ばされて交通事故になり、怪我はたいしたことはなかったが病院で死亡したり、姉の夫が襲撃されたり、その息子が自殺したりと数々の不可解な事故、死亡事件がある。
戸籍を改ざんし他人に乗っ取られて財産を全て奪われるという考えられないものだが、そこには柏市の歴史にまつわる要因もあると小川氏はいう。

あまりにも深い闇であり、最高裁以上に今の日本社会の根源的な問題が潜んでいて、とても一言では言い表せない事件であるので、それぞれ個々人で「柏市戸籍改ざん事件」「小川達夫」で検索していただいて、とにかく調べていただきたいと思う。
(注)交通事故で大した怪我はなく入院して何者かに殺された、しかしこの交通事故自賠責保険から三千数百万が出ている

事件当時に小川は不動産・商店経営をして、資金繰りに困窮していたところで二件の保険金殺人が起きた、経営資金をヤミ金の貸付で賄い、この中で保険金殺人、そして小川の指詰め、殺されるという小川の怯え・・これらから考えるに裏社会から小川は脅され、この監視役が小川の提灯持ちと言う極東会の自称吉田である。

小川は吉田の言うことには絶対に逆らわない、また小川は沖縄の土地で吉田から融資されている、柏市戸籍改竄事件とは、吉田らの裏組織が描いたストーリーに、小川は黙従した茶番劇である、殺人事件の時効が撤廃されたことで、小川達夫が絡んだ二件の保険金殺人事件は再捜査されるだろう。
 

北詰淳司の強制性交未遂事件

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月17日(月)07時37分6秒
返信・引用 編集済
  淳司が7月5日に書き始めて、本日までに書き上げた告訴状だと、これも加えたら如何か。しかし何でこんなもの公開したのかと薮蛇になるな。

北詰淳司の強制性交未遂事件
https://blogs.yahoo.co.jp/kuzutume/64197534.html

告 訴 趣 旨
被告訴人の行為が、「名誉毀損等」(刑法第230条)・「信用毀損及び業務妨害」(刑法第233条)・「威力業務妨害」(刑法第234条)・「脅迫」(刑法第222条)に該当する為、被告訴人を厳罰(実刑7年)に処することを求めるものである。


此処まで仕上げたが、問題はこれからだ、年内に作成できるかな。
 

ファイル種類別レポートで解る当局の関心事件

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月17日(月)05時59分43秒
返信・引用 編集済
  小川達夫の口癖は「俺は何にも知らないんだ、俺は株と相場しか知らない」法務大臣に指揮権発動要請するこの小川は、操られる木偶人形なのは解る、その証左として小川訴訟の控訴審に提出した裁判書面がある。

一審の中山裁判官は、親族関係者との争いからの戸籍改訂を疑うべきだと判示、勝訴した小川は控訴審では原審判決の認容と傍観すればよい、ところが門外不出の親族間との訴訟の判決書を提出した。

中山裁判官の指摘のとおりに、小川敗訴で土地の権利確認がされた、何故にこんなものを小川は出してきたのか、それはその後に為された、松戸地裁の和解調書の変造に遡及する、それがこれである。
http://www.suihanmuzai.com/140713012.jpg

蔵の異字体、これにある、小川家の戸籍謄本からネット当局の関心は和解調書に移っている、ファイル種類別レポートから解る事実である。
小川が控訴審に提出した乙第33号証と記された何と弱弱しいことよ、このURLが深読みされている、一体、柏市戸籍改竄事件とは何であったのか、短い中山判決で真相を突いている、このときの総括判事も三村裁判官である。
http://www.suihanmuzai.com/140713-1.jpg.html
 

