投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(6)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


二重戸籍を認めた牛久背乗り事件の自称吉田卓朗

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年11月18日(土)19時05分4秒
返信・引用 編集済
  二重戸籍は犯罪目的でしかない、柏市戸籍改ざん事件に共通する手口である、明日も我がhpは盛況なり。  

Re: 二重戸籍を認めた自称吉田卓朗

 投稿者:ある善人より  投稿日:2017年11月18日(土)17時26分18秒
返信・引用
  > No.3756[元記事へ]

> 二重戸籍とは当に背乗り事件だな、すると一昨年の八王子簡裁での、元水戸地裁裁判長の犬飼裁判官の不可解な判決は、この隠蔽にあるかもな、しかし二審で覆された、こりゃ別記事で論証しなきゃならん、この手口を公益通報として提供せいや。

お前は日本語がわからねえのか?↑

裁判をするなら弁護士に相談してから訴状を提出しろ!

的の外れた訴状など提出するな!
 

完落ちするか自称吉田卓朗

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年11月18日(土)17時22分24秒
返信・引用 編集済
  被告準備書面で山崎三郎については「不知」としているが、なぜに物故者としないのか、死因はなんだ、まさかお前がポアしたのではないだろうな、保険金は掛けてあったのか、なにせ保険金殺人者北詰とは盟友の関係にあるお前だからな。

俺は死んだも同然とは解るが、娑婆で死にさせるのは我慢ならない、どうだこの八王子の医療刑務所は新装されて静かな奥三多摩に移築する、長らくの怯えての暮らしも疲れたろ、知っていることを吐けよ。
 

病気か?何でこのような結論になるの?

 投稿者:ある善人より  投稿日:2017年11月18日(土)17時10分13秒
返信・引用
  となると1号室の居住者は誰なのか、また2号室の山崎三郎(ふちの)とは存在しない、そして「2号の登記簿謄本を取り寄せ確認してみろ」 これは公開しているぞな、同居人ふちのの所有であるから、つまり山崎三郎とはお前ということだ。

山崎氏の戒名は知らないが、お二人さんは国道16号線近くの霊園だ。
その山崎氏の住民票の交付申請をしたのか?当然船橋からは該当者なしの回答だわなーwww
俺は死んだも同然の状態だが、まだ呼吸だけはしているwww
 

二重戸籍を認めた自称吉田卓朗

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年11月18日(土)17時06分26秒
返信・引用 編集済
  二重戸籍とは当に背乗り事件だな、すると一昨年の八王子簡裁での、元水戸地裁裁判長の犬飼裁判官の不可解な判決は、この隠蔽にあるかもな、しかし二審で覆された、こりゃ別記事で論証しなきゃならん、この手口を公益通報として提供せいや。  

お前は何を書いているかが全く分かっていない

 投稿者:ある善人より  投稿日:2017年11月18日(土)16時47分12秒
返信・引用
  つまり船橋に住民登録をしている吉田卓朗が牛久に居住している、だから自分の印鑑証明は取れる、しかし船橋市の調査では吉田卓朗は当該地の1号室に居住している、また牛久市の調査では吉田卓朗なる者の居住者はいない。

住民登録地が船橋では牛久に住民票の交付申請しても、牛久からの回答は「該当者なし」である。何故か?2重戸籍になるからさ。こんなことも分からねえのか白子www
 

証拠の捏造はやめなさい

 投稿者:ある善人より  投稿日:2017年11月18日(土)16時35分34秒
返信・引用
  糾弾掲示板のやり取り

背ノリだと、バカヤロー¡茨城の登記簿謄本を取り寄せ確認しろ!所有者は俺だ。

○○○ハイツ2号の所有者も俺だ。

裁判所に提出した白子の捏造証拠↓

背ノリだと、バカヤロー¡所有者は俺だ。

○○○ハイツ2号の所有者も俺だ。
 

Re: 俺が教えよう

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年11月18日(土)16時20分10秒
返信・引用 編集済
  > No.3751[元記事へ]

お前は船橋の戸籍謄本などと何を頓珍漢なことを言っているのか?↑
船橋で入手できるのは、住民票と印鑑証明さ、おまえはどこまで馬鹿なのかwww


つまり船橋に住民登録をしている吉田卓朗が牛久に居住している、だから自分の印鑑証明は取れる、しかし船橋市の調査では吉田卓朗は当該地の1号室に居住している、また牛久市の調査では吉田卓朗なる者の居住者はいない。

となると1号室の居住者は誰なのか、また2号室の山崎三郎(ふちの)とは存在しない、そして「2号の登記簿謄本を取り寄せ確認してみろ」 これは公開しているぞな、同居人ふちのの所有であるから、つまり山崎三郎とはお前ということだ。
 

Re: 事件屋の事件には必ず複数の事件作りがされる

 投稿者:ある善人より  投稿日:2017年11月18日(土)16時12分48秒
返信・引用
  > No.3750[元記事へ]

