投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(6)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


被害者の亡霊に悩まされて発狂する北詰と除霊する小川

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 8月17日(木)07時34分8秒
返信・引用 編集済
  我が体験でもあるが、雑居房の一人が夜間に呻き叫び苦しむ様を見ている、凶悪な殺人を犯したものの中には、自分が手に掛けた被害者の姿が決して消えない者がいる。

被害者たちの記憶が脳裏に焼きついて離れないのか、罪悪感が見せる幻影なのか?あるいは実際に彼らの亡霊にまとわりつかれているのかは、なんともいえないが、無念な死に追いやられた被害者たちの亡霊は、殺人者を決して安らかにしてはおかないのは確かだろう。

被害者の幽霊に悩まされた10人の殺人犯
http://karapaia.com/archives/52244178.html
 

北詰のサイコスリラー映画化に向けて

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 8月16日(水)22時36分39秒
返信・引用 編集済
  ある映画のサイトに北詰事件を投稿したところ掲載された、映画の全カテゴリーの中には法廷映画もあり、また北詰・小川の殺人事件、吉田の背乗り事件等のサスペンスもの、そして我が事件での詐欺女もの等、映画製作のヒントになれば幸いである。

映画のネタバレあらすじのまとめサイト
http://hm-hm.net/

新着ニュース
100人に1人はいる「サイコパス」を見抜くには?
http://news.livedoor.com/article/detail/13481182/
反社会性が高くて共感性は低く、相手が痛がる顔を見ても何とも思わない人
言葉がすごく巧みで、飴と鞭を巧妙に使い分けて相手をコントロールする

 

反アメリカ帝国主義者の家族事情

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 8月16日(水)15時16分53秒
返信・引用 編集済
  明日に二次田中洌訴訟を簡裁に提訴するが、日本での田中は辺野古闘争で沖縄滞在、後はデンバー住まいに明け暮れている、アメリカ帝国主義を憎悪する田中洌だが、娘は欧州辺りの彼氏かと思えばそうでもない、田中の在宅のタイミングを狙った訴状送達が適うか。写真は彼のブログから無断転載
 

吉田への事務連絡

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 8月16日(水)11時26分3秒
返信・引用
  八王子簡裁・四次吉田訴訟の期日は9月26日火曜日、初口頭弁論は答弁書だけ提出して欠席するだろうが、二回期は出廷せねばならない、今回はあの犬飼裁判官も完全に退官していない、しかし書記官は同じだ、明後日には訴状送達があるから受領するように。  

恐喝傷害事件を痴話喧嘩と認定した原田國男のボケ判決

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 8月16日(水)09時51分51秒
返信・引用 編集済
  映画「39 刑法第三十九条」は、多重人格者のサイコスリラーを題材にしたトリック映画、これをサイコパス北詰に重ねるのは間違いで、事実は巫グループの偽証から、北詰の答弁が心神喪失者となった次第である。

原田は果たして、橋本和憲等の偽証・捏造メモの事実を把握していたか、そもそも北詰の犯行自体が恐喝事件であったことすら掴んでいない、犯行当日に北詰はテレホンセックスのテープを買い取れと河野宅を訪れたが、玄関先で排除されて大声で騒いだ、そしてジョナサンで交渉、自分だけ飲食して支払いは河野にさせて、このつり銭も北詰はポケットに入れた。

そして河野の運伝で河川敷に行かせて、シートを倒して河野に暴行、このときの写真を北詰は撮った、河野としてはこの仔細が法廷で明かされるのが怖く、こうした状態から精神を病んで入院、控訴審の延期を申立てたが、原田國男裁判官はこれを奇貨として、判決書に河野の虚偽告訴を疑う趣旨で、単なる男女の痴話喧嘩での、些細な傷害事件と逆転無罪判決にした。
 

刑事告訴には戸籍謄本が必要?

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 8月15日(火)12時18分54秒
返信・引用 編集済
  ある弁護士が職務上請求用紙を利用して、懲戒請求者の戸籍謄本を取得した。住民票も上げず、一発で戸籍のある住所地を用紙に書いた、住民票も見ずどうして住所地が解ったのか? 懲戒処分となった戸籍謄本を取得した弁護士だが、謄本取得の理由は、刑事告訴には戸籍謄本が必要と言っている、本当なのか。

第四次吉田訴訟の相手は被告吉田でなく裁判所である、原告は吉田の住民票の内容の不審から、吉田の戸籍謄本の交付を争点としている、仮に被告吉田が訴状を受取り弁論に応ずるならば、最早、判決に至らず原告の取下げで終息する事件である。
 

原田國男の事実認定と法適用の誤り

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 8月15日(火)11時22分52秒
返信・引用 編集済
  『39 刑法第三十九条』は、1999年5月1日に公開された日本映画 北詰の刑事控訴審は二ヵ月後の同年7月28日、執行猶予で釈放されていた北詰が出廷・発言した控訴審は即日結審、この裁判長は原田國男である。

日本の刑法は39条において、心神喪失者を責任無能力として処罰せず、また、心神耗弱者を限定責任能力としてその刑を減軽することを定めている、特に心神喪失と認定されると不起訴になるか、起訴されても無罪となるということに関しては、社会的に抵抗感を抱く向きもあり、この映画もこの点に対し問題提起している。
 

訴状送達を受取るか吉田卓朗

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 8月14日(月)08時11分7秒
返信・引用 編集済
  第四次吉田訴訟の訴状提出からそろそろ二週間となるが、被告吉田は未だ牛久に潜んでいる様子だ、人一倍お喋り好きな吉田が渦中の人となり、これが沈黙とは耐え難い苦痛であろう、そういえば牛久宅には外から見える処に、先住者の遺影が飾ってあり、これは息子卓朗を演出する意図だろう。  

北詰淳司と小川達夫の二人の殺人者のお盆

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 8月13日(日)18時25分37秒
返信・引用 編集済
  人を殺している者なら心休まることがなく、常に怯え悔やみから救いを神仏に求めるだろう、小川が一体の観世音菩薩像を建立して、家には大慈悲観音像を安置して、日頃の悔悟の念を仏像を祈ることで、かろうじて精神の平安を保っている、この小川は保険金目当てに二人を殺している、だが殺人事件の時効撤廃以前ゆえに公訴時効は完成している。

