投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(6)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


今でも観れない「それでもボクはやってない」

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月27日(土)15時40分13秒
返信・引用 編集済
  過去は美化されるというが全くそのとおり、今では茶化しているが此処までは茨の道の連続である、逮捕は覚悟の確信的犯行であるが、やはり始めての留置場には愕然とした、今日から”GYAO! ”で放映している『それでもボクはやってない』 何度か観る機会があったが、当時の忌まわしい記憶が甦るかと拒んできた。

1996年5月22日の逮捕から21年が過ぎて、未だに雪冤は果たせないが、誣告者・事件関係者・検察・裁判所等を提訴した裁判の事実認定では、原告立証に反証・反論がされていない。

原田國男裁判長の実刑判決の基礎となった、「須崎メモは被告人の捏造」 しかしこれは須崎と共謀した告訴人の園田義明の捏造であり、刑事控訴審にはこの弾劾証拠(医師のカルテ)が出されていた、しかし高裁はこれを握り潰した。

この無料映画は9日までだが、最初の少しを観たがやはり止めた
https://gyao.yahoo.co.jp/player/00908/v13688/v1000000000000006790/

24分のところは検事呼び出し、我が呼び出しで高橋真検事(現福岡高検公安部長)は穏やかな態度で罪状を認めるかと訊いた、そこで「私は確信犯です」と述べたところ薄笑いをした、二度目の勾留期限寸前に追起訴となり二回期の検事調べがされた、悪罵雑言罵倒して罵声を上げて謝罪文の提出を迫った。

最後の検事調べとなった3回期に、高橋検事は密かに別室に須崎を呼び出して相互の調べをした、このときは退庁時間過ぎた20時前頃で検察事務官はいず、高橋自ら検事の伊作文を読み上げて、これを自らワープロで打ち、署名指印を迫った、並行調べがされた須崎の検事面前調書の須崎署名は偽造されている、須崎が出現すれば瞬時に解決する、検察官の証拠捏造事件である。
 

自称被害者が加害者を訴えたことで判った事件の真相

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月26日(金)18時06分6秒
返信・引用 編集済
  自称被害者が加害者を訴えたことで判った事件の真相、坪井隆作事件と北詰淳司事件の共通点は、恐喝目的の犯行が、被害者側に非があるとした見方がされた、そして共に八百万程の金員を北詰・坪井を得ている、この二人は交友関係にあるのも興味深い。

我が訴訟から、まず坪井は消えて、北詰が兄貴と慕った自称吉田卓朗も消えた、残る北詰は進退両難の崖っぷちの発狂状態であり、世間も北詰が公開していた刑事記録に注視している、尤もこのような調書は、現行の刑訴法下ではお目にかかれない。

特出したアクセスの二件
http://suihanmuzai.com/index2/k01.jpg.html

http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:mPR889eT2GIJ:www.suihanmuzai.com/index2/160121.jpg.html+&cd=41&hl=ja&ct=clnk&gl=jp&client=firefox-b
 

そのとおりです

 投稿者:  投稿日:2017年 5月26日(金)17時43分17秒
返信・引用
  ゴネれば、何でも思い通りになると固く信じている身勝手ぶりは法の作用を誤らせる元凶です。
朝から晩までスピーカー越しに怒鳴るだけのサル以下の生き物でして、一体何でそんな生活ができるのか不思議でなりません。
可能性としては、指摘されたように八田秀子の保険金と遺産によるものか、それとも矢口の資産家か、あるいは、実家の兄・北詰陽、北詰政夫からの仕送りか、生活保護か、その点を解明するべき時期は迫りつつあります。
 

犯罪は成立しているが手続のミスで無罪

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月26日(金)07時49分40秒
返信・引用 編集済
  ブログに内緒での投稿があり、これには「レセプトを手渡した医療機関も同罪」たぶんこの意味は北詰刑事裁判での国選に依る、刑事資料の提供を指すものだろう、不同意している書面まで国選は出した。

ごねる北詰に屈服したのだろうが、こうした手続違背から原田は逆転無罪にした、しかし地裁のミスは明かしていない、昨日のニュースにも、覚醒剤反応が出ていたが手続き上のミスから有罪に持ち込めなかった。

尿から覚醒剤反応も無罪判決に
http://news.livedoor.com/article/detail/13113464/

 

小川達夫に訊く

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月25日(木)08時29分21秒
返信・引用 編集済
  訴えられた訴訟妨害目的に週刊相場情報掲示板が開設された、この名義は小川であるが、この登録・管理者を明かせと小川吉田訴訟及び二次巫訴訟を提訴した、巫は否認した、小川は沈黙した、吉田は否認したが、二審では小川吉田共同不法行為は、認定されて原告勝訴である。

しかし依然として小川掲示板の登録・管理者は不明であり、また小川吉田も確定判決を拒否している、これではやはりプロバイダに開示請求するしかないが、ここにきて登録者は谷口の疑いが浮上した。

小川よ、以下はお前の挨拶だろうが、開示請求訴訟することなく、登録・管理者は誰なのか明かせ。

2013年12月8日 週刊相場情報掲示板をつくりました。
ただし当相場情報は予測であり、保障するものではありません。投資家のアドバイスとして参考にして頂ければ幸いです

http://6212.teacup.com/souba/bbs ←サービス停止中とは、プロバイダから閉鎖されているということ。
http://orange.ap.teacup.com/rbbs_faq/32.html運営会社による一時停止
 

刑事名誉毀損罪の成立には政治性あり

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月24日(水)06時06分10秒
返信・引用 編集済
  議員特権・歳費を狙った連続泡沫候補の結果、三千万の負債を抱えて放浪中の男、この男の顔写真を入れた手配書がネットに掲載された、高知県警作成とあり明らかに虚偽公文書作成である。

しかしこの告訴に対して警察は動かない、法令・判例通りなら有罪は間違いない、捜査機関の捜査には政治的というか恣意性で動く、無産者が名誉棄損で訴えても取り合わない、我が事件でも虚偽告訴人は自分や家族の社会的地位を強調した。

恐喝示談事件の坪井隆作から名誉棄損で刑事告訴されて、これに埼玉県警はガサ入れ送検事件とした、これが政治的捜査でなくて何であろう、北詰の告訴事件も然り、検察裁判所崩壊を公開する被冤罪者に対する弾圧でもあろうが、本hpには多数の閲覧者がある。

どうや、この犯人を追及せんか、そして以下の結果となる、巫グループの谷口功・健の仕業なら金星だ
https://blogs.yahoo.co.jp/kuzutume/64141542.html    
 

