投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(6)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


発覚し易い保険金殺人事件が闇に葬られた手口

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 9月25日(月)21時50分19秒
返信・引用 編集済
  明日に提出する二次北詰訴訟の意図とは、北詰淳司が恩人である八田秀子さんを保険金目的で薬殺した事件を民事裁判で告発することにある、今までは殺人事件等には関心が無かったが、ここにきて動画から始めて知った「茨城上申書殺人事件」告発されていた3つの殺人事件の内、日立市ウォッカ事件が保険金殺人として刑事裁判となった。

小川達夫の二件の保険金殺人の背景を知る上で、また親殺しに至る過程・動機等は解り易い。
https://www.youtube.com/watch?v=RFi4E6v7_08
 

明日の簡裁法廷

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 9月25日(月)09時19分5秒
返信・引用 編集済
  明日の吉田訴訟の際に提出する二次北詰訴訟の訴状は、至って簡潔にしたく二枚を予定している、この争点提起は二点なり、おそらく答弁書で決着する筈だ。戸籍謄本持参で出廷する吉田が愉しみなり。

■支払い済みの敗訴金の領収書を渡せ、出来なければ債務は帳消し。
■被告の告訴事実である、北詰の保険殺人は事実である、この認否。
 

(無題)

 投稿者:cisyAliense  投稿日:2017年 9月24日(日)15時52分23秒
返信・引用
  Howdy! I realize this is type of off-topic yet I had might. Does click for info running a well-established blog including yours have a large amount of perform? I am new to running a blog however I actually do write in my diary everyday. I'd like to navigate to these guys commence a blog in order to share my own, personal experience along with feelings on the web. Please allow me to know for those who have any kind of concepts or strategies for new ambitious blog proprietors. Thankyou!

http://www.thenewjane.com/31c2a2914f18547ee85eee75ae81a4b0

 

事件屋巫組織の陰の立役者の名が挙がった

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 9月24日(日)07時38分48秒
返信・引用 編集済
  巫の準備書面1は、びっしりと9頁に及ぶ労作だが内容は公開にするに値しない戯れ文、巫自身のサイトで公開するかどうか見ものなり。
唯一に興味があるのは巻頭に、2009年4月頃から、小林昭彦氏の依頼を受けて、複数のウェーブサイトの開発の支援、指導を行っていた・・とある。

この小林昭彦(秋葉原の歯科医)とは、柏市戸籍改竄事件の仕掛人であり、小林の作戦に小川・吉田は従っていた、巫と小林と谷口、その外の黒幕が存在する、巫は吉田を卓朗ではなく卓郎としている、この偽名か通称の実態は明後日の四次吉田訴訟で解るだろう。

事件屋巫組織の陰の立役者の名が挙がった
http://suihanmuzai.com/index5/170924.jpg.html
 

(無題)

 投稿者:cisyAliense  投稿日:2017年 9月24日(日)05時45分45秒
返信・引用
  It is really a pleasant and helpful piece of data. I?

http://www.thetenthart.com/8feb8840ea40eda95522514abe9f036f

 

印章の真正に対する公衆の信用

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 9月23日(土)15時18分55秒
返信・引用 編集済
  昨日に巫が簡裁宛にfax送信している答弁書・準備書面を受領したが、これはfax書面であり”原本”ではない、だから押印の印影は検証できない、また偽装fax工作が出来る巫であるから、郵便のように消印スタンプ、また郵送経路の確認も出来ない。

この巫の書面が真正だとする書記官認証が裏面にされている、何年か前に裁判所は副本・正本の区別表示を止めた、これに代わり書記官認証がされている、この事態は印影の存在を隠す極めて由々しき問題である

印章偽造の罪(164条-168条)印章・署名の真正に対する公衆の信用に係る問題である、調べて追及する必要がある。
 

これだけでも淳司は起訴される

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 9月23日(土)08時45分41秒
返信・引用 編集済
  低脳チンピラ北詰の狂態 警察の返しは三倍増なり

読者から北詰の演説とはどんな内容なのか、この質問には以下の画像でも解る低脳チンピラの狂態、しかし警察やヤクザをおちょくると三倍増にして返される、これは我が体験からも実感している、必ず池上警察は復讐してくる。

傳田和弘署長が率いるヤクザな池上警察署!
https://www.youtube.com/watch?v=-KyamnQ-upQ

検察一体の原則から全国の検察官が考える起訴要件は同じ、淳司は高知県に限るケースと思っているが違う。
そういえば自称吉田は北詰を焚付けて検察庁前でも街宣をやらしていたな、どうだ、怖いだろうよ。
 

怯える巫グループ 事件屋の常套手段である移送申立

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 9月22日(金)09時52分35秒
返信・引用
  怯える巫グループ 事件屋の常套手段である移送申立
http://suihanmuzai.com/index5/170922.jpg.html
 

北詰淳司事件にトーンダウンした検察の弱腰の不審

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 9月22日(金)06時52分16秒
返信・引用 編集済
  アクセス数から北詰の殺人事件が大詰めになっていると思われるが、以下はアクセスが続く昨年1月の記事、この当時から新事実が明らかになり、改めて読むと北詰の逮捕は確実と思える。

思うに、木原智子という検察官は存在しないのではないか、2006年12月19日の検事面前調書作成検察官は寺尾智子、この調書が破棄されて、翌日の12月20日付けで作成された、検事面前調書の作成検察官は木原智子、一夜で寺尾姓が木原姓に変わった、まあ結婚して姓がが変わったとしても、一夜にして届けをしたのかな。

http://www.suihanmuzai.com/index2/160125.jpg.html
 

原告のリングは嫌だとごねる巫なり ★☆☆☆☆

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 9月21日(木)08時48分43秒
返信・引用 編集済
  四日ほど露営に行き留守をしていたところ、巫からの書面が簡裁に届いていた、またもや移送申立をしているにも関わらず、欠席する意思での答弁書・準備書面を提出しているとは巫らしい。