検事調書を偽造されたら絶望的

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月16日(日)18時42分54秒
返信・引用 編集済
  満期出獄してから知った偽造検事面前調書から、同じ事犯である帝銀事件関連の書籍を読み漁った、そして落胆絶望した、その理由は帝銀事件の唯一の有罪証拠である検事面前調書、これを検事が偽造していた、これを元法務省人権擁護部員(弁護士)が告訴告発したが、検察審査会まで潰しに掛かり、法務省が総力を上げて偽造検面調書事件を揉消した。

これに告発弁護士は、偽造検事調書を作成した検事正を国会で追及、しかし適わず平沢氏は無念の獄死をした、検事の偽造調書を作成は絶対に認めない、これを読んだときに悪寒を覚えた、だがその後に、我が事件では鶴田小夜子検事正が自死したことで幾らかは救われている、偽造犯は高橋真検事ではないようだ、因みに告発弁護士の家族は殺害された。

帝銀事件の平沢氏の検事面前調書を偽造したのは出射義夫検事正である。
 

北詰淳司の刑事判決書の変造に慌てる東京地裁

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月16日(日)13時35分35秒
返信・引用 編集済
  東京地裁記録閲覧室職員の職務態度は何ら問題が無いが、今回の謄写申請に対する固執というか、対応に関しては違和感がある、謄写不可であれば不服申立の手続きをするが、何とか断念させようとする。

刑事判決謄本の複写を甲号証として北詰は証拠提出している、これには裁判官の署名と押印がある、これと同じものが河野には副本として渡されている、しかし北詰がネット公開している判決謄本は裁判官名は記名で押印はない、担当職員にはこれを伝えて謄写の必要を訴えている。

ところが職員は、調べたところ刑事判決書の謄本は記名と署名の二通りがあり、これに書記官認証がされていれば、どちらも判決謄本であると強弁する、謄写係りが争うべきことではないが、単に北詰が提出している、判決謄本の謄写だけで揉めるのは面妖である。

北詰訴訟で三村裁判官は、北詰の千葉地裁の判決書の裁判官記名を見て驚愕した、そして何処で入手したのかと原告に詰問した。
 

隠蔽判決裁判官原田國男の裏刑事判決

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月16日(日)07時00分50秒
返信・引用 編集済
  こいつの本籍地は群馬県内でも有数の同和地域として記録されていて、高崎の裁判所を襲撃したりして力ずくで言うことを聞かせる連中がすんでいます
思うにこの司法対象暴力のノウハウが遺憾なく発揮されたのが例の無罪判決では有りますまいか、原田裁判長が司法対象暴力を匂わせた脅迫により怯えて無罪判決を出しのです


なるほど、司法対象暴力というやつですか。
ごねる北詰に原田國男裁判長は裏判決で始末した、だからこの逆転無罪判決は、原田の無罪判決にもカウントされていない。

下級の裁判官が無罪判決を連発すれば遠地に左遷となる、逆転無罪判決を連発する原田國男は、最高裁の意に沿った政治的判決をする影の裁判官であった。

多額な刑事補償金を与えて口外を禁じた、金を受取ったがマスコミの報道がされないことに苛立っている、しかし保険金殺人では北詰敦司は大々的報道される、これでやっと有名になるだろうな。

仮に北詰の八田秀子殺しが不発であっても、こいつは告訴はしてこないが、ネット上では永久に「保険金殺人犯・北詰淳司」の名が残る、これが嫌なら以下の求釈明に答えよ。

どうだ、この求釈明は強要罪になるぞ、これも告訴せんかい
 

やはりアクセス稼ぎは裁判所の郵便法違反事件記事だ

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月16日(日)05時55分50秒
返信・引用 編集済
  裁判所の郵便法違反事件を記事にするとアクセスが集中する、また海外からも増える、ウイキに以前に見られなかった、郵便法違反の最高裁判例などが検索結果にでる、これで訴状作成は大助かりだ。