> 昨年末に自称吉田の居住調査に出掛けたが、着いたのが19時と暗く4室中に灯りが点いている4号室の方に「吉田卓朗さんはどの部屋ですか」とお尋ねしたところ、1号室(山崎三郎)だと言われた。
>
> 住民票の2号室でなく隅の1号室だという、その表札を写真に撮った、そしてネットでこの追及をしたところ、1・2号室が俺の所有だとネットで答えた、事件屋はことを起こすときには、必ず錯乱目的に複数の事件を作る、これがそれである。

1,2号室が俺の所有だとネットで答えた?糾弾掲示板か?裁判所に提出する証拠の捏造は止めなさい。↓

>背乗りする吉田の実態を調べるべく船橋に行った、しかし18時を過ぎて闇の中であり、当該のアパート4室の中で明かりついているお宅で、吉田卓朗の部屋を尋ねたところ端だという、

背ノリだと、バカヤロー¡茨城の登記簿謄本を取り寄せ確認しろ!所有者は俺だ。

>確か2号だが端に間違いないという、これを確認せずに写真を撮ったのがどうも間違っていた?  しかし当該のアパートには、牛久に居住する吉田卓朗は住んでいず、以下の考察をした。

船橋の○○○ハィツ2号の登記簿謄本を取り寄せ確認してみろ。

○○○ハイツ2号の所有者も俺だ。


 

Re: 俺が教えよう

 投稿者:ある善人より  投稿日:2017年11月18日(土)15時55分24秒
返信・引用
  > No.3748[元記事へ]

> 自称吉田の免許証には船橋の住所記載がされている、住民票に基づいた運転免許証だから、吉田は船橋の戸籍謄本の提出が出来ないとは何故か、しかし牛久の吉田卓朗の戸籍謄本は提出するという、このトリックを誰か教えて頂きたい。
>
> 12月19日の吉田訴訟の三回期には被告吉田は、牛久の吉田卓朗の戸籍謄本を提出すると法廷で述べた、裁判所は船橋の吉田卓朗の戸籍謄本の取り寄せをしている、吉田卓朗の牛久と船橋の戸籍謄本が法廷に出される、こりゃ地元の新聞社に傍聴依頼でもするかな。
>
おい白子!お前は船橋の戸籍謄本などと何を頓珍漢なことを言っているのか?↑

船橋で入手できるのは、住民票と印鑑証明さ、おまえはどこまで馬鹿なのかwww
 

事件屋の事件には必ず複数の事件作りがされる

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年11月18日(土)12時37分8秒
返信・引用 編集済
  昨年末に自称吉田の居住調査に出掛けたが、着いたのが19時と暗く4室中に灯りが点いている4号室の方に「吉田卓朗さんはどの部屋ですか」とお尋ねしたところ、1号室(山崎三郎)だと言われた。

住民票の2号室でなく隅の1号室だという、その表札を写真に撮った、そしてネットでこの追及をしたところ、1・2号室が俺の所有だとネットで答えた、事件屋はことを起こすときには、必ず錯乱目的に複数の事件を作る、これがそれである。
 

偽造署名した谷口功の怯え

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年11月17日(金)14時44分31秒
返信・引用 編集済
  先週に熊谷市役所の住民課に、谷口訴訟の当事者資格確認目的に、谷口健の住民票の交付申請をした、然るに本日も送られて来ない、前訴では何度も谷口功の住民票の件で、住民課と遣り取りをして、実際に訴訟提起となれば交付するとの書面が届いている。

事件屋の定義からすれば偽名の行使は筆頭に挙がる、前訴では谷口健が訴状・判決書の送達受領者である、谷口は答弁書で訴状は見ていず、裁判がされたこと自体知らないと述べている、判決書の送達も谷口健の偽造署名をしたのだろう。

しかし二次谷口訴訟の訴状送達の受領者署名は谷口功にした、また期日通知書の特別送達の受領者署名も谷口功である、特別送達郵便報告書は裁判所で保管される有印公文書となる、これに偽造署名をしたなら公文書偽造罪が成立する。
民事裁判どころではない。
 

このトリックをどなたかお教え戴きたい

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年11月17日(金)09時47分51秒
返信・引用 編集済
  自称吉田の免許証には船橋の住所記載がされている、住民票に基づいた運転免許証だから、吉田は船橋の戸籍謄本の提出が出来ないとは何故か、しかし牛久の吉田卓朗の戸籍謄本は提出するという、このトリックを誰か教えて頂きたい。

12月19日の吉田訴訟の三回期には被告吉田は、牛久の吉田卓朗の戸籍謄本を提出すると法廷で述べた、裁判所は船橋の吉田卓朗の戸籍謄本の取り寄せをしている、吉田卓朗の牛久と船橋の戸籍謄本が法廷に出される、こりゃ地元の新聞社に傍聴依頼でもするかな。

 

全ては原田國男憎しの訴訟沙汰

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年11月17日(金)05時04分56秒
返信・引用 編集済
  巫訴訟の被告答弁への反論書面作成に取り掛かるが、巫は原告が有罪判決を受けて、冤罪事件と言っているらしいことは知っていると述べているが、有罪でも実刑では天と地ほどに違う。