共謀罪と巫グループと柏市戸籍改ざん事件

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月23日(火)07時22分59秒
返信・引用 編集済
  アクセスの時間別レポートに依れば朝の10時が最も多い、ここにきて柏市戸籍改ざん事件記事に、捜査筋からのアクセスが続いている、やはり共謀罪の組織犯罪絡みと思えるが、28年も昔に示談解決している、交通事故保険金を騒ぎ出したのは、巫掲示板での事件公開にある。

巫の生業である本人訴訟支援事業とは、非弁行為紛いの裁判書面の代理作成であり、実際に小川は費用支払いをしている、以下の書面でも判るが小川の名まで代理署名している、やはり最高裁爆破を叫んだ自称吉田卓朗は逃走をした。

共謀罪と巫グループと柏市戸籍改ざん事件
http://suihanmuzai.com/170523-1.jpg.html
 

裁判所と郵政の郵便法違反を提訴する

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月22日(月)20時10分30秒
返信・引用 編集済
  先日に東京高裁郵便局から、自己宛に発送した一般書留郵便は翌日に届いた、今回もこの配送経路は郵便法に基づいた正しいものである、しかし東京高裁・地裁が送る特別送達郵便は同じ地下の郵便局から発送されながら、正規な中継郵便局を経由する表示されない。

引受した東京高裁郵便局は銀座郵便局に発送する、銀座郵便局は全国に仕分けする中継する東京多摩郵便局か、新東京郵便局に送る、必ずこの統括郵便局を経由しなければならない、銀座郵便局から直接に八王子郵便局に送られる郵便トラック便はない。※特別送達郵便は書留扱い

郵便送達ルートの表示義務は郵便法で厳格に決められている、郵便法違反は強行規定違反であり、法律行為として問答無用で送達は無効である、また表示の不正は景表法違反でもある、5年前にこの郵便法違反を告発したが門前払いとなった、故に訴状を公開しての訴訟告発としたい。

裁判所と郵政の郵便法違反を提訴する
http://suihanmuzai.com/index5/170523.jpg.html
 

原田判決を覆した民事裁判

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月22日(月)11時49分42秒
返信・引用 編集済
  河野氏、大高氏の虚偽告訴に基づく冤罪事件と、時効間近となり提訴した北詰、我が事件では出所直後から提訴行動をした、北詰は無罪判決書を読んだのは三年後という。
高裁からこのカウントされない裏判決の口外を禁じられていた、だから北詰は裁判所のポチと呼ばれるのである。

刑事事件の証拠隠滅罪の時効は三年だ、たぶんこの危惧から提訴が遅れた、やはり高裁の書記官のいう「無罪判決に何か問題があるのか」八百万の刑事補償金で口封じした東京高裁。
 

中世暗黒司法 証拠の目的外使用罪の廃止を求める

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月22日(月)09時41分51秒
返信・引用 編集済
  中世暗黒司法 証拠の目的外使用罪の廃止を求める
http://suihanmuzai.com/index5/170522.jpg.html

冤罪事件の発覚を恐れる検察・裁判所に因り、「証拠の目的外使用罪」の施行から13年となる。
この当時に日弁連は、『被告人の防御権を制約し、刑事手続の検証を困難にする「開示証拠の使用制限」条項の修正を強く求める』

しかし検察は、この伝家の宝刀を抜いたのは十年近くが過ぎた三年前、某弁護士のブログには。

【開示証拠の目的外使用】衝撃的な事件がありました。なんと,東京地検が平成25年3月7日,被告人が公判中の自己の刑事事件の記録(証拠の写し)をYouTubeに掲載したとして,刑事訴訟法281条の4違反で被告人を逮捕しました。

我が冤罪事件主張の余技とした事件屋訴訟で、被告の開示証拠の目的外使用から、逆転無罪判事原田國男の裏刑事判決の真相が明かされた、開示証拠が公開背れなかったら発覚しない事件である。

この解明には証拠カードと、同意・不同意書を精査すれば、法曹三者のイカサマ手続きが証明できる、「開示証拠の使用制限」条項の廃止を求めるうねりを起こせ。
 

北詰有罪が確定していたら一変していた

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月21日(日)11時00分4秒
返信・引用 編集済
  尤もです、北詰は現行犯逮捕での暴行事実を認めず、別事件での傷害事実にすり替えようとしています、この証拠とするのが巫グループの橋本のメモと証言です、これが弁第31号証の2と主張している、橋本・大高・佐藤が共謀した恐喝事件です、これより橋本メモを精査すれば何か解るかと、こうした意見投稿はありがたいです。

それと北詰の有罪判決は執行猶予3年でした、二審の原田判決が2009年8月5日ですから、この日から3年後の2012年8月4日までは、街宣等の些細なことでも池上警察から摘発・収監となります。
すると我が北詰訴訟は起きていなかった、また坪井との共謀犯行も無い、もちろん河野氏等への提訴もネット侵害も起きてはいない、原田の意図的誤判は糾弾されるべきです。
 

Re: 原田國男の悪意ある逆転無罪判決事件

 投稿者:入手できる状態にあった  投稿日:2017年 5月21日(日)10時43分10秒
返信・引用
  > No.3331[元記事へ]

お金を貸したのかと訊いているのに関係ない体調のことを長々と喋るわけです。こんなやつが、裁判所と一人で戦い抜いたんだとか言ってます。要は、そういう神話を創り出して、そのストーリーの中にしか身の置き所がないわけです。
こんな奴にインターネットと裁判という玩具を与えているのは、家族にも責任があり、兄弟2名を監督責任追及のため、ひきづりだすことも検討せねばなりません
 

セレブ宅を狙った北詰淳司

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月21日(日)07時25分19秒
返信・引用 編集済
  謄写申請に対して北詰は池上警察に告訴したとか、どういうことかというと他人の開示証拠を、当事者資格もない者が謄写するのは、刑訴法の目的外使用の禁止に反する刑事罰となるそうだ。

しかし北詰は、民事裁判の援用目的に禁止させられているこの開示証拠を提出した、民事記録は誰もが閲覧できる、盗品を売りに出した北詰、これを撮影して公開しようとしたら、この盗品の映像は違法といっているのと同じだ。

ともかく謄写は不可欠で、万が一に裁判所が拒むのであれば、メモ録りの内容と原本に違いがないと認証させる、これは大変な作業となる、だから謄写許可となるだろう。

昨日の北詰尋問調書の抜粋から、3月に魚拓されている河野検面調書が読まれている、この検面調書にはないが、北詰は突然に河野宅を訪ねて騒いだ、河野宅をグーグルで見るとセレブに思える。

http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:mPR889eT2GIJ:www.suihanmuzai.com/index2/160121.jpg.html+&cd=41&hl=ja&ct=clnk&gl=jp&client=firefox-b