提起する訴訟は、「適正な法の手続き」という世界の理念に基づいたもので、これを単身で司法制度に送達の面から検証するという、新しい地平を拓くことになる。

これもグーグルの「画像検索」から、未発見の消印・郵券等が見つかるかもしれない、現在まで収集された偽造料金計器スタンプ、偽造消印、変造切手、そして郵便配送ルートの不正表示、これらの質問に窮する郵便局、これだけ揃えば裁判所と郵政の共謀は証明できる。
 

裁判所の郵便法違反事件の提訴に向けて

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月15日(土)18時48分52秒
返信・引用 編集済
  我がhpのシンボルマークとなっている郵便スタンプ画像がある、このスタンプは偽造であるが、単なる偽スタンプでは済まない重大な事実が隠されている、民事裁判も刑事裁判も特別送達郵便で始まり、民事裁判は特別送達郵便で終える、この郵便送達を工作すれば如何なる犯罪も可能である。

裁判所しか使用しない特別送達郵便、この郵便送達の配送ルートの表示が偽装されたり、また捺された郵便スタンプが偽造であれば郵便法違反・虚偽有印公文書行使となる、裁判の公正らしさを担保する意味でも見過ごせない犯罪である、郵便なんて届けばよい、だがこの発信元が偽装であれば、あなたはどうしますか。、

裁判所の郵便法違反事件の提訴に向けて
http://suihanmuzai.com/index5/170716.jpg.html
 

真綿で絞められ吊るされる淳司の怯え

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月15日(土)17時25分38秒
返信・引用 編集済
  北詰淳司の保険金殺人事件 これを告訴出来ないならアウト・・北詰の保険金殺人を告発して1年8月となる、死刑囚の刑の執行は予告されず突然に行うとか、この怯えの日々は空恐ろしいものだろう、当時に当方は東京拘置所北舎4号の4階に収監されて、一階は死刑確定囚の独房で、真夏でも冷気を帯びた廊下を、イチ、ニ、イチ、ニと声を上げて運動場に向かった、生涯忘れえぬ体験をした。

話が逸れたが、北詰の怯えは相当なもので、刑事法廷に提出したとする「弁論再開申立書」は、俺が書いたと自白した、まあ北詰らしく、文書の偽造というものが全く理解できていない、何はともあれ文書偽造どころか、保険金殺人事件の容疑者・北詰淳司の身に迫りくる恐怖の足音と解した自白である。
 

偽造郵便スタンプに見えるが?

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月15日(土)12時01分45秒
返信・引用 編集済
  偽造郵便スタンプに見えるが? サイコパス等を相手にしている場合ではないが、保険金殺人の北詰淳司と小川達夫の怯えは快挙であり成果があった。

火曜日に東京地裁記録閲覧室に行くが、どうやらこの謄写不可の件で不服申立をして一戦交えることになりそうだ、この帰りに日比谷図書館で帝銀事件物を閲覧する、未だに脳裏に残る平沢氏の検事面前調書の署名・指印の画像、これがどの帝銀事件書物に有ったか探し続けている、とにかく画像で証明するのが説得力がある。

偽装刑事裁判も特別送達で始まる 贋郵便スタンプか
http://www.suihanmuzai.com/121224-1.jpg.html
 

裁判官・検察官の職権濫用と調書の捏造 帝銀事件

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月15日(土)07時06分18秒
返信・引用 編集済
  裁判所は検事調書偽造を事件として絶対に認めない、もし認めたら我が国の刑事司法は崩壊となり、監獄暴動や社会混乱が起きる、我が検面調書偽造事件では、本人署名の鑑定なぞ必要とせず、自分の氏名を誤記した本人に偽造署名と指印を披見させれば、瞬時に解決する検察官の証拠偽造事件である。

裁判官・検察官の職権濫用と調書の捏造 帝銀事件
http://suihanmuzai.com/index5/170715.jpg.html
 

自称吉田の流言飛語

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月14日(金)20時40分18秒
返信・引用 編集済
  葛西の病院で起きた臓器売買を行う闇組織の犯罪やその他のことを小川達夫さんと同じく100%裁判所にもその闇組織が存在して、そのコントロール下にある証拠を握っている吉田卓郎さんが話してくれた。
https://www.youtube.com/watch?v=G-SA9rGQCQY
 