「初犯でしかも名誉毀損罪では執行猶予が付くから争うな」 この弁護人の指示から外に出て、誣告の証拠を揃えて、二人の虚偽告訴人を刑事告訴して控訴しようと考えた。

ところが懲役1年10月となり、この間に二人は雲隠れして現在まで所在は掴めない、この逃亡者二人と事後共犯者一人を何度も提訴するが、国選民事弁護人が所在を隠すか、裁判所が公示送達にして潰す、しかし弁護士を代理人にした民事判決では、「明らかな虚偽告訴事件」と裁判所は事実認定している。

この事実認定を新証拠に再審請求するも、民事裁判での「新証拠」は再審事由にならないと検察は認めない、虚偽告訴人の二人は逃亡をしている。

この事態に民事を担当をした赤沼・山西弁護士が沈黙しては八方塞がりである、だから実刑判決裁判官・原田國男憎しから、原田國男が野に放った保険金殺人犯北詰を追及している。
 

巫よ、今回の民事訴訟書面の公開をせよ

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年11月16日(木)20時01分11秒
返信・引用 編集済
  「事件屋巫グループの総体としての被告巫書面の公開」と題した記事は、立川検察庁に巫らを刑事告訴した後の一括公開とする、しかしこの巫訴訟の訴状等の書面は巫サイトで公開すべきだ、巫は他者の刑事開示記録を違法と認識して長年に亘り公然とネット公開している。
 

自称作家という谷口功

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年11月16日(木)08時34分2秒
返信・引用 編集済
  21日は二次田中訴訟、しかし被告田中の裁判拒否から附郵便送達となり即日結審となる。
28日は二次北詰訴訟だから、来週には答弁書と反訴状が届く見込み。
30日は二次谷口訴訟の二回期だから、被告の出廷が見込まれる。

谷口訴訟の争点である、前訴訴状・判決書の特別送達郵便の受取人は、同居する息子の谷口健、この主張に原告は谷口宅の居住調査をした、また熊谷市に対して、谷口健の住民票の交付申請をしているが、この回答が遅れている、たぶん谷口功の拒否からだろう。

被告谷口の準備書面2が届いた、この反論が妥当か否か、たぶん本日に届く熊谷市からの回答で解るなり。
 

自称吉田卓朗は脳障碍がある、組織の鉄砲玉か

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年11月15日(水)14時15分9秒
返信・引用 編集済
  昨日の吉田訴訟では懸案の、船橋市の吉田卓朗の戸籍謄本は提出されなかったが、裁判所がこれに職権で開示請求をする、これで閉廷したが動揺する吉田の様子から、遠路呼出された吉田に一杯呑んでゆかないかと声を掛けたところ、車で来たという、なら飯でも食おうと誘った。

そこで吉田は駐車場から車を出すと言うが、簡裁の広い駐車場には入れていなく、向かいのコイン駐車場に行った、しかし他者の車の施錠解除をして何か動揺して様子、近くの飲食店に入り何時ものチューハイを飲み、昼食前で腹が空いているという吉田には、タン麺を提供したが殆ど食べないで残した。

二昨年前の東京高裁の控え室での口喧嘩以来の再会に、こちらは酒が入っていることもあり、その後の動向を聞いたところ、意外にも応じて巫グループの話題にした、すると北詰・谷口・小川・巫らが共同告訴人となり、当方を刑事告訴する準備が出来ていると言う。

そして北詰については、北詰氏は頭脳明晰で検察・最高裁も北詰の存在に怖れて誰も北詰には手が出せない、彼は反権力の本物であり、その街宣演説は感銘すべき秀逸したものと北詰を絶賛する。

これには呆れたが、これが吉田の思考だとすると表情からも、前々から感じていた吉田の低知能ゆえの発言か、やはり吉田は脳に障碍あり、一連の背乗り事件は背後の指令から動く兵隊としての行動と思える。
 

二人の共犯者の存在

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年11月15日(水)13時19分12秒
返信・引用 編集済
  やはり1号室の山﨑三郎が、牛久に住み吉田卓朗を名乗っているのか、そうなると2号室の吉田卓朗は存在する、裁判所の請求から吉田卓朗の船橋の戸籍謄本が開示される、船橋の吉田卓朗の居住は確認できる。

従って、1号室の山﨑三郎が牛久の吉田卓朗に成りすましている、この吉田卓朗の戸籍謄本は取れるが、山﨑三郎本人が他人の戸籍謄本を取るとなると難しい、たぶん二人の兄弟もこの背乗り事件の共犯者だろう。
 

戸籍を改竄した?