併せて河野の尋問調書を再読戴きたい
http://suihanmuzai.com/index2/k01.jpg.html

北詰はこの家に移り住むと迫った
 

人格欠陥者への法廷対策 原田國男の刑事裏判決

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月20日(土)09時12分50秒
返信・引用
  16回期になっても認否で揉めているとは驚いた、これでハッキリした原田國男の裏判決の実態、更なる解明には謄写は不可欠だ、刑事開示証拠の公開は刑訴法違反だ。
しかし自己顕示欲、また民事裁判の援用目的にネット公開した北詰、当に雉も鳴かずば撃たれまいである、公開されたことで闇に葬った筈の、原田國男の裏刑事判決は白日の下に暴かれた、慶賀である。

人格欠陥者への法廷対策 原田國男の刑事裏判決
http://suihanmuzai.com/index5/170521.jpg.html
 

(無題)

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月19日(金)12時46分18秒
返信・引用 編集済
  東京地裁記録閲覧室 御中
03-3581-5378

謄写願い申立書

去る5月9日に提出した、平成24年(ワ)23462号事件記録の謄写申請申立に係る追加書面を提出します。

当該事件の記録閲覧をしたところ、原告証拠の甲第39号証、第42号証、甲第29号証、これらは原告北詰の刑事判決書を原本として、証拠提出しています。
しかし原告北詰は原本と称しながら、裁判官署名を記名に変造、また押印も消して、書記官の「これは謄本である」、明確に判決書の変造をしています。

甲第29号証は、申立人のサイトから印刷したものであり、これを北詰は真正な判決書と主張して、原田國男の署名は記名であり、申立人の捏造であると公開主張をしています。
刑事判決書の裁判官名は、署名でなければならないと刑訴法で決められており、謄本は原本を謄写ものです。

これらの有印虚偽公文書変造を告発するには、メモ録りでなく謄写が必要不可欠であります、二枚の疎明資料を添付します。
 

原田國男の悪意ある逆転無罪判決事件

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月19日(金)07時39分44秒
返信・引用 編集済
  北詰訴訟閲覧は三回目、被告側から提出されている刑事裁判の北詰尋問調書、56頁に及ぶ調書のこの内容に事件の真相が明かされている、しかし北詰の意味不明な答弁に、この書き取りは疲れて、5頁までメモ録りをしたが止めた、謄写申請を提出して後日の可否を待つしかない。

全部を斜め読みをしたところ、44頁に裁判官からの尋問に真相が隠されている。

裁判官
被害者にお金を貸したことはありますか、この日、被害者にお金を貸していませんか、河野さんに。


ですから、そういう話も今言ったように、全部正直に私、言いたい訳です、本当に、だから、じゃあ、
最初から、その辺までのことを、・・・・だから・・・・背中が痛くなってきた、如何に我慢して私だって、何も心臓が、ここにきて痛み出して、健康だったのに、十何年間も手術して、こんなに、健康だった人なんていなんですよ。


北詰は恐喝目的に河野宅を訪ねて、この際の暴行が本件事件だという、この証拠となる録音テープは自宅にあるが、拘置されて取りに行けない、また橋本(巫組織の参謀)がこの証拠となるメモには、河野証言が記されている、被告人のデマ証言は罰せられないが、北詰は逮捕に備えて、橋本と共謀するアリバイ証拠の工作をしていた。 後ほどメモ録りの内容を公開する。

※原田の逆転無罪判決にある事実認定は。全くの間違いであり悪意であるのが証明された。
 

防犯協会員は公人?

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月18日(木)06時01分17秒
返信・引用 編集済
  昨日の非常上告記事に法曹が反応した、やはり調書判決がされて、交付された判決謄本とは内容が違う、これに二審の原弁護士は驚愕したのだろう、この手続き違背を高裁裁判長佐藤に相談したが、刑訴法の権威の佐藤文哉は握り潰せと圧力を掛けた。

これに怯えた二人の私選は、この控訴事由に苦慮した、そこで防犯協会員は公人とする、トンデモ話で被告人を騙そうとした、街の随所に見られる防犯連絡所のステッカー、これを貼っている防犯協会員は公人というのである、呆れた主張である。

そして事実誤認主張も添えたが、肝心の虚偽告訴の新証拠は提出せずに、佐藤に見せただけ、更に量刑不服に加えて、情状酌量でも実刑回避を愁訴した腰抜け私選であった。
 

灰色逆転無罪裁判官・原田國男が野に放した極悪クレイマー

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月17日(水)14時24分11秒
返信・引用 編集済
  巫は北詰の訴訟行為は法規に則った正当な防禦の行使と庇うが、我が北詰訴訟で被告北詰は、訴状の受取拒否・移送申立・抗告・裁判官・書記官忌避の連続、また結審宣言の当日の反訴、証拠説明書の不提出、判決前夜の夜間投函等々の悪足掻きに加えて、意味不明の反論書面から北詰相手では裁判にならない。

これが巫がいう正当な権利行使であるが、本人訴訟の事件屋訴訟はこうした手口が常套手段であり、他国にはない本人訴訟に弊害となっている、裁判所の毅然とした訴訟指揮で排除すべきだ、この北詰の恐喝傷害事件を灰色無罪として補償金まで付けて、野に放した原田國男は万死に値する。

灰色逆転無罪裁判官・原田國男が野に放した極悪クレイマー
http://suihanmuzai.com/index5/170519.jpg.html
 

原田國男の調書判決は法令違反の非常上告事件

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月17日(水)05時09分45秒
返信・引用 編集済
  年半前に事件屋二人と揃ってアポなしで検察庁を訪ねて、検察官適格審査会担当者との面談を求めた、これに対応した検察官が検事総長西川氏であった。

1996年に起きた我が事件は、原田國男裁判官に因る訴訟手続の法令違反に基づく非常上告事件であり、この救済申立は検事総長から最高裁に対して行われる、最高裁には「無罪の人罰しない」鬼丸裁判がいる、我が事件を解明した赤沼弁護士と、鬼丸裁判官は多数の共著がある。

原田國男の調書判決は法令違反の非常上告事件
http://suihanmuzai.com/index5/170517.jpg.html
 

北詰のアカウント乗っ取り目的は虚偽告訴の遂行

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月16日(火)14時16分58秒
返信・引用 編集済
  第二次谷口訴訟の訴状は仕上がっているが、他に24年前の案件での調停申立と併せて簡裁に提出すべく遅れている、前訴は門前払いとなっているが、その後には発覚した谷口の偽名等から再度の提起は可能であるが、この争点提起は巫への三度目の訴訟に併合する。