北詰淳司の保険金殺人 画像

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月14日(金)17時44分0秒
返信・引用
  https://www.google.co.jp/search?q=%E5%8C%97%E8%A9%B0%E6%B7%B3%E5%8F%B8%E3%81%AE%E4%BF%9D%E9%99%BA%E9%87%91%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E3%80%80%E7%94%BB%E5%83%8F&hl=ja&rlz=1T4PLXB_jaJP735JP735&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0ahUKEwjVvJ61sIjVAhVGXbwKHYc5Bl8QsAQIJQ&biw=1024&bih=556  

小川達夫の保険金殺人 画像

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月14日(金)17時33分37秒
返信・引用
  小川達夫の保険金殺人 画像
https://www.google.co.jp/search?q=%E5%B0%8F%E5%B7%9D%E9%81%94%E5%A4%AB%E3%81%AE%E4%BF%9D%E9%99%BA%E9%87%91%E6%AE%BA%E4%BA%BA+%E7%94%BB%E5%83%8F&hl=ja&rlz=1T4PLXB_jaJP735JP735&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0ahUKEwiV0bCbrojVAhVCa7wKHQ3NB9YQsAQIJQ&biw=1024&bih=556
 

刑事訴訟記録の目的外使用

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月14日(金)13時23分34秒
返信・引用 編集済
  現行刑事訴訟法では、以下のような規定があるため、刑事訴訟記録の扱いには神経を使わざるを得ません。
被告人の家族がコピーを欲しいと言っても、安易に応じることはできません。
刑事記録が杜撰に管理されれば関係者のプライバシー侵害の恐れがあることは確かですが、民事事件に援用することも許されないとなると、刑事事件での供述調書などが重要な証拠になり得ても、闇の中となってしまいます。
http://www.ss-law.jp/blog/2013/08/post-1-143614.html

北詰は何を言いたいのかというと、俺がネット公開してある原田國男の判決書の裁判官名は記名で押印もない、しかし俺北詰が持っている”本物”の判決書には、裁判官名が証署名で押印もある。
これが見たければ、浦和警察への告訴の取下げをすれば、”本物”の判決書を見せると主張している。
 

残された不実者のメモから公開処刑のシナリオ

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月14日(金)08時26分10秒
返信・引用
  残された不実者のメモから公開処刑のシナリオ
http://suihanmuzai.com/index5/170714.jpg.html
 

他者に見せてはいけない刑事判決書をネット公開する北詰

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月14日(金)06時44分4秒
返信・引用 編集済
  東京地裁記録閲覧室からの連絡では、やはり謄写は不可とのことだが、これも違和感がある、規則に基づけは不可は当然だ、北詰河野訴訟の当事者でなく利害関係もない、またこの記録から訴訟提起する用意もない。

ただ謄写請求する目的としての屁理屈は・・、北詰が提出している原田國男の刑事判決書の謄本、この裁判官署名が北詰は記名に変造している、河野が言うには渡された判決書は署名、従って北詰がネットで公開している原田國男の判決書は記名、つまり変造した判決書を謄本として公開している、そして浦和警察への刑事告訴を取り下げれば、”本物”を見せると騒いでいる。

こうした北詰には、開示証拠の公開禁止が理解できていない、変造にしろ本物にしろ他人に見せてはならない禁止された公文書である、まずこれで逮捕して保険金殺人容疑で訴追される筈だ。