移送申立書等は書面一枚程度のもの、それが何と6枚も訳の解らない御託を並べている、これは明らかに不安解消であり窮地に陥っている、決められた12Pではなく9Pと小文字で読み辛く、これも精神状況が見て取れる、喜ばしい限りで慶賀である。
 

北詰の人殺しと小川の人殺しを提訴 反訴しなければアウト

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 9月21日(木)06時28分24秒
返信・引用 編集済
  北詰の人殺しと小川の人殺しを提訴 反訴しなければアウト
http://suihanmuzai.com/index5/170921.jpg.html

小川が被告になった十数年前の裁判で、代理人は結審後に準備書面を提出したと弁護士を非難している、しかし依頼人である小川の公文書偽造罪を避ける為の配慮である、これを法廷に提出したとなれば、小川は虚偽有印公文書作成で刑事訴追された。

また北詰も同じく、巫グループの橋本の証拠を国選が証拠提出しなかったと大騒ぎをしている、これは国選氏から「殴り掛かったのは河野氏では」と法廷で言われて、北詰はしどろもどろの混乱状態になっている、これも北詰の偽証共謀成立を防いでのこと。

26日の自称吉田訴訟の際に、三次小川訴訟の訴状と二次北詰訴訟の訴状を提出する、共に殺人疑惑を公開する内容であり、これに小川と北詰が反訴しなければ世間はアウトと見做すだろうな。
 

小川達夫の保険金目当ての二件の謀殺事件

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 9月17日(日)11時57分22秒
返信・引用 編集済
  小川の和解解決事件と類似した事件がある、某保険会社の勧誘員が、バイク新車の納車待ちをしている若者に保険勧誘をして契約に取り付けた、しかし若者はこの最初の保険料を支払わず、勧誘員は立替払いした、そして親に振込み依頼をして親は同意した、だが親は即時に振り込まず数日遅れて払い込んだ。

ところが若者は払い込みされる数日前に事故で死亡、これに親は支払い保険料は勧誘員が払い込み済みであるから保険契約は成立していると、死亡任意保険金三千万の支払いを保険会社に請求、これに保険会社は保険料が振り込まれたのは死亡後であると反訴した。

裁判所は反訴原告の保険会社に50万ほど支払わないかと和解提案、しかし原告の親は三千万が50万では余りにも少ないと蹴った、大半の民事裁判は和解で解決する、判決に至るのは少ない、結局は70万で双方が手を打った、この事件でも解るとおり小川の父親の交通事故死は不審があり、その後に小川は自作の偽造交通事故証明書を提出していることから、また当時の小川は事業破産状態であり、闇金融からも追われて左小指を詰めている、こうした事情からも切羽詰っての親殺しが疑われる。小川の場合は保険金一億円が、たった二百万で和解解決している。
 

二件の保険金殺人事件を提訴 反訴できるか小川達夫

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 9月17日(日)07時56分52秒
返信・引用 編集済
  小川達夫は小川達郎と名乗っていた、当初小川は同姓同名の者が戸籍に入り込み、土地を簒奪したと主張、この証拠として住民台帳の付票の”誤記”を挙げていた、しかしこの一字の誤記は住民票が改竄されたわけでなく、また印鑑証明等の発行にも問題はない、この点を立川支部の中山裁判官は指摘している。

小川の主張の変遷を辿れば、狙いの一億円の交通事故任意保険金に行き着く、すなわち小川は保険金殺人二件を起こしている、一件目は疑惑事件として発覚、二件目は走ってきたダンプに父親を突き飛ばしたが軽症で搬送、しかし不審死となり、この自賠責三千万余は支払われたが、任意保険からは二百万の和解金、これを一億出せと現在まで保険会社を強請っている。

小川は和解解決を隠していた、ばれるとこれは見舞金と誤魔化していた、自賠責全額が支給されたのは地元の有力者ゆえの力が働いたのだろうが、任意保険では裁判となり、”交通事故死”が疑われて、これに小川は僅か二百万の和解で解決した、つまり判決となれば小川の殺人事件が疑われる。

小川は前訴で犬飼裁判官に戸籍改竄事件を調べてくれと迫った、これを無視する裁判官に対して、俺の事件は大きいから裁判所は逃げると間抜けなことを言っているが、保険金目当てに二人を殺した被告小川達夫とまで訴訟に書かれてネット告発されては、反訴するするしかない、沈黙すれば認めたと世間は見做すなり。

小川達夫の保険金殺人疑惑 画像
https://www.google.co.jp/search?q=%E5%B0%8F%E5%B7%9D%E9%81%94%E5%A4%AB%E3%81%AE%E4%BF%9D%E9%99%BA%E9%87%91%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E7%96%91%E6%83%91+%E7%94%BB%E5%83%8F&hl=ja&rlz=1T4PLXB_jaJP735JP735&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0ahUKEwivy5Ko7arWAhXEULwKHZAoA14QsAQIJQ&biw=1024&bih=533

小川達夫の保険金殺人疑惑が再燃
http://suihanmuzai.com/index5/170712.jpg.html

以下は小川が提出した書面だが書記官の認証されている、つまり刑事証拠に援用する?
 