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年11月15日(水)09時52分39秒
返信・引用 編集済
  吉田の免許証には船橋市の住所記載がされている、しかし定住地は牛久市であり、これだけでも事件性がある、やはり牛久の戸籍名吉田卓朗は船橋のスギヤであり、このスギヤが牛久の吉田卓朗に成り済まして住んでいる、だから牛久の吉田卓朗の戸籍謄本は取れるが、船橋の吉田卓朗の戸籍謄本は取れない。

母親の戸籍謄本から確認できるのは、牛久の吉田卓朗の生年月日、そして免許証から船橋の吉田卓朗の生年月日は同じ、どういうことかというと、牛久の吉田卓朗と船橋の吉田卓朗が入れ替わりが出来たのは、同じ生年月日の吉田卓朗とスギヤにある、またはどちらかが戸籍を改竄をしたのであろう。
 

牛久の戸籍謄本は提出するが、船橋の戸籍謄本は必要がないと主張する吉田卓朗

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年11月15日(水)07時55分42秒
返信・引用 編集済
  昨日の四次吉田訴訟は、定刻に被告吉田が相当数の書面を抱えて出廷、簡裁の職員一人が傍聴していた、そしてこれらの書面を手にして、裁判官だけには見せるが、原告には見せられないと間抜けな発言を繰り返す。

吉田は牛久の母親の戸籍謄本を見せた、確かに親子関係は確認できる、また見せた運転免許証は船橋の吉田卓朗の生年月日と写真は合っている、では何故に焦点である船橋の戸籍謄本を出せないのか? そして牛久の吉田卓朗の戸籍謄本を次回期に提出するという。

牛久の吉田卓朗の戸籍謄本は提出するが、船橋の吉田卓朗の戸籍謄本の提出は必要が無いと主張する被告吉田、 裁判官から「これは民事裁判であり、刑事裁判とは違う」と言われても吉田は食い下がる。

当事者主義が全く理解できない自称吉田に対して、裁判所は職権で自称吉田の戸籍謄本の開示を求める「文書送付嘱託申立書」が認められた、これに被告の背乗り疑惑が違っていたら謝ると発言した。 次回期は12月19日。
 

四次吉田訴訟の原告準備書面4 牛久背乗り事件

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年11月14日(火)09時35分2秒
返信・引用
  四次吉田訴訟の原告準備書面4 牛久背乗り事件
http://suihanmuzai.com/index5/171114.jpg.html
 

福祉ヤクザSSSと行政の闇 宿泊所設置運営指導指針

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年11月13日(月)14時03分43秒
返信・引用
  福祉ヤクザSSSと行政の闇 宿泊所設置運営指導指針
http://suihanmuzai.com/index5/171113.jpg.html
 

簡裁の書面陳述結審に対抗策としての請求の拡張 四次吉田訴訟

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年11月13日(月)07時55分14秒
返信・引用 編集済
  明日は四次吉田訴訟だが、自称吉田のいう登記簿謄本が読めないバカから、法務局の派遣職員をされていた方に、船橋の吉田卓朗所有の謄本を見て頂いたところ、これ程に所有者が変遷しているのは異常であり、この共同担保を取り寄せれば解ると進言された。

先ず原告要求に係る牛久の吉田卓朗の戸籍謄本を提出すれば決着をする、しかし先日に提出した請求の拡張での争点提起から明日の結審とはならない、簡裁だから一度も出廷せず、書面陳述だけで判決が出来るとは、巫の主張から知ったが、二回期は遠路の被告から、開廷は午後に設定してある
 

自称吉田の妻とは?

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年11月12日(日)05時06分44秒
返信・引用 編集済
  自称吉田は反論書面で「山﨑三郎」については不知としている、しかし山﨑三郎の一号室は俺の所有と述べている、昨年末の撮影直後に山﨑の妻の住民票交付申請をした、しかし該当者はいないのである、この点もどういうことなのかである。  

BS/CSの有料放送が、全て無料で見!-9?ωimu

 投稿者:ixtjdk59メール  投稿日:2017年11月11日(土)13時47分23秒
返信・引用
  ?8紫姿ゼ?
このカードさえあれば、「BS」+「110度CS」+「地デジ難視対策衛星放送」を全て無料で見ることが出来ます。
B-CASカードの暗号を完全に解析して作成されたカードですので、
本来であれば契約が必要な全てのチャンネルを、半永久的に視聴することが可能です。
もちろん、放送事業者との契約や、毎月の視聴料金の支払も必要ありません!
さらに!半永久的に使用が可能です。
使用方法は簡単。カードを挿し入れるだけです。
既存のB-CASカードから差し替えるだけで使用可能なので、特別な設定は一切必要ありません。
テレビの製造メーカー、モデル番号、機種、機器を問わず、最新テレビ内蔵型チューナーも全機種対応しており、
www.gamekaka.com

http://www.gamekaka.com/

 

福祉ヤクザSSSと行政の闇 2017年の現実

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年11月11日(土)13時34分17秒
返信・引用 編集済
  貧困ビジネスSSS訴訟から十年近くなる、三件共に判決は敗訴だが、目的の訴訟記録の公開で我が訴訟沙汰は、高アクセスからも社会承認されつつある。

福祉ヤクザSSSと行政の闇 2017年の現実
http://suihanmuzai.com/index5/171112.jpg.html
 

書面のネット公開から書記官に訂正連絡をした自称吉田

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年11月11日(土)08時10分24秒
返信・引用 編集済
  吉田と谷口の書面が届き、先ず吉田書面の反論書面をネット公開して簡裁にfaxした、暫くして簡裁から、吉田は登記簿謄本とあるのは、戸籍謄本の間違いと訂正する旨の連絡が入った、そこで急遽送った書面内容を訂正した書面を送った。