また北詰も保険金目当てに八田秀子殺しをしており、この供養からか部屋には、故八田秀子の位牌があると河野が言っている、北詰といえども人の子故に、恩人を殺した悔いから慰霊する気持ちはあると見える、これが刑事調べとなれば、悪党の北詰でも吐くだろう。
 

続々と意味ある共時性

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 8月13日(日)10時30分5秒
返信・引用 編集済
  一昨日、数年ぶりにある飲食店を訪れ、居合わせた客と世間話をして、拙いと知りつつ我が事件の誣告者探索を話したところ、なんとこの誣告者の仲人をしたと言う、俄には信じられずこの須崎の旧姓を尋ねたところ「白仁田スミエ」という、しかもこの読み方はシロニタでなく、シラタニであり九州五島列島の出身者に多いとか。

シラタニとは始めて知ったが、この白仁田が結婚して須崎姓となった、そこで須崎の検事調書の署名「須﨑」はどちらが正しいか訊ねたところ、即座に「須崎」であり、「須﨑」ではないと断言した、そしてこの夫は先年に逝去したと言う、この証言に歓喜して、つい検事に偽造署名されたと話したところ、彼は口を噤んで怖がる様子を見せ後味の悪い思いをさせてしまった。

しかしこの件でも再審請求の新証拠が得られて、更に先の逆転無罪を勝取った原和良弁護士は、我が事件の生き証人として働いて貰う。
 

こっそりと刑法第39条で逆転無罪となった北詰淳司

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 8月13日(日)03時40分51秒
返信・引用 編集済
  判決文を読みもしないでどうやって司法批判が出来るんだか、こいつのパラノイア頭脳はまことに奇妙きてれつな話である。

こっそりと刑法第39条で逆転無罪となった北詰淳司
http://suihanmuzai.com/index5/170813.jpg.html
 

(無題)

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 8月12日(土)18時02分52秒
返信・引用
  メディアから、北詰刑事控訴審の公判調書が見たいと電話が有ったが、これは北詰が公開せず河野からも証拠提出されていない、しかし控訴審傍聴した方の法廷メモは以下である。

北詰淳司逆転無罪事件の控訴審法廷のメモ録り
http://www.suihanmuzai.com/index4/170810-1.jpg.html
 

原田國男の逆転無罪の事実認定 この虚偽を暴く

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 8月12日(土)07時11分14秒
返信・引用 編集済
  我が事件の戦犯は二審の原和良・佐藤仁志弁護士である、この両弁護士に関しては直接、何らの求釈明もしていない、単に裁判所の圧力に屈した雛弁護士と思っている、しかしである、なんとこの原和良弁護士が、我が事件の数年後には痴漢冤罪事件で逆転無罪を勝取っていると知った、すると・・まさかあの原田國男ではないか、更に原は多数の著作まで出している、これは赦せん。

法曹関係者必読の「原田國男元裁判官の事実認定~逆転無罪の事実認定」 この著作の中に原弁護士が何か書いているとは驚愕した、早速に図書館に行く。

2012年1月弁護士法人パートナーズ法律事務所設立。
労働事件(労働者側)、公害事件、ちかんえん罪事件などを手がける。
東京高裁で逆転無罪判決をとり、映画「それでもぼくはやっていない」のモデル事件の一つとなった、痴漢冤罪事件の弁護人。
http://p-law.jp/member/hara/
 

引き当たり

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 8月11日(金)10時09分5秒
返信・引用 編集済
  起訴事実の認否を留保し続けた北詰の刑事裁判、その理由とは、逮捕に備えた北詰は橋本の偽証と捏造メモで、証拠の工作をしている、この証拠から犯行現場は河野宅として、河川敷のことは認めない北詰であるが、警察の現場検証では、北詰の「引き当たり」と呼ばれる実況検分、現場検証と犯行再現写真が提出されている。

我が事件でも、犯行現場である電柱に貼った抗議ビラ、八王子検察庁傍の園田義明事務所ビルに貼ったビラを指差している写真を撮られた、このときに園田の飲み仲間の捜査員はビルに入り、事務員が大慌てで下のコンビニでコーラを買いに走っていた、1996年5月の暑い日だった。

勾留中の被疑者は、留置場から取調室に向かう短い時間も移動中は手錠を掛けられ、腰縄をうたれます。当然、引き当たりで警察署を出ることになれば、外出中はずっと手錠&腰縄姿になるわけです。

移動はパトカーではなく、ワンボックスカー
実際に現場まではパトカーではなく、普通のワンボックスカーで向かいますので、傍から見れば被疑者を護送しているようには見えません。しかし逃亡防止のために、被疑者は後部席の真ん中で私服の捜査官に両脇を固められて窮屈な状態で現場に連行されるわけです。

もっとも逮捕・勾留されてしまうと、被疑者は留置場に取調室、あるいは検察庁や裁判所など、ずっと屋内で蛍光灯の光の下でしか生活できません。どれほど窮屈な環境であろうと、一時的であっても外に出られるという開放感は、拘束中の被疑者にとって、とても大きな気分のリフレッシュになりますので、「引き当たり」に連れ出されることを意外に喜ぶ人もいます。
 

16回期になっても認否を拒む北詰淳司

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 8月10日(木)12時56分49秒
返信・引用 編集済
  1996年7月、原田國男裁判官の裏刑事手続きから懲役刑に科せられた、二審も事実審であり即日結審するにしても、証拠調べ位はして戴きたいと私選弁護人に愁訴したところ、こんなの遣るだけ無駄と原和良弁護士は言い放った

原田國男が弁論も経ず即日結審で逆転無罪とした北詰事件、以下は16回期になっても、罪状認否をごねる被告人北詰の尋問調書、北詰は都合の良い刑事記録だけ違法公開している、しかし被害女性を提訴したことから、決して明かされることがない、北詰尋問調書を証拠提出した、北詰尋問調書は全三巻あるが16回公判調書から抜粋した。