証拠の目的外使用罪がついに発動される
http://nibiru.hateblo.jp/entry/chuseishihou
 

残したメモから公開処刑される不実者

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月14日(金)05時23分10秒
返信・引用 編集済
  松居一代の公開処刑・・男女の痴話喧嘩ではあるが、我が事件と同じく「天下に大恥を晒す」このシナリオから始まった、我が事件では、相手は女性であるがこれが詐欺者と知った、しかし時遅く取り返すのは不可能であり、また相手は画策して住居追い出しをかけてきた。

この騒動の中で相手が残した須崎メモを発見、これには会社社長園田義明との痴情沙汰が書かれてあった、そこで見ず知らずの園田に相手の所在を尋ねたところ、何を勘違いしたのか園田は私も何十万も貸してある、それなら失踪している詐欺者の所在は掴んでいる筈と、園田の妻洋子に事情を伝えて痴情関係を記した須崎メモを渡した、このときに園田洋子は感謝した。

ところが翌日に、園田洋子は夫が強請られていると警察に通報した、このときにこの須崎メモを提出しているが、どうも抜いて渡したか、或いは園田義明と親しい警察が抜いたか、これが民事では解明されているが、、もう18年が過ぎるが真相は未だに知らされない。

抜いたのは警察か?
http://suihanmuzai.com/saibannkann001.jpg.html

そして園田義明から、八王子警察組織暴力団課の指導を受けて、刑事告訴すると内容証明郵便が届いた、その後は海外に出て一年後に園田義明と面談、このときに園田は刑事の名を挙げて、須崎は泥棒かなんかで逮捕・家宅捜索を受けたと言った。

担当の刑事を事情を尋ねたところ全くの嘘、そこで園田義明を脅す配布ビラを園田宅周辺17件に投函、その後も帰国の度に書き溜めたビラを配布して、これが告訴事実となった、しかし当時の名誉毀損罪の時効は半年で、起訴時点では時効が完成、そこで法廷検事鶴田は、法廷で突然に訴因の変更をした、この鶴田は自死している。

逮捕志願の配布ビラ
http://shizensou.org/131005.jpg.html
 

心的ケアとして人権擁護部は秀逸もの

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月13日(木)17時01分16秒
返信・引用 編集済
  今回の千葉法務局からの削除要請には違和感がある、というのも法務局人権擁護部が、この程度のことで動いた、これでは面倒な訴訟を起こすこともなく、人権擁護部に駆け込めば解決する、これもバイアスと思われるだろうが、蓮舫氏の「戸籍謄本の開示」とシンクロしているのかと。

千葉人権擁護部の担当者は、やはり苦情の聞き上手で印象は頗る良いが、現在尚に巫掲示板上に残る吉田北詰のプライバシー侵害記事をFAX送信した、この感想を後日に訊いて記事にしたい。

明日に提出する第4次吉田訴訟の文書送付嘱託申立書
 

後で吐いた嘘には矛盾がある

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月13日(木)06時15分32秒
返信・引用 編集済
  経営資金の遣り繰りに瀕していた小川達夫の周辺で、二年続いての保険金絡みの殺人となれば事件性が疑われる、しかも小川は昔も今も相場好きの拝金主義者、あの時系から読み取れるのは、戸籍改竄事件をでっち上げて、未払いとする任意保険金一億を狙った。

しかし時効は完成しており、また松戸地裁で和解解決済み、そこで和解調書が改竄されたと時効の壁を破ろうとした、これら一連の流れから、後で吐いた嘘には矛盾がある、しかも単独犯でないから、主張に矛盾があり変遷している。
 

精神的救済としての訴訟沙汰

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月13日(木)05時16分2秒
返信・引用 編集済
  一ヶ月余前に手紙を寄こした氏だが、電話で話したところ何か胡散臭さを感じた、それは氏が貧困ビジネスSSSとの訴訟で700万を勝取ったのですね・・と尋ねられた、当然に訴状から勝訴と思ってことだろうが、一連のSSSとの訴訟沙汰は総て完敗である。