親殺しの小川達夫(達郎)の訴追に向けて

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 9月16日(土)17時25分40秒
返信・引用 編集済
  回顧するに柏市戸籍改竄事件の小川・吉田は、実に悪辣極まる人非人外道である、特に小川は現在も策謀を仕掛けて騙そうと企んでいる、小川の二人殺し疑惑、裁判調書の変造等、小川の悪行の数々を総て訴状にして公開したい。  

小川提訴で5件となる現在の我が公益訴訟

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 9月16日(土)05時27分18秒
返信・引用 編集済
  10日後の26日に背乗り吉田訴訟が開かれる、被告吉田は出廷はしないが戸籍謄本を提出すれば結審、しかし出せないとなれば裁判所は船橋市に交付申請して、二回期は開かれる、こんな裁判は好きだな。

三次小川訴訟も同じく簡潔な訴因で提訴する、小川は週刊相場情報掲示板を開設して、訴訟妨害目的に吉田に使わせた、この立証はプロバイダに開示請求すれば明かされるが、この手続きや印紙代が一万三千円と高い、印紙千円で済む小川提訴で解決できる、小川は同時に二つの掲示板を作っていた、この極悪人小川は現在尚にキーボードも打てないと惚けている。

連日に坪井事件記事にアクセスが続いている、たぶん近いな、それに続くのは北詰だな。
http://www.suihanmuzai.com/index5/170221.jpg.html

やっと二次谷口訴訟の期日が決まった、事件番号は(ハ)771号、10月19日、午前11時、この谷口には住民票の提出を求めている。第三次巫訴訟は(ハ)第897号、10月31日、午前11時30分。

二次田中訴訟は被告の訴状受取拒否から、付郵便送達となり、この調査報告書の提出から期日は10月17日に変更、二度もの訴訟に裁判拒否する田中には、訴額を上げる請求の拡張ををする、高額請求となれば仮執行を怖れて裁判に応じるだろうな。たぶん。
 

牛久背乗り事件訴訟 答弁書・原告準備書面(1)

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 9月15日(金)09時04分51秒
返信・引用
  自称吉田の戸籍謄本を開示せよ・・なんて訴訟は起こせないから、支払い拒否している5万円を訴因として提起した、これで訴えの利益はあり弁論は開かれる、これに想うのは「金持ち喧嘩せず」カネで済む話なら痛い腹を探られず恥をかくこともない、まあ瞬殺裁判になるかもな。

牛久背乗り事件訴訟 答弁書・原告準備書面(1)
http://suihanmuzai.com/index5/170914.jpg.html
 

牛久背乗り事件が民事裁判の俎上に載った

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 9月14日(木)06時21分52秒
返信・引用 編集済
  提出した答弁書の反証が余程に気になるのか、自称吉田は小川を使い様子見の電話を入れてきた、答弁書と題しているが認否の記載も無く相変わらず罵倒口調での落書きだ、要は背乗りを疑われているのだから、戸籍謄本一枚を提出すれば決着する訴訟だ。

それを自作の相続関係図がどうの、住民登録地の船橋に住んでいる等と、赤恥を更に曝す醜態に喝采をしている、取り敢えず昨日に再三の住民票交付申請を船橋市に送った、船橋市が言うには当該家屋には過去から吉田卓朗が居住している、牛久市が言うには当該地には住人はいない、一体にお前は誰なのかということだ。 029・875・1067
 

立川支部が平謝りする記録廃棄の不始末

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 9月13日(水)15時32分27秒
返信・引用
  立川支部が平謝りする記録廃棄の不始末
http://suihanmuzai.com/index5/170913.jpg.html
 

事件屋の本人訴訟支援事業

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 9月 9日(土)05時53分50秒
返信・引用 編集済
  昨日に第三次巫訴訟の訴状を提出した際に吉田の答弁書が渡された、認否の記載もない落書き故に突っ込み処ばかりで愉しみだが、一瞥して書記官に、巫訴訟と弁論の併合申立を考えていると述べたところ、戸惑っている様子であった、確かにこの吉田の反論では弁論が続かず一回期で結審となってしまう。

この理由とは、巫訴訟の訴状を吉田は見ていない、これを読めばこんな反論(嘘八百)は逆立ちしても書けない、そして面白いことに相続関係図と船橋の住民票を取り上げている、牛久市が当該の住人は居住しないという空家に・・まあここら辺のことは後ほどに書くことにする、今回の訴状公開は時機を見てのことにする。

一昨日昨日と通常の二倍のアクセス数があり、これは北詰の保険金殺人絡み、これが続くようなら事件化は近いだろう。
谷口訴訟は10月19日、附郵便送達となる田中訴訟は期日の変更で10月17日に決定、吉田訴訟は今月の26日なり

司法書士資格もない巫の本人訴訟支援事業は裁判所も注視しているだろう、今回の吉田の書面は確かに吉田の作成と解る。
事件屋の元締めは本人訴訟支援事業者
http://www.suihanmuzai.com/index4/161206.jpg.html

裁判正常化道志会・・この検索結果の上位に我がhp
https://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&aq=hts&oq=&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4PLXB_jaJP735JP735&q=%e8%a3%81%e5%88%a4%e6%ad%a3%e5%b8%b8%e5%8c%96%e9%81%93%e5%bf%97%e4%bc%9a

巫の本人訴訟支援事業を指して被災後のホームセンターとは言い合えて妙なり
 

(無題)

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 9月 8日(金)05時25分44秒
返信・引用
  昨日は郵便URLにドイツからのアクセスが集中した
http://ipaddress.is/136.243.89.4#.WbGpmFIUm1s
 