今回の谷口訴訟の趣旨は、アカウント乗っ取りした北詰は、安ブログにsuihanmuzaiに成り済まして記事投稿した、そして4日後にこの記事を、北詰or谷口かが巫掲示板に「青木伊平」の名で投稿した。

そして北詰はこの青木伊平記事は、北詰に対する名誉棄損と池上警察に告訴した、しかし北詰の書面等意味不明だ、ところが巫グループ摘発を狙う公安筋から、北詰の告訴状を受理して、被疑者suihanmuzaiとしたとした送検事件にした。

これに怖がり巫は掲示板を一時閉鎖、そして4日後の再開は、管理人を谷口に代えた、この閉鎖された4日間の間に、青木伊平記事は消去する証拠隠滅をがされた。

北詰の虚偽告訴は池上警察に2012年1月6日付け、浦和警察に2014年4月18日付け、この内容は殆どが同じ、他に行政に対する虚偽通報一件がある。
 

逆転無罪裁判官原田國男の刑事調書判決事件

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月16日(火)07時21分22秒
返信・引用 編集済
  調書偽造という人権侵害を、幾度と無く法務局人権擁護部に相談するも、話は聞くが何も出来ない・・この役立たずに暗澹としてきたが、昨年の相談では長年の疑問に対してヒントが得られた。

相談員は古参の弁護士であり、話から刑事裁判に精通している、原田國男の判決書の不審を述べたところ、調書判決がされてのではないかと言われた、目から鱗である、この検証が事件屋騒動で遅れているが、調べれば裁判官の不正職務を暴くことになりそうだ。

つまり判決書の代わりに,公判期日の調書に,判決主文・罪となるべき事実の要旨・適用した罰条を調書に記載、これが刑事事件での調書判決であり、こうした事件は交通違反等の軽い罰金刑等に限られる。

逆転無罪裁判官原田國男の刑事調書判決事件
http://suihanmuzai.com/index5/170516.jpg.html

 

法曹三者の悪さをただ眺めていただけ

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月15日(月)13時38分28秒
返信・引用 編集済
  谷口と北詰が共謀した有印私文書偽造行使罪
http://suihanmuzai.com/index5/170515.jpg.html

あるツイキャスサイトが北詰に狙われて、録画の再生も中止ざる得ない情況に追い込まれている、いわゆるブログ等とは、我が庭の庭木や花等を公開しているものとすれば解り易い、だから気に入らなければ観なければよい、意見があれば投稿する。

北詰の遣っていることは、お前の庭のあの木は切って俺が言うの変えろ、こんなキチガイに悩まされて一年とか、小難しい著作権がどうだなどではなく、水でも掛けて迷惑条例で通報すべし。
http://twitcasting.tv/hagre001/movie/372366657

我がブログは、事件はアートとした奇形のオブジェで埋め尽くされて、これを覗き見するゲストは常連ばかりだが、前衛芸術とあり意見感想が出ない、尤もワイに意見等しようものなら、悪態を突かれ兼ねない、協調性・甲斐性皆無には、ツイキャス等はアホに見えるわい。

ツイートなどすれば何を言い出すか解らん、秘密の暴露をしてしまう恐れがある、だから弁護士からも止めれている。

しかし仮にだな、北詰のように刑事補償目当ての事件屋さんであっても、北詰のような小細工や偽証等の共犯者はいない、総ては法曹三者の不徳にあり、わいは言われたとおり恭順に、ただただ眺めていただけだ。 これでワイに何か問題ありますか?

楽なログから抜粋
http://ruhiginoue.exblog.jp/27806674/
 

事件屋巫グループ訴訟を統括した三村判事

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月15日(月)06時31分23秒
返信・引用 編集済
  昨年二月に、自主退官した三村晶子裁判官の検索画像が我が書面で賑わっている、これは最近のことで何か起きているのではないか、たぶん三村裁判官は再任官するだろう。しかしこの画像はまるで保管庫で便利で助かる、これも高アクセスの賜物なり。

https://www.google.co.jp/search?q=%E4%B8%89%E6%9D%91%E6%99%B6%E5%AD%90%E8%A3%81%E5%88%A4%E5%AE%98&hl=ja&rlz=1T4PLXB_jaJP735JP735&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0ahUKEwjZ_4ffqfDTAhUBypQKHX5jBqkQsAQITA&biw=1024&bih=582
 

谷口と北詰が共謀した有印私文書偽造行使罪

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月14日(日)17時04分6秒
返信・引用 編集済
  北詰刑事控訴審判決の2日前に刑事9部に提出した、国選弁護人解任請求書は北詰が作成したと見られる、この解任理由に吉田弁護士が、弁論再開申立書に押印はするが承服できない旨を述べて、これらが解任事由と述べている。

前述しているが逆転無罪と解っているのに、弁論を再開せよと何故に弁護人がいうのか早まったな北詰よ。

この解任請求書は受理されており、従って吉田弁護士の押印された、谷口作成の弁論再開申立書は提出されている、すると印章偽造の罪の成立する、有印私文書偽造行使となる、明日にこの犯罪事実を立川地検に郵送する、また第二次谷口訴訟にも証拠提出する。

谷口と北詰が共謀した有印私文書偽造行使罪
http://suihanmuzai.com/index5/170515.jpg.html
 

心証は有罪の北詰逆転無罪事件 原田國男の裏刑事判決

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月14日(日)11時14分42秒
返信・引用 編集済
  北詰淳司の刑事告訴から知るだけでも三人が送検されている、この告訴事実とは何であるか北詰の告訴状からは何か解らない、日本語が通じない北詰相手では弁論にならず、刑事裁判でも意味不明な答弁に終始する。

北詰に手を焼いた原田國男は著作でも述べているが、恐喝傷害犯北詰を灰色無罪として、刑事補償金を渡して口封じしたのである。

心証は有罪の北詰逆転無罪事件 原田國男の裏刑事判決
http://suihanmuzai.com/index5/170514.jpg.html
 

サイバー警察の捜査対象となった北詰のアカウント乗っ取り事件

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月14日(日)04時22分10秒
返信・引用 編集済
  そろそろ北詰収監が期待されるが、北詰のアカウント乗っ取りの真相を探ってみたい、ヤフーブログのsuihanmuzaiのパスワードは携帯下4桁を使用していた、北詰はこの番号を坪井から聞き出していた、坪井訴訟の訴状には原告の携帯番号が記されている。

この四桁の番号は黒羽刑務所での囚人番号、刑務所では氏名でなく番号で識別する、これなら誰も知ることが出来ない秘密の番号で気に入っている、ところが北詰に知られたことから、その後に携帯番号を変えた、しかし北詰のアカウント乗っ取りから現在でも共有している。