当時は訴訟に慣れていず、また悔しさから訴額を出来る限り高くした、生活費の二三か月分が印紙代に消えた、控訴となると印紙は1.5倍、しかも即日結審、まあ鬱積した思いの丈を吐き出すには格好の場だが、裁判などに関わるのは不幸の極みとは判っているが、明日こそ自称吉田への4回目の提訴に八王子簡裁に向かうなり。
http://suihanmuzai.com/index5/170609.jpg.html
 

事件屋巫の直訴に千葉法務局人権擁護部が動いた

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月12日(水)21時22分49秒
返信・引用 編集済
  無聊な日々に面白いことが起きた、巫がまたもや記事削除を要求してきたが、今回は何と法務局を介しての削除要請である、だが先に巫掲示板の人権侵害・プライバシー侵害を、昨年末頃に八王子法務局で相談している、しかし毎度のことだが法務局としては相手方に注意も出来ない、ただ苦情を聞いて記録に残す位という。

しかし今回の千葉法務局は、巫の要求を受けて強制削除する様相だ、猶予は7日とあり、これでは巫掲示板に現在に掲載している、刑事開示記録の実名記載等のプライバシー権侵害の事実に対して、千葉法務局の見解を求めるのも粋狂だな、一週間後には削除は応じるがそれまで抗う。
http://suihanmuzai.com/index5/170713.jpg.html

 

謄写は不可だが来週に閲覧予約をした

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月12日(水)17時07分0秒
返信・引用 編集済
  東京地裁記録閲覧室から北詰河野訴訟の謄写の件で連絡が入った、謄写が可能な当事者でなく、また北詰との利害関係が認められないから、不可であるとの判断だが、被告北詰との訴訟の中で、北詰河野訴訟に関係する証拠書面が、提出されていれば再検討するとの事。

そこで北詰から刑事告訴された告訴状には、たぶんこうした証拠が有ると思えるが、とにかくマグショットを撮られながらも、「北詰の告訴事実は今は言えない」と送検調書を録られた、また北詰の告訴状などは、とても読めたものではないと突っぱねた。

笑っていたが、では北詰が河野訴訟に提出している原田國男の判決書の謄本、これには書記官認証で「これは謄本である」と証しているが、裁判官名は記名で押印も無い、だが同時期に北詰が提訴した大高訴訟と国賠訴訟に提出している原田判決書には署名と押印がある、この違いの目的は、6年前の浦和警察への刑事告訴を取り下げろ、そうすれば真正な原田判決書を見せてやるよという餓鬼の手口、これを第三次謄写申請申立とする。
 

八田秀子の怨霊に怯える北詰淳司

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月12日(水)11時07分43秒
返信・引用 編集済
  北詰は我が記事を無断で掲載しているが、コピペしたものをそのまま転載するのではなく加工している、一字一句同じなら問題は無いが、以下の通りに八田秀子を○○に変造、これは文書偽造になる、こうした法的思考が出来ない淳司ゆえに、刑事書面の改ざんなどは平気でする。

このような書き込みをされるのは理の当然と言わざるを得ないのである。
かつて【仕事もせずに毎日遊び暮らしている】と書き込みをされていたが、○○を働かせるだけ働かせて、○○が死んだ後は遺産や保険金で食っていると解釈しない限り、15年間も仕事せずに暮らせていることの説明がつかないのである
始めから○○の遺産の金額を明らかにしていればこんなことにはならず、全面的にお前が悪いと鰺坂弁護士も言っていた。


北詰には八田秀子の文字が怖い、八田秀子と聞いただけで怯える、そこで飲み仲間の女性に八田秀子の亡霊役となり、池上界隈に出没して淳司を脅そうと持ちかけたが、何せ費用の問題で断念、だが怨めしいそうな声で電話をしてくれるとか、くれないとか。
この怨霊役は唯一の淳司支援者である、例の赤坂棲いの「人三化七」が適役だな。
北詰の支援者だが、当方の実名を挙げて嫌がらせをしてきた。https://www.youtube.com/watch?v=zsRRUgLfJPY