背乗り容疑で尻に火が付き、訴状送達を拒否しなかった自称吉田

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 9月 7日(木)11時43分42秒
返信・引用 編集済
  簡裁から吉田訴訟の答弁書が届いていると連絡があった、戸籍謄本の開示という事態に今回は受取拒否はしなかったが、これで明日に提出する三次巫訴訟は、吉田訴訟と弁論の併合をすべきと主張が出来る、遅れていた巫訴訟の提起だが幸先は頗る宜しい。これでは吉田は反訴せざるを得ないだろうな。  

事件屋掲示板が登録制とは 危急存亡の巫グループ

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 9月 7日(木)10時08分56秒
返信・引用 編集済
  裁判正常化道志会に関連する検索キーワードに司法の崩壊が挙がっているが、先月末に裁判司法討論板と称した新掲示板を開設、しかし投稿者は谷口のみで巫と掛け合いの茶番投稿をしている。

現在の裁判正常化道志会の検索結果
https://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&aq=hts&oq=&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4PLXB_jaJP735JP735&q=%e8%a3%81%e5%88%a4%e6%ad%a3%e5%b8%b8%e5%8c%96%e9%81%93%e5%bf%97%e4%bc%9a

巫グループ付属掲示板の偽装メールフォーム
http://suihanmuzai.com/index3/151006.jpg.html

今回に巫掲示板は登録制にしたが、これでは怖い事件屋の個人情報収集から誰も寄り付かないだろう、如何なる発言も弁論と主張する巫ゆえに、これは事実上の掲示板の閉鎖であろう。
 

訟務官の人数に騙された北詰の訴訟沙汰

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 9月 6日(水)15時23分4秒
返信・引用 編集済
  本人訴訟で北詰は国賠訴訟を提起した、一審は却下となり北詰は控訴した、この控訴審では国側の訟務官は何と7人も付いた、これに北詰は鼻高々となり、控訴審で差戻し判決を勝取ったと大騒ぎした、確かに訟務官の数からいえば相当な争いかと思わせる、しかし北詰の言うことだから信じはしない。

高裁の差戻の理由は、一応は原告の主張立証に基づいた訴訟提起だから、一概に訴え自体が失効とした地裁判決は再審理せよであるが、北詰はこの地裁判決を公開せず隠している、こうした都合の良い一部を見せて肝心の確定判決書を見せない、これが裁判司法云々とは笑わせる。後日に全文公開なり。
 

(無題)

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 9月 6日(水)10時06分55秒
返信・引用 編集済
  二次田中訴訟の訴状送達は受取拒否から、またも田中宅に出向いて居住調査報告書を作成、また住民票の交付申請をして附郵便上申書の提出をする、自称吉田の方は訴状送達された、また谷口訴訟は事件番号771号と決まっているが、期日は決まらず補正命令で潰される余地があるから、この対抗策として主張の補強とする準備書面1を提出する。

因みに、裁判所から田中宅に電話をして居住確認すれば済む話ではないかと書記官に問うと、訴状送達の段階では出来ないと言う、再度の特別送達郵便を送ると言うので、高い郵券を使っても田中は徹頭徹尾、裁判拒否しているのだから止めてよと伝えた。

一昨日に立川支部の記録保管の書記官から電話があった、まさかのことだが面倒なことになった。
 

同一内容の三件の訴状に対して裁判所の判断は

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 9月 6日(水)05時57分58秒
返信・引用 編集済
  刑事記録の不正使用・・この検索ロゴが注目されている、刑事開示証拠を民事裁判に援用するのは禁止されている筈だ、しかし北詰が提訴した大高・国・河野を被告とした訴訟の原告提出証拠は、確定している無罪事件の刑事書面である。

三者に対する訴状の内容は同じ、ただ被告名を変えただけのものであるから、裁判官の裁量が入る余地はなく棄却・却下となる。

大高・国への提訴は、When、Where、Who、What、Why、How、この立証をせよと補正命令がされた。

これに北詰は補正不能で大高訴訟は門前払い、しかし国相手では地裁は却下判決をした、北詰は控訴をしたところ高裁は一審差戻しをした、これに北詰は高裁の差戻しを勝取ったと騒いだ、不審に思い調べたところ、やはり補正不能で民訴法140条で門前払いにせよである。

同じ三件の訴状で河野訴訟は補正命令がなく、弁論が開かれて判決がされた、この審理で被告河野も援用が禁止されている刑事開示証拠を提出している、そこで何度もの記録のメモ録りをして公開してきた。

しかし判決書全文の書き写しには至っていないが、巫グループの偽証の実態が明らかになり、同一訴状に対する裁判所の判断とする被告国の判決書を公開してみよう。

検察・裁判所が怖れた刑事記録の不正使用事件
http://suihanmuzai.com/index5/170413.jpg.html

ドイツのアノニマスから郵便URLにアクセスが続いた
https://www.abuseipdb.com/check/136.243.36.93
 

ごねる鬼畜北詰淳司に家主の衰弱死

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 9月 5日(火)06時19分49秒
返信・引用 編集済
  家賃を滞納した善良な賃借人といえない借家人相手に家主は訴訟を提起した、被告北詰は共産党系の法律事務所に助けを求めて代理人委任をした。
代理人はたぶん反訴をしたのか勝訴的和解を勝取った、しかし北詰はこの成功報酬も踏み倒して、現在尚にこの法律事務所前で悪罵罵倒の街宣を行っている、このモンスター事件屋を何時まで放置するのか。