サイバー警察のガサ入れのひとつとして、北詰のアカウント乗っ取りがあり、北詰は安ブログにsuihanmuzaiに成り済ました投稿をした、そして巫掲示板に同じ記事を投稿、この記事を北詰は名誉棄損と池上警察に告訴した、そして巫掲示板の一時閉鎖で当該記事の消去した、これがサイバー警察の捜査対象となっている。

北詰の虚偽告訴事件から松沢病院に強制入院
http://www.suihanmuzai.com/index2/160131.jpg.html
 

背乗り事件のマニアックに期待

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月13日(土)10時09分10秒
返信・引用 編集済
  「出自」・・この言葉を知ったのは、裁判に関わってからで全く知らなかった、そして最近に知ったのは「背乗り事件」 某ブログで北詰刑事事件での分籍疑惑が載っており、この調査に群馬に行くとあった。

記録閲覧でのメモ録りで忘れてならないのは、北詰がしどろもどろとなった、弁護人からの尋問の調書、しかし52頁にも及ぶ、そして北詰の刑事判決書、これには本籍が記載されている、これから分籍の裏が取れる、他人の個人情報を公開して強請る北詰には、同態復讐法で返すべきだな。

吉田の背乗り疑惑事件も同じく、こうした探偵マニアには興味深い案件である、昨年末ごろに急遽転出した”山崎三郎”、船橋の自宅のその後も知りたいが、そこまで遣る気合はない。

牛久背乗り事件 総集編
http://www.suihanmuzai.com/index5/170124.jpg.html
 

河野よ、生存しているなら委任状を出せ

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月13日(土)09時39分16秒
返信・引用 編集済
  北詰が河野氏を提訴した訴訟記録は、積み上げると30cmにもなる、被告となった河野は悔しさもあるが、請求額に怯えてのか相当数の手書きの書面を提出、その後に電植に変わった。

来週に3回目の記録閲覧をするが、河野の謄写委任状一枚があれば片付くことだ、そもそも提訴した側が、被告はこんな悪い奴です、皆さん記録を閲覧してください・・と呼び掛けるのが普通だ、また棄却となった北詰のでっち上げの真相は、記録閲覧から知ってくださいと河野が言うのが普通だ。

オイ、河野よ、生存しているなら委任状を出せ、再度にこの用紙を郵送する。
 

画像検索で捜査当局の動向を探る 巫グループの組織犯罪

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月12日(金)16時05分46秒
返信・引用 編集済
  事件屋が個人情報である実名を隠して偽名・通称を使うのは当たり前だが、この者達と争いになると名前や家族や職場を挙げて威嚇してくる。
これが怖くてチンピラ北詰・坪井・吉田等の好き放題を赦している、しかし幸か不幸か係累無き我が身は失うものが無い、相手を見てから喧嘩はするものなり。

谷口功が谷口健と偽り受領署名をしたなら、これは虚偽公文書作成罪になる、例えば宿帳に偽名を書いただけでも過激派なら逮捕だ、果たして谷口健とは在宅していたのか?

裁判所から被告谷口には住民票の家族構成を提出させる、もしも当時に谷口健が不在か存在しなければ、これは金星だな、また谷口健が実名ならそれこそ裁判は不成立なり。

画像検索で捜査当局の動向を探る 巫グループの組織犯罪
http://suihanmuzai.com/index5/170512.jpg.html
 

自称谷口功を提訴した裁判は無効

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月12日(金)07時50分54秒
返信・引用 編集済
  熊谷市に訴訟目的として谷口功の住民票交付申請したが、谷口の同意が無く適わなかった、そこで谷口を提訴する中で、裁判所は当事者適格の確認として、谷口に住民票を提出させる。

前回の谷口訴訟の訴状送達を受領したのは谷口健、その後の判決書送達の受領者も谷口健、谷口健は同居人とある、受送達者本人に渡されていない、そこで谷口に電話をしたところ、「そんな郵便は知らない」・・つまり訴訟を構成していない、しかし裁判所は谷口を被告として棄却決定の判決書が確定している。
 

捜査当局が注視する画像

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月12日(金)03時22分54秒
返信・引用 編集済
  原田國男の画像が我が書面で充実してきた、原田國男といえば逆転無罪判事、しかしこれらの画像の中には北詰事件以外の書面が見当たらない、原田の宣伝出版本を凌駕する、原田弾劾記事で埋め尽くすのは快挙である。

https://www.google.co.jp/search?q=%E5%8E%9F%E7%94%B0%E5%9C%8B%E7%94%B7&hl=ja&rlz=1T4PLXB_jaJP735JP735&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0ahUKEwibxOeXuujTAhWIX5QKHcprBh4QsAQIXA&biw=1024&bih=582

北詰淳司の画像も我が書面が圧巻 北詰淳司の画像も我が書面が圧巻 北詰の悪行を探す記事や吉田の顔もあり何かと便利なり
https://www.google.co.jp/search?q=%E5%8C%97%E8%A9%B0%E6%B7%B3%E5%8F%B8&hl=ja&rlz=1T4PLXB_jaJP735JP735&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0ahUKEwjkpKKT7OjTAhVDLpQKHeQVDQEQsAQISQ&biw=1024&bih=582

藤島利久 画像・・これはヒットしない、やはり何らかの作用が為されている、当局が注視している対象者・北詰だ。「吉田卓朗 画像」が消えて、今では吉田卓朗と検索すると歌手の吉田拓郎に変換される、意図有ってのことだ。


 

巫摘発に慎重な検察の事情

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月11日(木)11時04分45秒
返信・引用 編集済
  巫が公然と長年に亘り、刑事開示記録の公開を続けているのは、刑事記録の目的外使用の禁止は憲法違反であり承服できない・・こうした事を述べていた、摘発となれば法廷闘争に持ち込んで、反検察・反裁判所のうねりを起こす。

この確信犯を刑事裁判の俎上に挙げれば、検察は梃子摺るのは目に見えている、巫の持論である裁判所不要論から、奴の狙いは察しがつくが、吉田と共謀してのプライバシー侵害では量刑が不足だ、しかし本人訴訟支援業者巫が作成した吉田書面を、法廷提出していた事実となれば、私文書偽造罪で少なくとも5年刑には処せられる。

この傍証として、吉田・小川の書面送達は有り得ない「特別送達郵便」を使った、しかもこの郵券は当方が払っている、まあ刑事事件となれば吉田の支払い命令拒否は解決する、事件屋の首領巫とした摘発が望ましい。

巫召鴻氏の裁判概論
http://shizensou.org/140129-1.jpg.html
 

(無題)