しかし原告の唯一の争点提起である「被告戸籍謄本の提出」 これを誤記として差換えすれば被告書面の文脈全体が意味不明となる、また送った書面を訂正してまたfaxした。

書記官から特別送達郵便の発送時間が迫っていると連絡が入っているものの、読み直してまた訂正書面を送った、書記官から不機嫌そうな電話が入り14時に郵便発送された。

吉田は書面を簡裁にfax送信している、しかし発信元を隠している、この為に民訴法で許されている原告被告双方の書面の交換が出来ない、これ自体が被告吉田が弁論を怖れている証左である、本日に厚めの特別送達郵便が牛久の自称吉田に届く。

これは巫掲示板上での昨年末からこの2月にかけての、明らかな犯罪行為を請求の拡張として申立したもので、この書面と同じ証拠で吉田卓朗の二件の虚偽告訴事件として、立川検察庁に来週に刑事告訴する。
 

四次吉田訴訟の原告準備書面3 牛久背乗り事件

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年11月10日(金)11時50分51秒
返信・引用 編集済
  四次吉田訴訟の原告準備書面3 牛久背乗り事件
http://suihanmuzai.com/index5/171110.jpg.html
 

悲願一日一万アクセス

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年11月 9日(木)06時35分40秒
返信・引用 編集済
  suihanmuzai・・この画像検索は大助かりだ、何しろ主な我が書面が一覧できる。
https://www.google.co.jp/search?q=suihanmuzai%E3%80%80%E7%94%BB%E5%83%8F&hl=ja&rlz=1T4PLXB_jaJP735JP735&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0ahUKEwi9oJex9a_XAhXBTbwKHW4oCKUQsAQIJQ&biw=1024&bih=557

憎き敵を討つには、散発的な切り込み・猪突猛進の万歳アタックでは、敵を利することになる、ここは準備万端して風を待つ臥薪嘗胆、そして機が到来となれば檄を飛ばして咆える、悲願一日一万アクセス。
 

北詰には及ばない大高の悪

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年11月 8日(水)12時41分9秒
返信・引用 編集済
  2チャンネル系は関心が無いが、北詰の件から斜め読みしたところ、巫グループの広告塔である大高が、「懸命に無実を訴える北詰を検察の手先になって偽証して陥れたのが大高正二」 また
七十歳の大高が 六十歳の女性(河野)に鼻の下のばして、 女性の六十歳の彼氏(北詰)を 陥れようとした。

また大高正二は、自分が逮捕された時に留置場で見た被疑者たちは 橋にも棒にもかからない連中だったから皆殺しにしろと言った。冤罪でも微罪でも殺せと言った。生きててもしょうがないから、 殺した方が世のため人のためだし、殺してやったほうが本人の ためだと言った。 これは巫組織の参謀である谷口功と全く同じ考えで、推定無罪の原則を否定する立場である。

大高は本当に権力の手先だったな。 裁判所前で冤罪事件の相談に乗ってやるふりをして 後から検察側証人になって嘘の証言をした、こうした意見が現在も続いている。

しかし真実は、北詰の資産家女性への恐喝事件に、巫ループの大高・橋本が刑事補償金目当に偽証をした、しかし偽証を悔いた大高の証言訂正申立に恐れを為した、確かに大高も相当なワルだが北詰には及ばない。

裁判所前の迷惑な老人たち
https://gatchan.live/cache/view/court/1347439341
 

北詰淳司の保険金殺人事件は事実である 反訴せよ

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年11月 8日(水)11時16分54秒
返信・引用
  北詰淳司の保険金殺人事件は事実である 反訴せよ
http://suihanmuzai.com/index5/171108.jpg.html
 

小川達夫の正体

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年11月 8日(水)10時16分52秒
返信・引用 編集済
  以下の情報提供されたが吉田も反論できず、小川事件の元支援者も同じ趣旨で小川を非難している、係属している吉田訴訟に反訴させるべくこの点を追加する。

柏市を戸籍改竄で民事訴訟をしていた元柏市議の小川達夫とその仲間のやはり詐欺師の吉田卓朗ってやつは、性質が悪いな。
小川達夫は生活保護を受け家賃2万円の市営アパートに住み、それでいて株式投資に嵌っている。生活保護受給者は株式投資なんかやってはいけないことになっているはず。

「柏市が戸籍改竄をして財産を乗っ取りに加担した」と主張しているが、実はまったくの嘘。実際は正当な相続で、小川達夫の祖父母の代に正当な相続をした結果で、小川達夫の取り分はないことになっているだけ。

吉田卓朗はさらにひどい詐欺師。こいつのことは、また後日に。お楽しみに。
 

訴状の受取拒否は擬制自白にならない?