ごねる鬼畜北詰淳司に家主の衰弱死
http://suihanmuzai.com/index5/170905.jpg.html
 

こんな怖ろしい男に部屋を貸した家主の怯え

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 9月 4日(月)10時42分0秒
返信・引用 編集済
  北詰には恥という概念が全くなく、他者の存在を否定して自分の名前を売ることが勝負と述べている、これがサイコパスたる所以であるが、以下の記事は二年半前の作成、保険金目当ての北詰の殺人事件が明らかになった現在に、改めて読むと納得する北詰の怖ろしさである。

この家主さんの息子は公務員であり、北詰は職場まで押掛けて街宣で脅していた、こうした事態に家主さんは衰弱死している。
これら事件屋北詰の正体を息子さんに手紙にして送った、この当時は北詰が殺人まで手を染めているとは思わず、控え目な内容でのネット告発だったが、更に掘り下げた北詰の悪行の数々を公開したい。
 

十数年前の北詰淳司の毒殺疑惑事件の解決なるか

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 9月 3日(日)06時01分35秒
返信・引用 編集済
  二ヶ月前に北詰は「もはや告訴状の書式が出来た、来週に池上警察に刑事告訴する」と息巻いていたが、その後は告訴云々には触れず立ち消えになった、昨日の13年前の女子大生殺人事件の解決に、よくやった茨城県警と賞賛の声が上がっている、これに続くか池上警察署。

「事件に関与」周囲に=逮捕の比人容疑者ら―情報提供、逮捕に・茨城女子大生殺害
当時に同じく北詰も、保険金目当ての殺人を仄めかしている。

北詰淳司の保険金殺人事件の真相に迫る捜査の手
http://suihanmuzai.com/index5/170810.jpg.html
 

法務当局からプロバイダに遂犯無罪の投稿規制指令がされている

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 9月 2日(土)15時54分18秒
返信・引用 編集済
  始めて2チャンネルとやらに投稿しようとした、しかし何と投稿規制されている、どうもヤフーも同じだ、以下の表示から、プロバイダであるGMO・ロリポップが規制しているらしい、つまり法務当局からの指令、この規制がされたのは8年前ぐらい前からだろう

13年前の女子大生殺害 男逮捕、13年前とは北詰の殺人事件と同じ頃だ、この検索でご覧ください。
「北詰淳司の保険金殺人事件の真相に迫る捜査の手」


2CH掲示板
https://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1504334238/l50
ヤフー掲示板
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6252689

お使いのプロバイダさんが、原因となった人に対応するまで規制は続きます。個別の対応・進展については、プロバイダさんへお尋ねください。

こうしたことから思い出すのは阿修羅掲示板での投稿ブロック、このときに小川吉田は柏市戸籍改竄事件の宣伝目的に、我がHpのURLの記事を阿修羅掲示板に連続投稿、この荒らし行為から我が投稿が規制されたと小川を提訴した。

これに中山裁判官は、阿修羅掲示板の投稿規制に因り、如何なる不利益が生じたのかと初口頭弁論で質問した、これには窮してこの争点は取り下げるしかないと観念、残る不実告知に基づく不法行為と弱々しい争点では即時に却下かと観念した、ところが中山裁判官は、二回期では、三回期では・・と相当な回期を予定していると述べた、これに小川も驚いた様子をしていた。

一般に裁判官は訴状一本を読んで勝ち負け筋を決める、小川訴訟の原告主張は脆弱なものだが、法務当局の長年の懸案である、柏市戸籍改竄事件の当事者が被告になった、この機会に裁判所は審理を進行させて、この中で被告小川の反論書面収集を意図した、これに小川は早くも二回期で他者が作成した小川書面を提出して、更に秘匿していた内部資料や訴訟記録等を多数提出した。

これにしてやったりの中山裁判官は、三回期で結審して判決は、柏市戸籍改竄事件は、親族間の家事調停事件と簡単に片付けてしまった、やはり裁判官とは強かで頭が良い。

先月に阿修羅掲示板に対して、未だに投稿拒否を続ける理由とは何かと問い合わせた、しかし嘗て我がIPアドレスをブロックした事実はないと回答があった。

 

北詰逆転無罪事件は巫グループの組織的偽証事件

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 9月 2日(土)05時42分23秒
返信・引用 編集済
  北詰逆転無罪事件の最後のピースである弁第8号証にアクセスが集中した、そして谷口訴訟の訴状提出から一月、未だに訴状送達に至っていない、前訴と同じく裁判所は足踏み状態とは、やはり巫グループの組織犯罪としての北詰逆転無罪事件であろう。一大司法妨害事件として摘発されるだろう。

北詰の逆転無罪判決から8年が過ぎて刑事時効は完成している、しかし巫グループの組織犯罪として、吉田訴訟・小川訴訟の書面の有形偽造は継続犯罪として時効問題はない、だから吉田の裁判書面には書記官認証がされて、準備書面でありながら特別送達郵便が使われた、特別送達郵便は郵便認証司による報告書が作成される。

巫グループの組織的刑事偽証事件
http://suihanmuzai.com/index5/170427.jpg.html
 

(無題)

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 9月 1日(金)14時59分51秒
返信・引用
  何故に判決謄本を渡さないのか・・この7年前のURLにアクセスが続いている、これは何かあるな。
http://shizensou.org/100728.jpg.html
 

弁護人が不同意にした巫グループ橋本証人の偽証の証拠

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 9月 1日(金)07時14分56秒
返信・引用 編集済
  読者の方から弁8号証があれば見たいと連絡を戴いた、そこで探したら保存されていた、やはり巫グループの橋本の偽証・偽造メモに基づく被告人北詰の悪足掻きと見て取れる。。事件発生の5日後に逮捕に備えた捏造証拠の作成がされていた。