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月11日(木)08時49分33秒
返信・引用 編集済
  昨日23時頃に米国から1500余のアクセスが続いた、郵便関連であるが、来週に東京地裁記録閲覧に行く、このときに地下の郵便局から自分宛の一般書留郵便を発送する、何度かしたが当然に正規な配送経路が表示される、しかし裁判所発ではこうはならない。
http://tools.tracemyip.org/lookup/64.62.252.162

この不正表示を以って郵政を提訴しても裁判所は、それで何か不利益が生じたのかと門前払いされる可能性がある、この点が問題で悩んでいる。
 

SSS収容所の受態喫煙被害を提訴 

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月11日(木)06時38分32秒
返信・引用
  11年前に貧困ビジネスの最大手SSSに係る人権侵害を提訴した、この中に同室者に因る煙り燻しを問題にしたが、被告代理人の六本木ヒルズ弁護士はせせら笑い、また裁判官も争点にするのは認めなかった

これと同じ訴訟が現在に提起されたなら、請求棄却するにも公正らしさを見せた判決にする、それにしても奴らは揃いも揃って「若葉」を吸う、この名称は景表法に反するな、このSSS収容所では、同種の火災が数件起きて殺人事件も数件ある

SSS収容所の受態喫煙被害を提訴
http://suihanmuzai.com/index5/170510.jpg.html
 

認否不能の谷口に裁判所が助け舟

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月10日(水)16時02分16秒
返信・引用 編集済
  第二次谷口訴訟のプロモーションとしてご紹介、このとおり簡裁は谷口に訴状を送達して、本人の宅口功でない健が受領している、そして簡裁は立川支部に事件移送した、しかし谷口は答弁書を提出しない、これに支部長判事は擬制自白されては堪らんと、補正命令で潰しに掛かった。

しかし原告の補正書は訴状以上に問題点を突いており、これに再度の補正命令で潰して門前払いをしたのである、これに谷口支援した自称吉田は喝采した、そして判決書が送達されたが、この受領者はまたもや谷口健である、谷口の偽名がばれて、今回の提訴で実名が公開される。

谷口支援していた自称吉田が消えたのは不気味であるが、たぶん自称吉田は背乗り事件の外国籍かお尋ね者だろう、近かじかに坪井に続いて北詰の音信も絶えるだろうな。

このとおり簡裁段階で訴状は谷口に届いている、そして4月近く後に門前払いの却下判決書が送達された。
 

確信犯の冤罪主張の見込み違い

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月10日(水)12時57分54秒
返信・引用 編集済
  被告人に前科はなく犯行を認めて被害者に対して、謝罪金の支払いの意思を述べている・・こうして当方の場合にも執行猶予付き判決で釈放は必至と考えていた、それが何故にそうはならなかったのか。

それは以前に書いたが外部に発信する信書に、「謝罪・反省文の提出は高橋真検事の指示に従ったもので、もちろんこの反省ポーズと出任せの戯れ文である、法廷での謝罪金の提示は、弁護人の指示に従ったもの、そもそも被告人とは検察立証を黙って眺めていればよい、立証責任は検察にある」こうした趣旨を書いて発信、やはり高橋検事は盗み読みしていた。

あれから21年が過ぎるが、このときにこの先に何が起きてどうなるか見通していた、実にあっぱれな確信犯の冤罪主張のステージであった、しかし解決までの遅延は計算外で愕然としているなり。
 

謄写許可を巡る訴訟沙汰が始まる

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月10日(水)10時13分5秒
返信・引用 編集済
  東京地裁記録謄写室から、当事者資格を満たしていず謄写は不可との回答があった、そこで再度の閲覧に出掛けて謄写申請書を提出、これに裁判所は不可の決定をする、それに対して東京地裁に謄写請求の訴訟を提起する・・まどろっこし過ぎる。

そこで、北詰刑事裁判の偽証に係った大高・橋本とは、でっち上げと主張する巫を簡裁に提訴、この訴訟の中で当該裁判の記録謄写を「文書送付嘱託」として簡裁に申立てる、そうすれば謄写は可能となる。

文書送付嘱託は、民事訴訟手続における、書証の申出方法のひとつである。裁判所が、本案訴訟の一方当事者の申立てに基づき、文書の所持者に対し、所持する文書の提出を求める。

或いは用意できている第二谷口訴訟の中に、同じ趣旨を加えても可能だ、こうなると簡裁はまたもや立川支部に移送する、この過程で谷口の刑事書面の偽造事件は検察も看過は出来ない筈だ。

虚偽告訴した卑劣な被告と訴えた民事裁判、この記録の閲覧阻止する申立をした卑劣北詰、これだけでも真相が解る。
 

非当事者の記録謄写申請 原田國男の裏刑事判決

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月 9日(火)11時41分31秒
返信・引用 編集済
  2008年9月に執行猶予で釈放された北詰は、控訴を理由に開示証拠の公開を始めた、そして一年後に無罪判決を得た、しかし開示証拠の公開を自己顕示欲と民事裁判の援用目的で続けた、もちろん刑訴法に触れる違法行為であり、この下段に載せているが控訴中の被告人が、開示証拠を自己ブログに掲載したところ逮捕されている

1年10月も拘置されながら、逆転無罪となった事件が全く報道されない、この不可解から北詰のブログを探ったところ、大量な開示証拠がマスキングもせずに公開されていた、そして判決裁判官が原田國男と知り、北詰の記録を精査したところ、何と巫グループぐるみの偽証・捏造メモ等、また弁護士に成り済まして書面の作成行使までが判明した

非当事者の記録謄写申請 原田國男の裏刑事判決
http://suihanmuzai.com/index5/170509.jpg.html
 

刑事訴訟の記録をインターネットに掲載した男性が逮捕

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月 9日(火)07時41分52秒
返信・引用 編集済
  札幌・南署は11日、自らが被告となった暴行事件の裁判の証拠書類をブログに掲載したとして、刑事訴訟法違反(開示証拠の目的外使用)の疑いで、札幌市中央区南4条西10丁目、作業員越後文晴容疑者(52)を逮捕した。

 逮捕容疑は9月、検察側の開示を受けた証拠書類のコピーを自分のブログに複数回、掲載した疑い。刑訴法は、こうした証拠を裁判の準備以外の目的で他人に見せたり、渡したりすることを禁じている。

 署によると、越後容疑者は9月に略式起訴された暴行事件で二審の審理中だった。「自分の考えを知ってもらいたかった」と容疑を認めている。書類には検事に取り調べられた際の調書や実況見分調書が含まれていた。

http://www.sanspo.com/geino/news/20161011/tro16101122460014-n1.html

控訴中の被告人が刑事記録を公開して争うのは違法ではない、詳しいことは解らないが、主張を伴わず単に調書を公開したのだろうか、この程度で逮捕・報道となれば北詰や巫はどうなのか。