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年11月 8日(水)08時15分18秒
返信・引用 編集済
  来週の火曜日14日は吉田訴訟の二回期、懸案の被告戸籍謄本の提出なるか否か、これで決まるが、それでは詰らない、自称吉田は本訴訟提起後に二度も行政に虚偽通報して、これに対して事情聴取調書が作成された、これは刑法の虚偽告訴罪を構成する、この加害行為を請求の拡張として追加する。

被告吉田・谷口・巫から答弁書は出たものの、まるで上水道に下水道を繋ぐ天に唾である、北詰は未だ答弁書が出せず、田中は前訴と同じく訴状の受取拒否から付郵便送達となる、しかし裁判所はこの擬制自白・認諾を事実認定して、訴訟費用程度の原告勝訴とする見込みなり。

田中の裁判忌避の意図は、刑事事件に発展する本件は黙秘することである、しかし北詰は今回の訴状を受領しており、これで答弁書を出さなければ、裁判所は田中のように欠席裁判として事実認定せず、擬制自白と見做して原告の勝訴となる。

もし巫グループが、本当に不正裁判の実態を訴えるのならば、 インターネットで徹底的に暴露されまくれば、すべてを抑えきることはできない。
 

(無題)

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年11月 6日(月)18時40分4秒
返信・引用 編集済
  サイトhm hm ふむふむ  映画のネタバレを主としたサイトがあり、これに「39 刑法第三十九条」の項に北詰事件を投稿した、映画「半落ち」等のシリアルものは好評だから、どうだろうか「仄めかし」と題した映画が製作されてもよかろう。
hm hm ふむふむ
http://hm-hm.net/suspense/39-%E5%88%91%E6%B3%95%E7%AC%AC%E4%B8%89%E5%8D%81%E4%B9%9D%E6%9D%A1
 

北詰淳司の保険金殺人事件は事実である

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年11月 6日(月)07時28分51秒
返信・引用 編集済
  殺人事件を自分ひとりだけでは抱えきれず他者に話してしまった、これがまさか漏れるとは考えもしなかった、それが八田秀子と出た恐怖に慄いている、訴状送達から一ヶ月、今月末には初口頭弁論が開かれる。

この争点は「北詰淳司の保険金殺人事件は事実である」 この一点のみで、この認否の答弁書が待たれます。
http://suihanmuzai.com/index5/170927.jpg.html

北詰淳司の保険金殺人事件は事実である
https://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&aq=hts&oq=&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4PLXB_jaJP735JP735&q=%e5%8c%97%e8%a9%b0%e6%b7%b3%e5%8f%b8%e3%81%ae%e4%bf%9d%e9%99%ba%e9%87%91%e6%ae%ba%e4%ba%ba%e4%ba%8b%e4%bb%b6%e3%81%af%e4%ba%8b%e5%ae%9f%e3%81%a7%e3%81%82%e3%82%8b
 

訂正

 投稿者:(^o^)  投稿日:2017年11月 5日(日)23時25分54秒
返信・引用
  文字化けしたので訂正しましたが、知能がイカれた犯罪者は強制収容所に閉じ込めて隔離するは必然と考えましたし、
ヒモとして遊興費を出させていたと言われる八田秀子についてと、政夫、陽、宗司と言った関係者との財産分解を巡る紛争が1つのポイントにたかまりつつあります
 

Re: (????)

 投稿者:(^o^)  投稿日:2017年11月 5日(日)15時37分5秒
返信・引用
  ?c?t???m?\????~??炸?A???c?G?q????????|?????????A?k?l?z??k?l???v????Y?????????????????o????K??????????邱??????v????????????????11??4????[??????  

郵便を操作する公安の仄めかしか

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年11月 5日(日)13時49分28秒
返信・引用 編集済
  公安警察の「ほのめかし」という手法は、「どこにいても監視されている」と 思わせることが目的だそうだ、この頃には小川らが事件屋とは知らなかった、、思うに小川らとの関係に警告する意味ではないだろうか。

郵便を操作する公安の仄めかしか
http://suihanmuzai.com/index5/171105.jpg.html
 

(無題)

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年11月 4日(土)13時44分27秒
返信・引用 編集済
  北詰の幼稚で知能の低さを示す例として、例の9人殺しの犯人姓が白石であることから当方の姓を白石にして騒いでいる。しかし巫が北詰を大詰と呼んでいるのは言い当てて妙なり。

自称吉田卓朗が四度の被告となる二回期は十日後に迫っている、今回は出廷せねばならず、このときに戸籍謄本が提出出来なければ原告の勝訴が確定する。
 

弁護士事務所からの誤請求から得た知識

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年11月 4日(土)12時22分3秒
返信・引用 編集済
  この春に、長年に契約している回線事業者から、安いOCNへの契約変更の勧めがあり4月に実行した、ところが余り支払い料金は変わらないところに、解約した筈のNTT分係る月々の支払い請求があり、不審ながら5・6月分を振り込んだ。

しかしその後も7・8月と続き、これに元の回線事業者に抗議、またNTTにも異議申立するも聞き入られず、とうとう「放置すれば訴訟提起の上、延滞損害金のみならず、訴訟費用が加算される」と弁護士事務所から督促状が届いた。

我が過去に、訴訟提起され被告になったのは離婚事件と、誣告者須崎から獄中に届いた損害賠償請求の二件、因みに離婚事件は辣腕弁護士が反訴して多額な和解金を勝取った、誣告者の自己競落に係る損害賠償請求は欠席裁判で敗訴が確定しているが、刑事の再審無罪で覆る。