罪体は恐喝傷害罪であるべきところ、弁護人の働きで傷害罪となった、これに橋本と共謀した偽証の事実が追起訴されるのを避けるべく、橋本の法廷での偽証と捏造メモの証拠である、弁第8号証を不同意にした、この温情が解らない北詰は弁護士犯罪と騒いでいるが、被告人の利益を護る弁護士の鏡というべき国選氏である

弁護人が不同意にした巫グループ橋本証人の偽証の証拠
http://suihanmuzai.com/index5/170901.jpg.html
 

監視されていた柏市戸籍改竄事件

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 8月31日(木)19時19分21秒
返信・引用 編集済
  自称吉田卓朗とのメール交換で未来時間の表示がされたり、電話にノイズが入ったりして吉田が監視されていると考えた、この不気味さと怯える吉田に不審を覚えて、柏市戸籍改竄事件資料を精読した、そして事件屋と知った。

以下の評論者は、満期出獄して誣告者らを提訴した裁判の原告代理人の所属法律事務所の所長、判決後に何故か担当した二人の弁護士が、この事務所を退所して独立した、何か釈然としなかったが、この理由は国民救援会絡みと理解・期待している。
 

北詰の心臓疾病は本当か 病症者を偽る事件屋の実態

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 8月31日(木)14時37分59秒
返信・引用 編集済
  立川支部に移送された北詰訴訟、二回の訴状送達の受取拒否をした北詰は、三村裁判官に向かい最終的には訴状を受理をしたが、この中に原告の証拠説明書がなく、手続き違背で訴訟は無効と述べた、これに担当書記官は発言しようとしたが裁判官が制止、訴状は受取っているのですねと念を押した、証拠説明書云々を言う北詰だが、自分はこの証拠説明書が出せず結審当日にやっと出した。

これに連想するのは北詰は、病弱を理由に東京地裁に事件移送の申立をした、しかしあの銅鑼声からとても心臓が弱いとは思えない、また刑事裁判でも窮地となると心臓云々を言い出す、もしかしたら40年前の心臓手術とは嘘ではないか、この質問を北詰にしている。

淳司よ、お前は数十年昔の心臓手術を理由に身体障害者申告をして、現在までこの恩恵を受けているのではないか、またパイパス手術とは本当か、詐病ではないか、答えよ。

橋の下のホームレス坪井隆作は、”加害者”の大学生を700mも全力疾走で追いかけ捕まえている、この元気者坪井だが病症を理由に公的保護を受けて住居も有った、このダチである北詰だから有り得る疑いだ。
 

最新の判決例から巫を提訴

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 8月31日(木)08時46分41秒
返信・引用 編集済
  SNSでなりすまし、他人を罵倒 名誉権侵害で賠償命令・・掲示板に「お前の性格の醜さは、みなが知った事だろう」などと罵倒する内容の書き込みをした。
http://www.asahi.com/articles/ASK8Z56D7K8ZPTIL00K.html

自称吉田卓朗は北京屋と称して巫掲示板で執拗に、実名を挙げて訴訟詐欺・公金詐欺者と罵倒、更に虚偽告訴までして事情聴取まで受けた、これらを掲示板の管理者である巫への提訴とするが、この裁判例から背中を押された。

我がヤフーブログのアカウントが坪井・北詰に乗っ取られて、安さんのブログに成り済まし投稿された事実は、サイバー警察のガサ入れで証明された、そして今尚、この痕跡としてわが生年月日変造されており、これを自称吉田に伝わっている。

北詰の八田秀子殺しをネット告発して2年余、これに北詰は何らの抗議もしないが、アカウント乗っ取りについても同じく反論が出来ない、どうもこのアカウント乗っ取りは坪井の仕業だろう。

坪井の告訴から朝霞警察で弁解録取書作成がされたが、容疑事実とは坪井をサイコパスとネットで流しているのは名誉毀損に該当する、この告訴状も見せられた、しかし先の池上警察での北詰の場合は「告訴事実は今は言えない」こうした事案は生活安全課が担当して、先ずに記事の消去なりの警告がある、それをいきなり逮捕とは解せず、しかも担当は組織犯罪課である、近時、サイコパスへの関心が高まって出版本も多い。

身近にいるサイコパスの見極め方
http://news.livedoor.com/article/detail/13542859/
 

警察を虚仮にすると怖ろしい現実

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 8月30日(水)09時44分1秒
返信・引用 編集済
  淳司は警察検察をおちょくり悦に入っているが、この返しは怖ろしいものがある、我が事件は詐欺女に起因する痴話喧嘩だが、これに警察関係者が介在しての職務違反行為に対して、二年近く警察への抗議行動をしていた、もちろん淳司が如き街宣等ではなく、投函ビラ攻勢と頻繁の出入国の繰り返しのゲリラ戦術であった。

逮捕要件を欠いた民事紛争の類だから警察もお手上げ、そこで警視庁の公安課長が出向して捜査を指揮、ガサ入れをしてこの押収品の工作をした、この証拠の操作が現在まで続く未解決事件の基因となっている、ようやく淳司も気付いたであろうが保険金殺人では極刑か無期しかない。

押収品の工作をした八王子警察と公安課長
http://suihanmuzai.com/091110.jpg.html
 

低脳チンピラ北詰の狂態 警察の返しは三倍増なり

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 8月29日(火)21時23分31秒
返信・引用 編集済
  読者から北詰の演説とはどんな内容なのか、この質問には以下の画像でも解る低脳チンピラの狂態、しかし警察やヤクザをおちょくると三倍増にして返される、これは我が体験からも実感している、必ず池上警察は復讐してくる。