巫のサイトには、数年前に死亡している元被告人の調書が現在も公開されている、もちろん再審請求などはしていない、同じく大高・橋本、その他の者の調書も公開している。

死亡している元被告人の尋問調書を違法公開している巫
http://www.ootakasyouji.com/pdf/yamanotestament.pdf
 

巫グループの虚偽弁護士懲戒請求事件

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月 8日(月)07時11分59秒
返信・引用 編集済
  我が非常上告事件(再審事件)の鍵を握る赤沼弁護士の分野は民事であり、後見人問題では第一人者といわれて著作も多い、民事専門弁護士といえども非常上告事案だから、確たる証拠がある以上は問題ないが、眺めて20年が過ぎる、やはりせっつかなければ動かないのか。
https://www.google.co.jp/search?q=%E8%B5%A4%E6%B2%BC%E5%BA%B7%E5%BC%98+%E5%BC%81%E8%AD%B7%E5%A3%AB%E3%80%80%E7%94%BB%E5%83%8F

赤沼弁護士の画像に何故か北詰の書面がでる、これは巫グループの橋本と北詰の偽証の打ち合わせに使った封筒に添えた、赤沼弁護士に対する橋本の偽造懲戒申立書、事件屋の手口のひとつである。
http://suihanmuzai.com/index3/150226.jpg.html
 

ごね得が通る刑事・民事裁判 北詰逆転無罪事件

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月 7日(日)11時25分23秒
返信・引用 編集済
  判決前夜に北詰は立川支部の夜間受付に、裁判官と書記官共に”忌避”する申立書を投函した、この欠陥書面の提出から8月後の判決は北詰勝訴である、これも刑事と同じく完敗は必至と裁判官忌避した。

この敗訴金全額を北詰に送金したが受取拒否、相互控訴となり北詰は控訴を取下げて、原告の控訴審となったが、何と高裁は控訴人に原審の5倍、25万の支払い命令をした。

そしたら北詰は60万寄こせと上告、判決確定後に一部を北詰に払ったが、領収書の発行を拒否して残金を払え払えと騒いでいる

裁判官・書記官忌避は却下されて、この特別送達も北詰は受取拒否した、そして更に特別抗告までする悪あがきに、裁判所はお手上げ状態だ。

控訴理由書に怯えた北詰は、夜間にこそこそと高裁判事への裁判官忌避申立をしたそうな、始まってもいないこの裁判官共に何の問題があるというのか。

ごね得が通る刑事・民事裁判 北詰逆転無罪事件
http://suihanmuzai.com/170507.jpg.html
 

狼狽する北詰の尋問調書の謄写が愉しみ

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月 6日(土)18時03分4秒
返信・引用 編集済
  刑事再審請求事由は5項目が挙げれて、4項目には「原判決の証拠となつた裁判が確定判決により変更されたとき」 これも我が再審請求事由と想っていたが、何と「裁判の確定判決」とは民事裁判では駄目で刑事裁判を指すという、これは事実なのか、まあ他の3項目でも要件は満たすから構わないが、それなら刑事裁判と明記すべしだな。

それと3項目は、原判決の証拠となった証言が偽証であった場合とあるが、北詰の原田判決書には明確に大高証言を、判決理由に挙げて証拠の判断をしている、北詰尋問でしどろもどろとなった尋問調書全文を公開すれば、大変な関心が期待できる、しかし北詰無罪の一事不再理ゆえ再審はない、だから一生懸命に北詰長期投獄を期待して、検察のケツを叩き続けるのである。

この前編の謄写が愉しみだ
 

えん罪を生まない捜査手法を考える &確信犯の冤罪主張

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月 6日(土)07時11分50秒
返信・引用 編集済
  1年余前に立ち上げた”えん罪救済センター”の活動が始まった、学際的考察と現場司法の検証から、えん罪事件を生まない捜査手法を考える、当に我が事件がケーススタディとなる、昨年の春に、えん罪支援センターには、書式に基づいた支援申立書と疎明資料を郵送した、しかし昨年末に支援は出来ないと、我が事件資料はそっくり返戻されたが、これらの資料は総てはネット上にある。

今回の偽造弁論再開申立書に対する弁護士回答でも解るが、準公人である弁護士の書面となれば信憑性がある、服役したえん罪主張者が幾ら騒いでも社会は認めない、しかし弁護士が介在していれば注目される、この点が悩ましいが、当該の弁護士連中が完黙している、これをどう見るかで天と地の違いとなる、狂人でない証明としての一連の訴訟沙汰である。


えん罪を生まない捜査手法を考える &確信犯の冤罪主張
http://suihanmuzai.com/index5/170506.jpg.html



 

「市民連帯の会」 の影武者南京屋応仁、こと谷口

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月 5日(金)10時38分40秒
返信・引用 編集済
  柏市戸籍改ざん事件の小川が挨拶するという「市民連帯の会」の集会に後半過ぎて参加しました、
解散後の飲み会に自称吉田は三井氏に一万をカンパ、酒好きな三井氏は”支援者”らの取り囲まれに上機嫌であり、元検察官僚三井氏には事件屋の影が付きまとっていた。

この集会の幹事をしたらしい南京屋応仁こと谷口が騒ぎ出し、これに戸惑う三井氏、21分53秒頃。
http://www.ootakasyouji.com/movie/201207150s06/index.html

2010年に起きた村木事件から、検察官犯罪である大阪地検特捜部主任検事証拠改ざん事件がネット上で騒ぎ出されて、全国一斉の反検察デモが広がった、こうした運動には資金が必要でありカンパを募る、しかし中には便乗して私用目的で集める輩がおり、上記の谷口の騒ぎは同じ事件屋仲間の国本が、カンパ金30万を横領したと喚いている。

橋立氏が以前にカンパをしたという藤島であるが、面識が無い藤島から過日に電話が入り、これが酒乱そのもので酷かった、因みに藤島は反検察デモ当時に、ツイキャスを使い月額50万ほどの収入を得て、この申告をしたいない、またカンパ詐欺と現在まで追及されている。

そして新手として社会運動目的のクラウドファンディングを呼び掛けたが、これも不調であり現在は、
難民問題解決策とした、赤道直下に巨大浮揚体を建造、食料もエネルギーも自給自足出来ると、建造物(高さ1000m直径3000m)を作りたい、S建設が良い設計を公表している、私がその1/30スケールで実験をする、平屋建て程度の実験プラントです、これを作るから出資して欲しいと呼び掛けている。
 