今回の弁護士事務所からの被告席通告に対して、こちらが過払い請求できる側だと一喝した、これに過払いの意味が解っているのかと言うから、この請求は元の回線事業者がアカウントの二重契約をしていた故の誤りであり、4月に契約解除はされたが、元の回線事業者誤りからNTT分が残っての誤請求だと説明した。

結局は元の回線事業者の二重契約が判明したが、月々の請求書の内容を把握しなかった落ち度もあるが、二重契約に長年気付かなかった元の回線事業者の過払い請求は相当額になる、これはどうなるのか。

僅か二千円の請求でも訴訟提起をちらつかして回収する姿勢に感銘を受けた、こうなると自称田中洌や自称吉田の判決命令金の支払い拒否は、ご立派な訴訟対象になるのが解るな。  しかしアカウントが二つとは面妖だ、もしかして・・
 

(無題)

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年11月 4日(土)10時04分14秒
返信・引用 編集済
  巫と自称吉田の裁判書面の送付にFAX使用の意図は、以下の記事でも解るとおり指紋検出及びDNA鑑定にある

9人の切断遺体が遺棄された事件で、複数の女性の身分証明書やキャッシュカードが発見された。警視庁は、親族らからDNA試料の提出を受け、鑑定を進めている。
 

巫の主張に対する反論の趣旨

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年11月 4日(土)05時57分46秒
返信・引用 編集済
  三次巫訴訟の訴状の非公開から得た被告の本音
http://suihanmuzai.com/index5/171104.jpg.html

三次巫訴訟の争点は、坪井に始まる北詰・吉田の原告に関する投稿記事の内容は、真実・事実と受け止めて被告巫は六年間に亘り掲載し続けた。

この反論は、坪井・北詰・吉田、谷口の記事は原告の人権侵害・毀損を目的とした、個人情報の漏洩・プライバシー権侵害であり、反論防禦として北詰の保険金殺人、自称吉田のヤクザ歴・背の背乗り事件、小川の保険金殺人事件を慎重調査の上でネット告発しているのである。

北詰の保険金殺人は直接に告発者からの証言を得て、この裏付けとして何度も北詰に関する民事訴訟記録を東京地裁で閲覧、また北詰が公開していた刑事訴訟記録及び、北詰犯罪を告発しているブログからも、北詰の保険金殺人事件は事実であり、この犯罪告発は公共の利害に関する事実に関わるものとしてネット公開している。

自称吉田の事犯も同じく現地での調査や相手方の弁護士への問合せ、また土浦地裁での記録閲覧、牛久市役所での聞き取り、吉田の住民登録地の調査、及び謄本の取り寄せ、そして決定打となる被告吉田が立川支部に提出した、相続関係図や訴訟記録から判断しての背乗り事件告発である。

小川の保険金殺人についても、被告小川との係争の中で小川が提出した膨大な訴訟記録等の精査、また小川が送ってくる文書やFAX書面の内容から、二人を殺した小川の保険金殺人は事実と受け止めて、二次小川訴訟の訴状作成に取り組んでいる。

一連の事件屋訴訟と称した巫掲示板に起因する訴訟沙汰から、東京高裁は坪井の犯罪性を認めて判決は確定している、原告が主張する巫掲示板に群がる犯罪者への告発は、公共の利害に関する事実に関わる摘示であり、この証明としての三次巫訴訟である。
 

巫の主張書面に北詰・吉田は疑心暗鬼

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年11月 3日(金)20時12分44秒
返信・引用 編集済
  巫は嘗て刑事か民意裁判に当事者として関与したか否かは知らないが、巫のサイトには他者の刑事記録が公開されている、この事実だけでも逮捕される刑訴法違反である、我が一連の訴訟沙汰で始めて訴状のネット公開をしない三次巫訴訟、この意図は巫グループの各被告の審理に及ぼす影響と駆け引きからだ。

これが功を奏して自称吉田と北詰は策に窮している、また柏市戸籍改竄事件の黒幕の一人が、秋葉原の歯科医・小林であることを巫は暴露した、巫としては自分が助かりたい一心で、吐いたのが巫の準備書面である。

巫グループの訴訟は総て1係りであることから担当裁判官は同じ、だから初口頭弁論で裁判官は北詰・吉田等の名を口にした、これは事実上、各訴訟の弁論を併合したと同じ、巫が自分の主張書面を公開せねば北詰・吉田は疑心暗鬼となり寝首をかかれるぞな。
 

三次巫訴訟の訴状の非公開から得た被告の本音

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年11月 3日(金)14時25分30秒
返信・引用 編集済
  先日の三次巫訴訟の初口頭弁論で、裁判官は北詰云々と述べた、実は三回の被告巫の移送申立が先と、巫の答弁書は目を通していない、訴状が公開されていないからか、被告巫は事件経過については概ね事実を述べている。

この中で北詰と自称吉田の虚偽告訴(行政への虚偽通報)が記されており、これは係属中の二次北詰訴訟と、四次吉田訴訟の判決内容に係る被告巫の主張である、穿った見方をすれば、巫は北詰・吉田の刑事事件化を視野にした逃げに入っている。