傳田和弘署長が率いるヤクザな池上警察署!
https://www.youtube.com/watch?v=-KyamnQ-upQ
 

北詰の告訴から送検されたのは三人

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 8月29日(火)18時29分44秒
返信・引用 編集済
  北詰が盛んにネット中傷している、河野洋子氏・笠原光江氏を検索をしたが全くヒットしない、しかし安淳徳氏は北詰に対して抗議するブログを開設しており検索結果にでる、この三女性は北詰から名誉毀損容疑で、池上警察署に刑事告訴されて、笠原氏と安氏は送検されて不起訴処分となった。

この三人の中で笠原氏は北詰でなく、送検した池上警察署を提訴している、北詰の殺人疑惑が確かとなった現在、この判決書を再読してみよう。http://www.patent-eco.net/meiyo-hannketsu.pdf

一般に名誉毀損事件等は民事に訴えよと警察は相手にしない、北詰のような自尊心が損なわれた悪口を言われた等の、告訴を受理したら大変なことになる。
 

やはり北詰は痴呆を装って無罪を勝取っていた

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 8月29日(火)16時21分59秒
返信・引用 編集済
  北詰淳司を知る平野社長曰く「北詰はとんでもなく頭の良い男」北詰の正体を探るべく河野氏が訪ねた平野社長はこう言い放ったという、これは揶揄ではあるが、逆転無罪判決をした原田裁判長は、免責を狙っての北詰の頓珍漢の答弁から、刑法第39条を適用して訴訟能力なしとした疑いがある。

本日のニュースに、埼玉少女誘拐 「森の妖精です…今なら増量です」寺内樺風被告が奇声、判決公判休廷
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6252223

7月に開かれた論告求刑公判の最後で、寺内被告が「おなかがすきました」などと発言したことについて「現実の法廷を認めたくないからだ」とした。

その上で、不規則発言を繰り返したのは「厳粛な法廷に座らされ、精神的に不安定になるけど逃げ出せない状態にあるからだ」。そのため「精神障害でなく、障害のない人でもなることがある一過性のパニック状態だ」とした。
 

千葉地検と東京地検の検察一体の捜査がされている八田秀子殺し事件

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 8月29日(火)12時38分0秒
返信・引用 編集済
  北詰から提訴された河野氏から、ニ昨年春ごろに北詰の悪辣振りを伝える電話が執拗に入りうんざりした、この話の中で北詰が毒殺した女性は八田秀子と述べた、どうしてこんな重大な事実を北詰が他人に漏らしたのか、それは結婚を約束した気の緩みで寝物語で話したのだろう。

そして河野氏は、我が指摘をした刑事判決書の裁判官署名押印について千葉検察庁に連絡をした上で、検察官から判決原本を見せて貰い、手元の判決謄本と同じであることを確認、しかし北詰が民事に提出した判決謄本の裁判官名は記名であり押印はない、これの不審を検事に話している。

こうした経過から、河野氏は北詰が提訴した民事裁判記録の謄写委任状を拒否、固定・携帯の番号も変えて接触を拒んでいる、北詰が何ら抗弁が出来ない八田秀子殺し事件の時効完成はない。
 

名誉毀損事件に強行犯係が担当した坪井北詰事件

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 8月29日(火)10時06分18秒
返信・引用 編集済
  天候不順から遅れていた露営に出掛けたものの、目当ての温泉は緊急工事で休業、仕方なくテントを設営して急遽に帰宅、第三次巫訴訟の訴状を提出してから戻ることにした。

坪井から始まる一連の訴訟の事件原因の核は巫である、これは当局も同じかと、巫の存在が無かったら坪井・北詰・小川・吉田・谷口らの訴訟は簡単に片付いていた。

北詰と坪井の虚偽告訴から家宅捜索が入ったが、この”逮捕事実”とは名誉毀損である、ところが捜査を担当したのは強行犯係である。
 

北詰淳司事件は凶悪犯罪や強行事件を扱う強行犯係

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 8月27日(日)12時15分36秒
返信・引用 編集済
  凶悪犯罪や強行事件を扱うのは強行犯係と暴力犯係、北詰事件はこの強行犯係が担当している、司法解剖には通常その事件を扱っている警察署の刑事課長 (警部~警視) や強行犯係長 (警部補) が立ち会う。大事件だと検視官も立ち会う。

強行花見と書いてある、この書面の内容は今は言えない。
 

(無題)

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 8月27日(日)11時30分50秒
返信・引用 編集済
  巫掲示板の閉鎖はリニューアルと称しているが、これは小川達夫及び北詰の投稿阻止にある、弱みを握られている巫は北詰の存在が怖く、また小川吉田にも同じく脅威を感じている、そこでリニューアルとして会員制掲示板を開設、此処で谷口とのかけ合い放談を興じている、この様子からも巫グループに迫る摘発が窺い知れる。
さて明日からは悪しきネット環境から離れて、温泉・涼風・露営なり。
 

逮捕事件と言わない池上警察署の逮捕事件

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 8月27日(日)09時10分31秒
返信・引用 編集済
  池上警察刑事課からの呼び出しに応じたが、このときに「身上調査書」が作成された、この内容は、調書形式で作る履歴書のようなものであり、生まれた場所はどこで、どんな幼少期を送り、どんな学校を出て、どんな仕事をしてきたかといった、履歴書に書くような内容を供述形式で作った調書である。