ある司法記者筋に依れば、共謀罪が施行されたことから、巫グループに集結した北詰等への摘発はカウント段階に入った・・とか。
 

小川達夫の保険金殺人疑惑が再燃

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月12日(水)05時50分27秒
返信・引用 編集済
  小川訴訟は被告小川の勝訴になったが控訴された、この危機感から小川は隠していた、松戸地裁の被告柏市側の書面、また親族との裁判書面、更に和解調書等を控訴審に提出した、これに高裁は事件性ありとして書記官の認証印が見られる

小川達夫の保険金殺人疑惑が再燃
http://suihanmuzai.com/index5/170712.jpg.html

柏市戸籍改竄事件を騒ぐ狙いは、交通事故任意保険の一億円にあった、たいした怪我もなく死亡したが、何故か自賠責から三千数百万が支払われた、しかし任意保険から見舞金として二百万、相続関係者はこれで手打ちをした、しかし小川達夫のみが四半世紀を過ぎて、金融庁・保険会社などに強訴して騒いでいる。

小川達夫は戸籍が改竄されたと訴訟沙汰にして、多くの支援者を集めて、戸籍改竄に基因する父親の謀殺死と訴えたが、死因に不審があり、また松戸地裁で和解解決をしていることを隠していた、これに支援者は離れて詐欺師小川と、世間の評価は定まっている。

万が一に小川の父親の事故死が殺人であれば、これも北詰に続く保険金目当ての殺人事件となる、時効の撤廃から小川の事件は、注目されて魚拓されている、また小川は松戸地裁の和解調書の変造をしており、これも魚拓されている。
http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:PaiFtHt1Dr4J:www.suihanmuzai.com/140502.jpg.html+&cd=4&hl=ja&ct=clnk&gl=jp
 

TwoCoin第四次吉田訴訟

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月11日(火)20時32分11秒
返信・引用 編集済
  当事者
原告は、平成28年(お)第8号、再審請求事件の却下から、第四次再審請求申立を準備中の冤罪事件被害者である、被告とは一時期に不正司法糾弾行動を共にした。

被告を過去三回提訴している、しかし被告は戸籍名を隠して通名を使い、原告勝訴が確定している平成27年(レ)第614号事件、この判決命令に対して、被告は吉田卓朗ではなく当事者ではないと支払い拒否をする。

被告は吉田卓朗と称しているが、これを証明する一切の公的証明はされないどころか、吉田卓朗が同じ時空に茨城と千葉に存在するという、まるで多元宇宙論のような面妖極まる事態である。

因って、通名と戸籍上の人物が、同一人物であると証明するに必要な、文書送付嘱託申立書を添付する。
 

(無題)

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月11日(火)14時44分27秒
返信・引用 編集済
  このブログの過去記事が注目されている、昨年5月の時点では告訴云々は言っていないが、最近になり告訴する気分になったらしい

老女の怨霊が北詰淳司に憑依して報復
https://blogs.yahoo.co.jp/kuzutume/63702332.html

管理さん。「2617」も削除してください! 投稿者:孤高な大詰正大こと北詰淳司 投稿日:2016/05/12(Thu) 13:41
名誉毀損・信用毀損・偽計業務妨害であり!!!
更に、!
人権・人格に関する憲法違反である為です!!!

このような書き込みをされるのは理の当然と言わざるを得ないのである。
かつて【仕事もせずに毎日遊び暮らしている】と書き込みをされていたが、秀子を働かせるだけ働かせて、秀子が死んだ後は遺産や保険金で食っていると解釈しない限り、15年間も仕事せずに暮らせていることの説明がつかないのである
始めから秀子の遺産の金額を明らかにしていればこんなことにはならず、全面的にお前が悪いと鰺坂弁護士も言っていた
 

/58