北詰淳司の保険金殺人事件の真相に迫る捜査の手
http://suihanmuzai.com/index5/170810.jpg.html
 

北詰淳司の保険金殺人事件の真相に迫る捜査の手

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 8月 9日(水)09時46分32秒
返信・引用 編集済
  投稿されたこの記事には、北詰と特定もしていない青木伊平なる者の投稿記事、これを立川支部の三村裁判裁判官は、原告が青木に成り済まして、北詰への重大な加害行為と認定した、そもそもこの件は原告被告共に争点にしていない、またこれに反論したくとも結審されて出来ない。

二審では更に酷く、5万円の勝訴では足りないと控訴した北詰は、二度の出廷呼出に応ぜず控訴も取り下げた、しかし高裁は原告控訴に対して25万の支払い命令をした、そしたら北詰は何と60万全額を認めよと最高裁に上告したが、いつものように印紙を収めず高裁判決は確定している。

そして北詰の告訴からガサ入れ・送検事件となったが、この告訴事実は警察も検察も明かさない、どんなに刑事事件に疎い者でも、容疑事実を知らされないで送検となれば怒るだろう、しかも告訴人の北詰自身が、青木伊平なる記事で告訴はしていないと騒ぎ出して、この青木は巫グループの谷口だろうと疑っている。

死んだ女房の保険金・・このキャッチフレーズは他者は容易くは使えないが、送検までされた全く身に覚えのない投稿記事、そして北詰が提訴した民事裁判の記録で明らかになった、北詰の恐喝傷害事件の真相から、八田秀子殺しは保険金目当ての北詰淳司の犯行と断言する。
 

増殖する事件屋柏市戸籍改竄事件

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 8月 8日(火)10時15分19秒
返信・引用 編集済
  柏市の戸籍改竄事件に始まる小川グループの事件屋の犯罪に捜査の手が入らない、こうした事態に小川らは増長して次々と虚偽公文書行使に係る犯罪を拡げてゆく、これは明らかな検察の怠慢である、巫ループの組織犯罪を摘発せよ。

増殖する事件屋柏市戸籍改竄事件
http://suihanmuzai.com/index5/170808.jpg.html
 

北詰淳司は被害妄想狂でなく計算された犯罪者

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 8月 8日(火)05時34分7秒
返信・引用 編集済
  北詰が被害妄想者と考える向きがあるが、これは全く的外れだ、北詰は稀代稀な犯罪者であり、冷酷な計算された犯行、また公判でのはぐらかしは、計算されたサイコパス特有なもの、逆転無罪から前事件は、一事不再理の原則から問えないが、北詰の保険金殺人事件の解明がこれから始まる。

裁判官

 じゃあ、実際に被告人との間にはどういうことがあったのですか、同じ車に乗っていて。

北詰

 だから。

裁判官

 同じ車に乗っていたわけですよね。

北詰

 ・・・・・・

裁判官

 運転席には誰が座っていたんですか。

北詰

 そういうことだったら、ね。

裁判官

 運転席には被害者が座っているわけですよね。

北詰

 ・・・・・・

裁判官

 河野さんの話がどこが嘘なんですか、河川敷に車を停めたことは。

北詰

 全部嘘。

裁判官

 だから河川敷のところに車を停めたことは合っているわけですよね。

北詰

 それは・・・・・

裁判官

 裁判所が聞きたいのは河野証人の言っている話のどこが嘘なのかということなのです。

北詰

 それは、だから提出しているわけですよ。

裁判官

 特に何か書類を見ないと答えられない話ですか。

北詰

 そうです、だから、とにかく。そういうことが一杯なのですよ、だから、早く、そういう風に審理、河野にして貰えば、こんなに延びないし、いろんなことで、そういうことを私は主張してきたのです。

裁判官

 河野さんが事件当日、突然に家を訪れてきたと言っているんですが、違うのですか。

北詰

 まず、座るのも河野はお互いが腰をドアに向けた状態で正座をしながら・・・・・・

裁判官

 河野さんのほうから被告人が殴られてという話も被告人はしているのですね、河野さんが言ったことのどこが違っているかということを説明して欲しいのです、大事なのは殴ったか殴らないかということが大事なのです。

北詰

 (意味不明なことを述べて聞き取れず)・・・・・・

裁判官

 いいです、関係のない話をしないでください、裁判所として何度となく繰り返して話をしていますが、現時点に於いて、弁護人を解任することは考えていなし、河野さんが前にどう言ったとかの話じゃなくて、実際に事件がどうであったのかということを、被告人の口から話せばいいんじゃないですか。

これに北詰は、カラオケ好きの河野からしつこくカラオケに誘われた等と、訳の解らない発言を延延と述べて、結局は河川敷に行ったことを認めた。中略、

裁判官

 ジョナサンに行った後に、最終的に河川敷に行っている訳なんですけれど、そこで何か話したんですか。

北詰

 ・・・・だから裁判官、そこまで言ったんだから、その経緯だって、そこまで全部言いますと言うんです、鮮明に覚えています、こんなこと言われたんだから、そういうことなんですよ、何も私が隠さなくちゃならないとか、本当に一つもない話です

裁判官

 被告人は助手席にいたわけですよね。

北詰

 ・・・・・・・・

裁判官

 そこで座席を倒して寝たんですか。

北詰

 そんなことしませんよ。

裁判官

 写真を撮らせて呉れということには、ならなかったんですか。

北詰

 なりません、そんなことには。

裁判官

 カメラを取り出したということはありませんか。

北詰

 ・・・・・・・

裁判官

 カメラは持っていたんですか。

北詰

 ・・・・・・・
 

原田國男の重大誤判事件

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 8月 7日(月)06時29分43秒
返信・引用 編集済
  市原警察の呼び出しに収監を覚悟した北詰は、事件は河野氏からの暴力に正当防衛として無罪主張すべく、橋本和憲と大高正二に偽証と捏造メモでの工作をした、筋書きとしては、金を貸してある河野氏宅に借金の回収に行ったところ、河野氏から殴り掛かれてこの防禦として手を挙げた、これが事件の真相とした、だから起訴事実には全面否認して、一年半も意味不明な言辞で公判を混乱させた。

しかし河野の追及から大高は偽証の発覚を怖れて、証言訂正申立をする旨を話した、これが録音されており、これに北詰は大高を卑怯者・裏切り者と現在まで騒いでいる、河野は検事の調べや法廷でも、一千万の和解金目当てに近付いた北詰の恐喝事件と位置付けている。