そして刑事は、「ベンロクを作ります」、この意味が判らなかったが後日に 弁解録取書の隠語と知った、そして最後に身体特徴を記録、いわゆるマグショットと呼ばれる、逮捕後に撮影される人物写真に手足の指紋、そしてDNA採取、以上からも逮捕後の刑事手続きである。
しかし一言も「逮捕」なる言辞がなく、北詰事件摘発への協力行為と考えてきたが、書類送検されて起訴猶予という重い処分となった本件は、刑事手続き上見紛うことなく逮捕事件である。


これでも解るとおり、北詰の死んだ女房の保険金記事を警察は告訴事実とした、この告訴受理に有頂天となった北詰だが、今頃になりハタと警察に嵌められたと気付いたが時遅し。

更に坪井との共謀も成立して、逮捕事件となった坪井北詰の虚偽告訴事件、これを検察庁立川支部に刑事告訴する、逮捕事件となった二件を立川検察庁は「犯罪を構成しない」とは出来ない。
 

吉田の戸籍謄本交付に関心が高まる法務省の見解

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 8月27日(日)08時23分18秒
返信・引用 編集済
  本日のニュースに、戸籍謄本の公開に関する法務省の見解と職権行使が報じられている、この件は壬申戸籍の取り扱いに対しての処置だが、我が訴状での自称吉田の戸籍謄本の交付についても同じ扱いと見られる、先の巫の住民票のネット公開は法務局の判断での削除要請だろう。

法務省は「個人情報である戸籍の取り扱いには留意すべきであり、特に壬申戸籍に関する事案については、今後も厳正に対処したい」としている。
「プライバシー保護の観点から問題がある」などとして、サイトを運営するヤフーに取引を中止し、文書の画像を削除するよう要請した。
 

殺人犯北詰の告訴から被疑者調書録取に感謝した池上警察署

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 8月26日(土)09時40分0秒
返信・引用 編集済
  殺人犯北詰の告訴から被疑者調書録取に感謝した池上警察署
http://suihanmuzai.com/index5/170826.jpg.html
マニラ保険金殺人死刑判決
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170825-00050087-yom-soci
 

送検調書作成に感謝した池上警察署

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 8月26日(土)06時58分15秒
返信・引用 編集済
  北詰の逮捕から始まる、坪井・巫・吉田・谷口・小川と芋蔓式に巫グループの組織犯罪の摘発となる、この中で先ずに沈黙したのは坪井、そして自称吉田に続いて巫の掲示板閉鎖、また谷口も訴状送達に息を殺している、これに落ち着かない小川は策略文書を送って来る、中核派田中は巫グループ絡みでなく公安事件として挙げられる。

北詰の殺人容疑から、巫グループの組織犯罪は共謀罪適用事件として解り易い、やはり捜査は遠い処から鎖を切って来た、池上警察から感謝された理由が解る北詰の街宣、やはり池上警察から殺人容疑を掛けられていた

2012/06/10 に公開
https://www.youtube.com/watch?v=AtBfICBEpnY

2014/08/12(火) 22:18:42.18

池上駅前で街頭演説
https://www.youtube.com/watch?v=1W6yUlj6FqA

 

第四次再審請求の三者協議は対席対決としたい

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 8月25日(金)14時40分40秒
返信・引用 編集済
  過去三回、東京高裁刑事部に再審請求申立をした、この受理はされて書面での三者協議が行われた、申立人は検察が握っている新証拠を開示せよと主張した、これに裁判所は申立人・検察の書面から再審は認めないと判断した。

しかしである、検察側の証拠の開示を拒否した書面は三回共に見せて貰えない、これでは何が問題なのか皆目に解らない、三者協議は何回も回数を重ねて協議するという、弁護士でなくとも当事者の再審請求は認められている。

こうした閉塞情況に、少々の社会公益と鬱憤晴らしに、事件屋共に噛み付きアクセス維持をしているが、事件の発端である詐欺者須崎の偽装失踪から四半世紀となる、第四次再審請求は立川支部に提出して三者協議は書面でなく対席しての主張としたい。
 

巫・北詰事件のキーマン谷口の出廷に悩む裁判所

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 8月24日(木)19時43分20秒
返信・引用 編集済
  二次田中洌訴訟は10月3日の初口頭弁論が決まった、既に四次吉田訴訟は9月26日であり訴状送達も終えているが、二次谷口訴訟の期日は未だ未定、何故か、それは以下の熊谷市からの回答書にヒントがある、通常は訴訟目的の住民票交付は適う、一旦は同じ判断をした熊谷市だが、追っての回答書では裁判所の命令がされた場合と変わった。

思うに、これは事件屋特有の複数の戸籍使用問題からではないか、この疑惑は前訴での二通の特別送達郵便報告書の本人署名が、谷口功であるところ谷口健とあり、この点からも簡裁は補正命令で潰すか、またもや立川支部に移送して潰すか、この判断に時間が掛かっている、巫事件・北詰事件のキーマンである谷口を法廷に引きずり出しては拙いのだ。
 

マスキングもせずネット公開 これを放置していた検察

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 8月24日(木)07時04分27秒
返信・引用 編集済
  この河野の警察員面調書は数十頁、しかし北詰はこの表題のみ公開して後は隠している、河野側はこの調書の提出をしているが謄写が適わない。

河野宛に二度の謄写委任状のお願いをしたが回答なし、これはたぶん検察から止められている、また東京地裁の謄写室の対応から、これも検察の意向が感じられる。

以下の書面でも判るが、公開を禁じられた刑事書面、しかもマスキングもせずに北詰は8年間も公開し続けた、この刑訴法違反は控訴中の被告人が、提出書面をネット公開して逮捕された事件と併せても示しが付かない、もちろん検察は北詰の殺人事件の科刑に組み込んでのことだ。
 

/60