巫は北詰・吉田・小川らの刑事事件化に恐れをなして、この保身から巫の準備書面には彼らの係わり合いを避ける趣旨の主張をしている。
この書面から、北詰と吉田が共謀した虚偽告訴事件を検察に刑事告訴できる、これも成果なり。
 

二次谷口訴訟 原告準備書面3・4

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年11月 2日(木)11時47分24秒
返信・引用 編集済
  二次谷口訴訟 原告準備書面3・4
http://suihanmuzai.com/index5/171102.jpg.html
 

姦計谷口功に60万の天誅

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年11月 2日(木)10時29分38秒
返信・引用 編集済
  二次谷口訴訟の初口頭弁論で裁判官から、再度に損害の項に対する主張の補充を言われた、慰謝料請求事件であるから、どのような損害を被ったか有形的に証明せねばならない、単に心的障害等ではダメだ。

我が再審事件の虚偽告訴人園田夫婦は、被告人の名誉毀損行為から緊急入院、また家族の緊急避難まででっち上げた、激越な被害者・処罰感情を検事に訴えた。

そうであれば検察・弁護人・裁判所は園田を法廷に立たせて尋問すべきだ、この反対尋問もせず証拠調べも偽造検事面前調書のみの有罪証拠で投獄した、係る怒り心頭は四半世紀近くなる。
 

(無題)

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年11月 1日(水)08時54分13秒
返信・引用 編集済
  上空にヘリコプターが数機が旋回している、こんなことを書けばガスライティングと呼ばれる被害妄想を起こしたといわれそうだが、数十メートル先には移転新築した八王子警察署がある。八王子駅周辺はジャンキーが多く全国的にも犯罪率が高く5位とか、元庁舎は繁華街近くで何かと都合が良かったのに。そういえば谷口宅も熊谷警察署の近くだったな。  

準備書面の送達にも特別送達郵便を使う不審

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年10月31日(火)18時15分35秒
返信・引用 編集済
  本日は三次巫訴訟の初口頭弁論、もちろん被告巫は欠席、裁判官は巫の移送申立を却下、巫の答弁書に対する反論書面の提出を求めて、次回期は12月5日の午後に決定した。

一回期を終えた、二次谷口訴訟の特別送達郵便報告書の謄写申請をしたところ二通ある、訴状を受理した裁判所は原告と期日調整をした上で、被告に対して訴状と期日通知書を特別送達郵便で郵送する、だから期日云々で被告が出廷できなくとも、答弁書を提出していれば被告の欠席は問題ない。

それが何故に特別送達郵便が二度もされたのか、書記官に理由を求めたところ、初口頭弁論に欠席した被告に対して、次回期日の通知に特別送達郵便を使用、この理由は被告谷口に送達された証拠立証目的だという。

これはおかしい、何故なら谷口は訴状を受理して答弁書は提出している、受取拒否はしていない、それなのに原告準備書面の被告への送達にも特別送達郵便を使うという、しかし原告が同意しなければ普通郵便でも構わないが、送達確認が出来なくともよいかと言う

前訴での受取人は谷口健、しかし今回の二通は谷口功が受領署名をしている、これだな。

前訴吉田・小川訴訟でも同じ手法が使われ、準備書面一枚を被告に送るにも高い郵券の特別送達郵便が使われて、予納した郵券がたちまち費消され、これに準備書面等は普通郵便を使うように上申書を提出した。

谷口はFAX使用での書面の送受信を拒否している、答弁書と判決書は特別送達郵便を使い、送達時に特別送達郵便報告書の受領欄に受取人が署名をする、そしてこの報告書は郵便認証司が作成して、発送元の裁判所に渡し記録保存される。

すると次回期の弁論期日通知や原告提出の書面まで、特別送達郵便を使うのは何故か、これは以前から考えているが、被告の刑事立証に向けた証拠保全ではないか、たから被告提出書面には書記官認証が散見される。

この思い込みから被告谷口への準備書面の送達には、高い高い特別送達郵便の使用に同意した、そして懸案の二次小川訴訟の訴状提出だが、思いの丈を余すことなく訴えようと本日の訴状提出は見送った。
 

柏市戸籍改竄事件はダミー 狙いは一億円の死亡保険金

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年10月30日(月)23時35分7秒
返信・引用 編集済
  捏造した相続関係図を基に裁判に掛けて資産簒奪をする、自称吉田の背乗り事件と共通する手口

柏市戸籍改竄事件はダミー 狙いは一億円の死亡保険金
http://suihanmuzai.com/index5/171031.jpg.html
 

(無題)

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年10月30日(月)15時28分36秒
返信・引用 編集済
  日本で唯一の冤罪事件専門誌冤罪Fileが発刊されて9年が経つ、しかし経営不振から出版元が変わり何度も休刊を繰り返している、やはり社会は冤罪事件等には関心が薄い。

10月7日に発売予定の「冤罪File No.29」につきまして諸般の事情により、発売中止となりました。発売をお待ちいただいていた読者の皆様へは大変ご迷惑をおかけいたします。
現在のところ、今後の発売予定の日時は決まっておりません。何卒、ご了承くださいませ。
 

/62