法廷でも北詰は犯行現場は河野宅と否認しているが、警察の現場検証もされて、この犯行再現写真も証拠提出されている、これらの事実に仕方なく認めた北詰だが、このときに運転席の座席に河野を押し倒して写真を撮った、これが裁判官は着目して、何故にカメラを用意していたのか、これが北詰の恐喝の手口である。

一審は一年半の時間をかけて、二人の医師や多くの証人の証拠固めから事実認定して北詰有罪に至った、それを二審の原田國男は、新証拠が出た訳でもなく弁論もせずに、ただ原田個人の心証を理由に逆転無罪にした、しかもである、原田は河川敷の車の中での些細な痴話喧嘩での軽い傷害と認定、北詰が河野の一千万を狙っていた事実や、テープの買取の恐喝事実、これら全く欠落しており、検事面前調書、また医師カルテの証拠能力を全面否定する等、法律家でも到底に認容できない原田國男の政治的誤判事件である。
 

仲間の偽証との整合に北詰淳司のしどろもどろ答弁

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 8月 5日(土)14時02分50秒
返信・引用 編集済
  北詰尋問調書を転写したが、以下のとおりの痴呆振りで、裁判官・検察官からも質問に答えよと言われても、意味不明な発言に終始、一年公判を続けても起訴事実の認否すらしない。
北詰は、巫グループの橋本等の偽証と捏造メモで弁論を混乱させて、事件は河野宅で起きた河野からの暴行と主張している、起訴事実である河川敷の車の中で起きた暴行を弱弱しく否認、とにかく原田國男の事実認定は明確に誤認、こんなものの清書はバカバカしいが、追って裁判官の主たる質問等を公開してゆく。河野さんを脅して1000万円の簒奪を目論んでいた北詰。

弁護人
若干、事件のことあなたに、ある程度話して貰ったんだけれども、少し補充して私から訊きたいと思いますが。
北詰
いやいや申し訳ないけれども、そこやると今言っている、充分解っているし、経緯も言って、私のあなたに対する、言っているでしょう、私は怒ったて反省すれば、だから今、あなたの質問を受けると、私が今、言ったいたことが、何もなくなっちゃう。
あなた方、違法して、何でそこまで言って、私が、そこままで、今までやってきたんだけれど、これをやったらお人好しだし、私は自分の主張していたから、今、せっかく、止めてよ。
弁護人
せっかくそこまで話をして貰ったので、私のほうであなたに、若干、聞きたいと思うんだけれども。
北詰
止めてください・
弁護人
答えないの。
北詰
だって、今、私の気持ちと、違法の、それでも私は拒否するんじゃないよという形で、なぜ今までの経緯と私の気持ちと、ここに至ったけれども、私が言いたくてしょうがない、だから、最初、裁判官にも言った訳です、言ってもいいけれど、それは自分に不利になったなりますよと言った訳なんです。
だけれど、私は少し言おうとした、知ったっていいいと思ったんだけれど、刑事裁判というの知らないから、だから、さっき言ったように、裁判官が一日あるから、一日である程度、行いましょうと言ったんです、行けたんです、はっきり言って。
弁護人
被告人、いい。
北詰
駄目だよ、それは駄目だよ、そこまで止めてよ、駄目だ、駄目だ。
弁護人
いろいろあったけれど。
北詰
だから、この前に。(弁護人の話を遮って話させない)
弁護人
ちょっと、黙って聞いてくれない質問を。
北詰
それは私が言いたい言葉、この証拠、寄こしちゃ駄目だ、だから何で寄こししたんだって、言ったじゃない、だから解任、新たに、これで書いたんでしょう、これだけ止めたんだ、一回反省していると思って、だから駄目ですって、それはもう譲れない、一年間私があなた方に譲って、こんなに今言ったように、違法ですから、それでも我慢してやって、それでもまたそれでも、それでも持って来たけど、だから、いつか早く切り替えようと、だって今、私の気持ちと、追い方の、それでも私は拒否するんじゃないよという形で、なぜ、今までの経緯と私の気持ちと、ここに至ったけれども、私が言いたくてしょうがない。

だから、大願に裁判官に言って訳なんです、言ってもいいけれど、それは自分の不利になりますよと言った訳なんです、だけれども、私は少し言おうとした、知ったっていいと思ったんだけれども、刑事裁判というの知らないから、だから、さっき言ったように、裁判官が一日あるから、一日である程度行なっちゃいましょうと言ったんです、行けたんで、はっきりと。
 

事件屋の応訴義務放棄から再度の谷口訴訟

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 8月 2日(水)22時19分38秒
返信・引用 編集済
  当初の北詰は池上警察が告訴を受理して、原告が被疑者調べから送検されたことを以って、原告の処分は起訴猶予であり、犯罪自体は成立しているとインターネット上に犯罪者と実名を挙げて拡散した。

しかし最近になり、北詰は告訴事実が違うと言い出した、青木伊平記事が原告の投稿と告訴した覚えはない、「もはや青木伊平の正体を教えてください」 谷口と北詰が、仕組んだ茶番の極みであり笑止千万である。

我が提起する訴訟は、公益目的で波及効果を期待したもので、主張立証の内容について世間にアピールしている、だから相手方に訴状が送達される前に、訴状はネット上で全面公開している、明確に違法なSLAPPとは違う。

事件屋の応訴義務放棄から再度の谷口訴訟
http://suihanmuzai.com/index5/170803.jpg.html
 

背乗り事件訴訟 事件屋の二重戸籍を追及する

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 8月 1日(火)13時40分48秒
返信・引用 編集済
  背乗り事件訴訟 事件屋の二重戸籍を追及する
http://suihanmuzai.com/index5/170801.jpg.html

忘れていたが、昨年末に門前払いされた谷口訴訟に対する、二次訴訟提起の訴状を仕上げていた、少し手を入れれば一緒に提出できそうだ、やはり訴状は公開しての事件屋訴訟である。
 

背乗り事件の解明に向けた第四次吉田訴訟

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 8月 1日(火)05時58分0秒
返信・引用 編集済
  長いこと第四次吉田訴訟の訴状提出を留保している、確定判決を無視する吉田に支払いを求めての提訴だが、原告としては敗訴確定後の吉田に拠るプライバシー権侵害、また行政への虚偽通報から調べを受けた事実、これは欠かせないが主たる訴えは、吉田の戸籍謄本の提出にある。