谷口再提訴に弾み

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月 4日(木)08時20分55秒
返信・引用 編集済
  第一次巫訴訟の争点は北詰の告訴事実に基づく、「巫に因る巫掲示板の青木伊平記事の消去」しかし巫は一時掲示板の閉鎖は認めたが、この間の証拠隠滅は否定した、そこで一時閉鎖から代わって掲示板管理者となった谷口が、消去をしたと谷口を簡裁に提訴した。

ところが簡裁から立川支部に移送されて、支部長判事が担当裁判官となり、二度の補正命令で門前払いとなった、異例な形で弁論が潰された、やはり検察と裁判所の狙いが見える、北詰逆転無罪に暗躍していたのは谷口らの巫グループである。

第二次谷口訴訟の争点提起は、「北詰と共謀した谷口は青木伊平記事を削除する証拠隠滅をした」この傍証として北詰刑事書面等は谷口の作成である。

第一次谷口訴訟の訴状
http://www.suihanmuzai.com/index4/160725.jpg.html
 

北詰の影武者は谷口功

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月 4日(木)07時56分16秒
返信・引用 編集済
  北詰のブログで谷口功こと南京屋応仁は以下の投稿をした、これに北詰にしては弱腰な対応だ、やはり北詰を煽っていたのは谷口だった。

[ ekimeikumagaya ] 谷口
2017/5/3(水) 午後 9:55
北詰!お前本物のバカだな!「ゆう」や「takashiO」が悪口を言ってるって!悪口で、お前の天敵の警察に電話して相談かよ(笑)アホじゃねえのか!Wwwwどうしようもねえな!北詰の大ボケ爺さんは。
もうアドバイスはしねえよ勝手にやってろ!どうせ訴えることなんかできねえしな。藤島のカスも同じやでWWWWWWWW

[ 孤高な大詰正大こと北詰淳司 ]
2017/5/4(木) 午前 0:19
> ekimeikumagayaさん
意味が解らんな?
さようなら!


[ ofr*e3* ]
2017/5/4(木) 午前 7:19
.よう南京家応人さんよ。お前はGW中はネットから離れるんじゃなかったのか?w

[ ofr*e3* ]
2017/5/4(木) 午前 10:01
なあここでエキメイクマガヤに話しかけて、なんで南京家応人が自分へのツイッターフォロー外して来るんだよ?w


 

墓穴を掘った逆転無罪者北詰 原田國男の裏刑事判決

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月 3日(水)08時53分31秒
返信・引用 編集済
  北詰は谷口が作成したとする弁論再開申立書、また弁護人解任届け等の書面は総て自分が書いたと騒ぎ出した、誰の作成であろうと作成者を偽り押印までしている、この有形偽造に弁護士の印章偽造までしている。
当方の書類は全部!!! 「当方が作成している」が!!! 当然であろうが!!!

北詰は駆逐すべきエイリアンであるからして、北詰に関することを話題にしなければ沈黙するしかない、餌を投下するから吼え騒ぐとは解っているが、このアホの狂態見たさについ与えてしまう、困ったものだ。

墓穴を掘った逆転無罪者北詰 原田國男の裏刑事判決
http://suihanmuzai.com/index5/170503.jpg.html

エイリアン北詰への連射攻撃はこんな気分にさせるわい、東宝特撮映画『地球防衛軍』の作曲者・伊福部昭の音楽と雰囲気が似ているな。
https://www.youtube.com/watch?v=SdWJS3vMcNE&feature=youtu.be

北詰を想わせる茶番動画だが、この位の語彙力は使って騒げよ。
https://www.youtube.com/watch?v=9IAl2NWKgbU&feature=youtu.be#t=64.5363391
 

北詰自らが招いた有印私文書偽造

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月 2日(火)16時57分18秒
返信・引用 編集済
  天網恢恢疎にして漏らさず・・逆転無罪になることを知っていた国選氏は、北詰が偽造した弁論再開申立書等の必要はなかったと述べている.

本来は恐喝傷害事件であるが、弁護人の働きで傷害で済んだ、だから無罪どころか執行猶予を取り消されて、実刑になると怖れた北詰は、谷口と共謀して弁護人が提出したとする弁論再開申立書を偽造、そしてこの国選氏を解任請求した、余分なことをして自らの悪事が発覚したのである。

北詰の控訴審は即日結審している、こうした場合は弁護人と検察官、そして裁判官とが判決前に三者協議紛いことを行う、我が刑事裁判でも私選弁護人はそうしたことを述べていた。

弁護人の弁論再開申立書を捏造した逆転無罪者北詰淳司
http://suihanmuzai.com/index5/170420-1.jpg.html

http://

 

訟務部に謄写委任状交付の申請

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月 2日(火)06時42分18秒
返信・引用 編集済
  北詰刑事裁判に提出されている弁護人書面には押印がされている筈だ、これだけでも有印虚偽私文書偽造罪となる、また北詰の押印がされた弁護人解任請求書は、巫グループの谷口が作成したもので有形偽造罪が成立する。

この事実だけでも重大司法妨害事件であるが、未だに北詰は理解できず、名誉棄損・信用棄損で池上警察に当方を刑事告訴したそうだ、北詰作成の民事書面と、出版本一冊でもある谷口が作成した、北詰刑事書面とは明らかに違う。

北詰刑事記録の保管期限は過ぎて廃棄されているだろうが、北詰が提訴した河野訴訟か大高訴訟、また国賠訴訟に甲号証として提出をしている可能性がある、ついては国賠訴訟の被告である訟務部に、記録謄写を求めて委任状を申請してみる。
 

ゴロツキの婚姻制度・成年後見制度の悪用

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 5月 1日(月)08時45分25秒
返信・引用 編集済
  我がヤフーブログに、唯一リンクされている「社会運動家ウオッチャーのブログ」 この実態は解らないが、サブタイトルの「社会運動家ウオッチャー」から、また「金集めに必死な政治ゴロ藤島利久をウオッチする」からするに、似非社会運動家に対する批判・検証をする活動をしているかと。

そこで思い当たるのは、自称吉田卓朗の突然のネットからの逃亡、リアルでも今迄繋がった電話が転送されても繋がらない、吉田の相続関係図の矛盾を突いてから、吉田の動揺は異常であり、その後の巫掲示板での攻撃は常軌を逸していた。

もしかしたら吉田の背乗り事件は、社会運動家ウオッチャー氏から狙われたのではないか、先日の氏のブログに。

「正業についていないゴロツキの類いが、婚姻制度の悪用、成年後見制度を悪用することにより、他人の財産拐帯を目論むことは、今後高齢化社会が進展し、認知症等の増加が現実になると、これらの問題は、極めてアクチュアルな課題となる」

社会運動家ウオッチャーのブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/kichigaiwatcher
 

/54