背乗り事件という法律用語にはない事案に係る原告主張に、裁判所の対応が懸念されて仕方ない、これは昨年の谷口訴訟で、二度の補正命令から門前払いされた悔しさにある、考えて始まらない、吉田の個人情報暴きは巫掲示板で為された、この件は巫に対する三度目の訴訟を起こすことにする。これですっきりとした。
 

再びの簡裁への提訴二件

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月31日(月)20時36分55秒
返信・引用 編集済
  千葉法務局人権擁護部からプロバイダを介して、巫の住民票削除命令に従わざる得なかった、しかし巫掲示板に於ける、自称吉田のプライバシー権侵害に対する削除要求には、記事内容が違法行為と認識しながら巫は全く無視している。

巫掲示板は巫が作成してプロバイダは巫である、この場合は巫を告訴か提訴するしかない、事件当初時には、裁判正常化道志会掲示板の運営者が隠されており、これが巫であると突き止めるまで苦労した、自称吉田卓朗への請求趣旨は、吉田の戸籍謄本の開示であり、巫への主張立証は吉田の違法行に共謀した、掲示板管理者責任の追及となる。
 

(無題)

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月31日(月)14時41分21秒
返信・引用 編集済
  司法の崩壊と検索すると、司法の崩壊に関連する検索キーワードとして「裁判正常化道志会」が表示される、これは不本意だが、その内に「原田國男の裏刑事判決」とされたいものだ、何とか検索連動型広告を抜いてトップを維持したい。

 

書記官認証が裏面とは経費節減目的とか

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月31日(月)13時26分25秒
返信・引用 編集済
  我が事件の解決は簡単至極であり、偽造検事面前調書二通を作成された須崎が出現して、この検事調書の内容は虚偽であり、私は須崎であり須﨑ではない、﨑の字が違うし字体も違います・・と述べれば一件落着となる。

昨日、この古い訴訟沙汰にアクセスがあった。
http://suihanmuzai.com/3123hanketu001.jpg.html

これも注目されている 押印の上に印字 鑑定に出せば解る疑問だ
http://www.suihanmuzai.com/131220.jpg.html


あれ? もしかしたら判決書の裏面の書記官認証が注目されているのかも、これは稀有というか何か怪しい、確か同じ認証が高裁判決書にもあった、こういう書式もあるのかと書記官に尋ねたところ、認証書は特別用紙で高いからという。
 

物言えば唇寒し我が冤罪事件

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月30日(日)19時00分14秒
返信・引用 編集済
  某ツイキャスが日々の公開を休止した、このツイキャスでは我が名がよく挙がっていたが、これは北詰攻撃に賛同する立場からだ、公開を止めた理由は北詰の妨害に起因する、何しろキャス主の録音やコメを総て自分のブログに貼り付ける、尤も過去一年程は北サン等と和気藹々で、北詰の本性を見抜けなかった落ち度にある。

冤罪支援組織でも事件当事者と支援者の間には、難しい舵取りが要求される、やはり一枚岩を望むなら孤立奮闘が好ましい、事件主張すれば必ず揶揄や嫌がらせ、場合に拠っては妨害や潰しにかかる、こうしたストレスを避ける意味で、また会話は望まず協調性もない、Twitter・Facebook等はご免被る、これでいいのだ。
 

原田國男の調書判決事件から投獄

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月30日(日)12時06分54秒
返信・引用 編集済
  21年前の今日7月30日の今頃は、原田國男裁判官から懲役1年6月を言い渡す・・この真昼の暗黒・実刑判決に呆然自失となった、初犯でしかも二年に亘る紛争相手の虚偽告訴から、一回公判で事実調べもせず、20分で即日結審した原田國男の法廷、これで控訴しない者は皆無であろう。

しかし裁判所は控訴は無いと見込んで、このときは判決書を作成していなかった、被告人から判決謄本の交付申請は無く、被告人は自分の判決書を見ることなく収監されるのが常習化していた。

ところが被告人は控訴期限の前日に控訴をした、控訴したとなれば判決書は無料で交付しなければならない、被告人は判決書の有罪理由と、法廷で読み上げられた有罪理由に違いがあると気付いた、そこで二審の私選に虚偽告訴を証明する弁護士照会請求を依頼した、そして有罪理由である「妄想邪推」ではない事実であると照会回答書から証明された。

この絶対的控訴事由が出たなら、検察は裁判所に公訴棄却申立をして被告人は釈放、また虚偽告訴人らの逮捕となった、これに驚愕した私選弁護人は、依頼人の投獄加担をして虚偽告訴で懲役刑事件を封印をした、これが総てある。

このとおり原審の弁護人は、実刑なら刑務所に送られると述べている、一審が有罪なら二審もほぼ有罪であり控訴をすれば時間を要して無駄だ、これが現実の大半の絶望的な日本の刑事裁判の現実である。
 

当事者間に争いがない事実を認定

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月30日(日)03時05分2秒
返信・引用 編集済
  北詰淳司の保険金殺人疑惑を拡散している、この奇矯な行動は不審に思われるが、その理由とは北詰から刑事告訴された告訴理由にある、巫掲示板の投稿記事「死んだ女房の保険金」これは当方の投稿と池上警察署に告訴した、そして送検事件となり起訴猶予と重い処分となった。

また北詰訴訟でも立川支部は、巫掲示板の記事は原告(当方)の投稿と認定、しかしこれを北詰は主張していず、また原告も争点にはしていない、当事者双方が主張していない事実を裁判所が事実認定した。

これで解るとおり、裁判所の関心は「北詰の死んだ女房の保険金」 二審では更に仔細に事実認定した上で、北詰が公開している刑事判決書、これを原告がネット公開する違法行為の対価は25万と支払い命令、そもそも刑事判決書の違法公開は北詰の所為、北詰訴訟の事実認定から解るのは、巫グループの組織犯罪、北詰の保険金事件、そして北詰の開示証拠の不正使用である。
 

八田秀子殺しに沈黙する淳司

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月29日(土)20時12分41秒
返信・引用 編集済
  1995年7月に東京都八王子市の「スーパーナンペイ大和田店」で従業員の女性3人が射殺された事件は30日、発生から22年を迎える。この一年後に誣告者の告訴で逮捕された、このとき担当刑事は、こんなつまらない事件よりナンペイの何か情報ないか? まあこのスパーにはよく買物をしていたが当然に知らない。

これで解るとおり、この年から殺人事件の時効が撤廃された、北詰の事犯はたぶんこの十年後頃だろうから時効の援用はない、ここで北詰が「八田秀子殺し」を否定して、刑事告訴をしなければ、やはり北詰は保険金殺人事件のホンホシとされるだろう。

前にも書いたが2004年当時、北詰の極近くに居住をしており、大家への嫌がらせ騒動を覗き見ていた、またこのときに池上警察には、ホームレス沙汰で文書毀棄事件で相談をしていた、北詰の告訴から池上警察で容疑者調べの際に、どうも未解決の矢口資産家老女殺人事件から、近辺の全住人に対してDNA採集をしており、この該当者と見做された節があるが、事件は2009年である。

平成21年8月29日(日曜日)午前、大田区矢口三丁目に所在する一戸建て住宅において、同住宅に居住の84歳女性が、死亡しているのが発見された事件、このときに淳司は娑婆にいたか? 調べたところ一審判決は2008年9月であるから、事件の一年前に執行猶予付きで釈放されているが、事件地は池上に隣接して近い。

しかし控訴中に、こんな事件は淳司でも起こさないだろうと人は思う、足のサイズは約25センチとあり淳司ではないだろう、さて嫌疑が我が身に掛けられたとしたら、当時のアリバイは無いが、少なくとも当時は淳司等へのストーカーはしていない、淳司のボケ面を見たのは坪井訴訟の法廷が始めてある。

矢口三丁目住宅内老女殺人事件 池上警察署
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/jiken_jiko/ichiran/ichiran_21/ikegami.html
 

(無題)

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月29日(土)15時51分55秒
返信・引用 編集済
  北詰が提訴した河野訴訟は民訴法からも弁論開始出来ない、それを敢えて長々続けたのは北詰犯罪に立証にある、それに池上警察の送検と北詰訴訟での事実認定、これらを勘案すれば見えてくるのは、北詰長期刑に行き着く。  

初達成一日3万アクセス

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月29日(土)05時12分24秒
返信・引用 編集済
  昨夜の8時、米国から3万程のアクセスがあった、この閲覧URLは記事全般にわたっている、なんだろう。
https://indirizzoip.ovh/73.237.161.27

アクセス高の目安として「司法の崩壊」を検索するとアマゾンを超えてトップに出る、これが続いている。

北詰の口から「八田秀子を殺していない」この言葉が出ないどころか、八田秀子の文字は悉く○○○○に変換している、悪党ながら北詰はスピリチュアルな面を有しており、これに触れると錯乱状態になる、余程の度胸が無ければ人殺しをして平然と居られるものではない。
 

別件として北詰の開示証拠の目的外使用を逮捕せよ

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月29日(土)04時32分9秒
返信・引用 編集済
  匿名性のネット社会で、今は実名を挙げざる得なくなった北詰淳司だが、淳史・敦司・正大など他多数を使っている、この北詰は騒ぎ方は相手の実名など、個人情報をネット上に流すと脅す、自分が実名を挙げているのが”正義の主張”だとほざく。

厳格に禁止されている刑事開示証拠の公開を、長年に亘り続けてきた理由は、事件当事者への威嚇脅迫にある、北詰の言動の総て金目当て、いわゆるヤクザのシノギである、これを知って北詰の開示証拠の目的外使用を看過してきた検察は、先ずに違法使用で逮捕して八田秀子殺しで訴追すべきである。

今朝も北詰は意味不明な吼えをしている。
「当方がヤクザを利用しようとしていた」との捏造し!それを公開した!!それも、プロバイダーの権利まで犯し・プロバイダまで共犯の様にした事実の!!!あの証拠まで!!! 当方が!必然的に!!添えやすくなったなー!!!
 

開示証拠の不正使用と北詰淳司の訴権の濫用

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月28日(金)05時12分16秒
返信・引用 編集済
  東京地裁記録閲覧室と謄写申請の件で遣り合っているが、謄写は無理筋なのは重々に理解している、しかし余りにも謄写拒否するアクションが大きいので、つい逆らってしまう、先週の閲覧で遣り合ったイトウ書記官だが、何と8月付けで異動となっていないとか、まあ事情は解っており深追いはしない。目的は原田國男の裏刑事判決を白日の下に暴くこと。

開示証拠の不正使用と北詰淳司の訴権の濫用
http://suihanmuzai.com/index5/170728.jpg.html
 

これが北詰淳司の幼稚な落書き訴状

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月27日(木)13時38分51秒
返信・引用 編集済
  社会常識が無いから法的思考等及びもつかない北詰淳司が、河野氏を提訴した訴状は当然に訴訟要件を欠いた落書き訴状、少なくとも損害の事実と事件の因果関係すら書いていない、また例に拠り立証する証拠は無い。

ただこれだけの訴状で、同じ趣旨で大高氏と国を提訴した、もちろん大高氏には訴状送達されず国も同じ、しかし被告である被害者河野を提訴した訴訟は、補正命令から北詰に証拠提出させた、そして口頭弁論を進行して、実質上の北詰有罪の真相解明をした形になった。

高裁から強く「刑事開示証拠の民事裁判での援用禁止」を命じられていたのにも関わらず、民事時効三年まで残すところ5日となり、金が欲しい北詰は我慢が出来ず、相手方への損害賠償請求を起こして墓穴を掘った。
 

北詰事件のベンチマーク

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月27日(木)09時51分35秒
返信・引用 編集済
  司法の崩壊・・この検索をすると現在は以下の表示が見られる、この時々刻々に変わるのは読まれている記事順位だろう

ごね得が通る刑事・民事裁判 北詰逆転無罪事件, □えん罪を生まない捜査手法を考える &確信犯の冤罪主張, □墓穴を掘った逆転 ... 巫グループの組織的刑事偽証事件, □検察の証拠の捏造と被告人の刑事書面の捏造, □巫グループの事件屋の共喰い 北詰 ...

この中に、”巫グループの事件屋の共喰い事件”
http://www.suihanmuzai.com/index5/170423-1.jpg.html
 

北詰の完落には梃子摺らないだろう

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月27日(木)07時42分50秒
返信・引用 編集済
  何度も書いたが北詰の告訴状からは告訴事実が解らない、これを奇貨として検察は「死んだ女房保険金」この投稿者・青木伊平は当方であるとして、北詰の告訴事実とした、大高の調書でも述べている通り検察は、北詰のインターネットでの騒乱を憂慮している。

北詰の八田秀子殺しの真相は解らないが、怯える北詰から未解決事件だろう、事件発生は2000年以降だから時効撤廃から捜査は続いている、このところ以下の記事にアクセスが続いている。

現在に北詰の怯えは相当なもので、連発するYouTebuで独り長時間騒ぎまくっている、逮捕となれば北詰の完落には梃子摺らないだろう。

裁判所前の事件屋のサイバー犯罪 巫グループの摘発か
http://suihanmuzai.com/index5/170625.jpg.html
 

巫グループの謀議の実態は事実認定がし易い

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月26日(水)16時13分55秒
返信・引用 編集済
  強行採決で法案を通した共謀罪の実績作りには、事件屋はもってこいの摘発対象、今回に公開した北詰逮捕に向けた、巫グループの補佐役橋本の謀議実態は、認定がしやすい、この考察から河野訴訟の訴訟記録は宝の山だ。  

巫の人権救済申し立てとは検察の仕業か?

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月26日(水)09時33分44秒
返信・引用 編集済
  北詰は「告訴する書式を確定したぞ!!!」と騒いでいる、さて明日にまた東京地裁閲覧室に行くが、少なくとも判決書のみの謄写はしたい、とにかく河野氏の当初の準備書面は、手書きでびっしりと長々と書いており、とても読めたものではない、裁判官とて同じであろう。

昨日の千葉法務局人権擁護部との遣り取りは、予想通りに鉄壁の防禦で巫からの削除要請の有無を答えない、まあ何でも個人情報の秘匿で片付ける役所らしいが、インターネット監視をする人権擁護部でないことは確認させた、では何故に巫からの要請の有無を答えないのか、やはり検察辺りの仕業だろう。
 

人権侵害だと金融庁に訴えた拝金主義の小川達夫

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月25日(火)22時27分48秒
返信・引用 編集済
  人殺し仲間の小川と北詰とは、相性が良いだけでなくオツムまで一蓮托生なり、何と酷い人権侵害を金融庁に直訴したという、このクソ暑いのに苛立たせるアホバカコンビだ。

ボブ・ディランが小川北詰にこう言っている。
金がどうしたって? 朝起きて、夜眠って、その間にやりたいことをやっていればそいつは成功しているんだ
 

裁判所前の怖ろしき事件屋の街宣

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月25日(火)14時21分29秒
返信・引用 編集済
  某ブログに、東京高裁でよく見かける「阿蘇山大噴火」と名乗る傍聴マニアの、法的無知が紹介されている、彼はただの野次馬根性で裁判を傍聴して、性犯罪などを面白がってたりする男、そうとは知らず一度、我が事件の概容を彼に説明したが戸惑っていた。

この男など裁判所にたむろする輩としては無害だが、北詰等の事件屋の裁判所前での街宣には要注意であり、それが顕著に表れたのが河野氏の犯罪被害である、この一掃は言論の自由から難しいが、裁判所前で騒ぐ事件屋の摘発で、その怖ろしい存在が知られるチャンスである、巫グループの組織犯罪を訴追せよ。
 

千葉地方法務局人権擁護部への質問状

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月25日(火)07時19分39秒
返信・引用 編集済
  千葉地方法務局人権擁護部 御中
FAX 043-247-9667

過日、野田市在住の巫召鴻から「人権擁護上の問題」として、インターネット記事の削除要請がされた、これを受けた貴局はプロバイダに削除指導をした、プロバイダからの通告から自主削除をしたが、プロバイダは当該URLの全部を消去した、この記事の内容は、偽名・通名・戸籍名を使い分ける、巫の訴訟妨害を立証したものである。
プロバイダの越権削除については、現在に交渉中であり、貴局に及ぶ問題は無い。


質問と要請
1、
巫召鴻の一方的な主張を基に、重大な人権侵害問題と判断するのであれば、先ずは相手方である私に警告すべきではないか、これを無視するならば、プロバイダへの削除指導も仕方が無い、事前に巫から削除要求もされていない、果たして巫からの削除要請が有ったか、否か。

2、
巫のグループ員である、自称吉田卓朗は訴訟上に於いて、複数の偽名と住所を使い、現在に牛久市に居住する吉田卓朗、そして船橋市に居住する吉田卓朗、同じ時空に吉田卓朗が15年間も存在している、この行政指導をするか、否か。

3、
巫のグループ員である小川達夫、この者は戸籍を改竄されたと、法務大臣に指揮権発動要請までして騒ぐ詐欺師である、小川は松戸地裁の和解調書を変造して、長年に亘り保険会社を強請っている、小川の戸籍簿に係る調査をするか、否か。


究極な人権侵害事件である官憲に因る調書偽造は、人権擁護部では判断しないとの姿勢であるが、今回に事件屋巫が「個人のプライバシー侵害を侵害し、私個人が形成している社会生活の平穏を害する恐れがある」として貴局に通報、これを軽信してのプロバイダへの削除命令には些か不審であり、上記三点に併せて文書での回答を求めるが、事情を忖度して電話での回答とされたい。
                                                                            以上
 

(無題)

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月25日(火)05時13分22秒
返信・引用 編集済
  第四次吉田訴訟の訴状は用意できているが、肝心の自称吉田の生存が確認できず未だ提出していない、ところが昨夜の電話に吉田がでて、このバカ野郎と吼えて健在が確認できた、怯えて居座りは帰る場所も無いのだろう。

自称吉田には散々に遣られた、この返しは訴状にも書いたが奴の怯えは出自、この出自問題で巫の愁訴から千葉法務局が動いた、牛久の吉田卓朗の存在、船橋に居住している吉田卓朗、この調査をせよと千葉法務局に談判をする。
 

北詰逆転無罪事件は巫グループの偽証と証拠の捏造

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月24日(月)14時52分50秒
返信・引用
  数日後の逮捕に備えて北詰は、巫グループの仲間を使い虚偽告訴事件とする証拠を作った、この様子が録音されており民事裁判に提出されている。

巫組織の大高・橋本、そしてグループの補佐役である谷口、この者達が偽証・捏造証拠、刑事書面まで工作した組織ぐるみの犯罪である、共謀罪の初適用としては誠に相応しく、裁判所検察が意思一致しての摘発事件となろう。

北詰逆転無罪事件は巫グループの偽証と証拠の捏造
http://suihanmuzai.com/index5/170725.jpg.html
 

小川の和解調書の変造を法務局に訊ねる

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月24日(月)10時16分0秒
返信・引用 編集済
  千葉地方法務局に、柏市戸籍改竄事件に係る松戸地裁の和解調書を改竄した、小川の犯罪の取り扱いを質問したい、小川の殺人二件は時効の撤廃前だから問えないが、この事件の継続事件としての保険会社へ恐喝であれば、事件は併合されるのではないか、少なくとも和解調書の変造は動かない事実だから、小川達夫は訴追を免れない。  

この偽造尋問調書のゴーストライターも谷口功

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月23日(日)21時17分51秒
返信・引用 編集済
  この偽造調書が誰のものか判らないから、北詰に誰の調書を書き写したか訊きたい、架空の調書の疑いがある。北詰よ、これもお前の捏造か? それとも南京屋応仁こと谷口功か、直接に谷口に問合せをしたい。
http://2454ee8a381a1224.lolipop.jp/index5/170725.jpg.html

この偽造尋問調書のゴーストライターも谷口功、エキメイこと南京屋応仁に、北詰が公開している偽造尋問調書の作成者は、お前ではないかとFAX送信したが着信拒否、電話をしたところ怯えて切った。

やはり北詰の刑事の弁論再開申立書と同じく、谷口が捏造した尋問調書を北詰は公開していた、提訴した谷口訴訟は訴状送達されていながら、二度の補正命令で門前払いとは、正しく裁判所検察は巫組織の補佐・谷口の共謀立証に狙いを付けている。
 

北詰訴訟の被告北詰勝訴は事情判決

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月23日(日)17時04分43秒
返信・引用 編集済
  北詰訴訟の判決内容が注目されているが、何故に原告敗訴なのかとの不審にあると思われる、それは結論から先に述べれば裁判所の事情判決だからだ、我が北詰提訴が2012年春、この夏頃に北詰は、刑事無罪判決に基づく損害賠償訴訟を相手三者に提起した。

これに裁判所は大高と国に対する提訴は、訴権の濫用と補正命令で門前払い、しかし河野に対しては、検察の意向から訴訟を進行させた、この検察の意図とは、我が訴状に北詰の死んだ女房の保険金に係る”北詰の沈黙”を論述しており、これに検察は焦点を当てた。

そこで先発した我が訴訟は、280日後の初口頭弁論と遅らせて、北詰提訴の河野訴訟に並行進行された、北詰訴訟で被告北詰は証拠説明書を提出せず、意味不明な長文の準備書面は、認否もせず、反論反証が何であるか解らない、そこで三村裁判官は3回期で三村裁判官は結審宣言をした。

ところが4回期で北詰は反訴をした、そして5回期で北詰は始めて、総ての証拠説明書を提出、これに三村裁判官は結審した、そして判決は半年余後となった、原告敗訴の理由として、「北詰の死んだ女房の保険金」これについて原告は反論していない、とういふざけたもので、そもそも「北詰の死んだ女房」が争点にされているのも知らず、また結審当日の法廷に提出した北詰の証拠説明書の内容に反論の何もあったものではない。

これでわかるとおり、裁判所検察は北詰と巫グループに狙いを定めている、そして北詰が提訴した河野訴訟の事実認定では、刑事の北詰無罪を覆す北詰有罪の事実認定がされている。
 

橋本の偽証の実態が録音されている

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月23日(日)12時08分15秒
返信・引用 編集済
  橋本{巫グループ参謀}
 だから誰が言うんだよ~、誰が言うんだよ~、てめ~、この野郎、北詰から聞いた訳じゃねえぞ~、訴えるなら訴えろ。
河野
 何で橋本さんが興奮しなきゃならないの、どうして「ハンコ」が解んないのよ、私も明日に検察庁に行くんですが。
橋本
 行けばいいよ勝手にな、そんなもの知らねぇ~よ、俺が「ハンコ」を押したことについて、やるなら玉井警察署でも何でもやれよ~、今度警察が来たら言うんだから全部北詰じゃないって言うよ。
河野
 あのね、「ハンコ」押したかどうかと、いうことはね、私はそんな事に関係がない、橋本さんが。
橋本
 だから俺が責任持って(自白)、あんたが、とやかくいうことはねぇ~だよ、舐めやがんな、勝手に他人にぺらぺら喋べりゃがって。
                          一部の抜粋、後日に全文公開なり
 

(無題)

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月23日(日)10時00分43秒
返信・引用 編集済
  隣室の男が不審死したとかでパトカーが来ている、このボロアパートでは毎年にアル中死があるが、この半年は無く久々だ、こりゃオマワリに訊かれるな、目と鼻の先の新庁舎八王子警察署の完成は来月となった、流浪の民の乱としては長居し過ぎた、何とか本年中に無罪判決で旅の空としたいもの。  

いよいよ怪しい小川と北詰の殺人事件

 投稿者:お不動さん  投稿日:2017年 7月23日(日)06時53分11秒
返信・引用
  巫に千葉法務局に対して、削除の要請をしたのかと質しているが回答はない、これが法務局独自の執行ならば問題だ、だがそうであれば別の意図が見えてくる、明日にも千葉法務局と遣り合おう。

柏市戸籍改竄事件URLが新たに魚拓された、こちらも盛り上がるを見せているが、北詰と同じく小川も殺人容疑を否定できない、抗弁できなければネット上では殺人事件と見做すであろう、これを後で争っても時機に遅れた攻防となる。
 

/58